通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2020 年 10 月

2020.10.1 - LTS

公開日: 2020 年 10 月 28 日

LTS 版リリースの時期がやってきました。チーム メンバーが物理的に離れている中、新しい生活様式に適応しながらこれまで以上に緊密に連携して開発を進め、より良い自動化プラットフォームの構築を目指してきました。今回のリリースには数多くの新機能、改良点、バグ修正、微修正が含まれており、UiPath 製品がさらに使いやすくなっています。

This page mentions our cross-component features of the v2020.10 release. Find out more about each individual product by accessing the links in the Release Notes per Product section.

更新内容

ソフトウェア要件の更新

v2020.10 からは Windows 7 のサポートを終了しました。

v2020.10 から、Microsoft Azure Windows 10 Enterprise マルチセッションのサポートを開始しました。

対話型サインイン

OROR STUDIOSTUDIO STUDIOXSTUDIOX searchsearch searchsearch

UiPath 製品間の連携をよりスムーズにするため、製品の新しいデプロイ方法を導入しました。

対話型サインインを使用できるようになりました。各ロボットに対して個々のマシンやマシン テンプレートが認証プロセスでシームレスに作成されるため、それらの操作をユーザーが行う必要がなくなりました。さらに Robot と Studio は自動で Orchestrator に接続され、ユーザー ID に基づいてライセンスが付与されます。これらはすべて認証プロセス内で行われるため、ユーザーの負担は最小限に抑えられ、管理者が時間をかけてロボットごとにマシンを作成する必要がなくなります。

また、対話型サインインを使用して Studio を直接 Orchestrator に接続すると、アカウントに紐づけられたキュー、エンティティ、アセット、プロセスに即座にアクセスできます。それぞれに対する権限は個別に継承されるか、Orchestrator でユーザーが所属するユーザー グループを介して付与されます。初回サインイン時には個人用ワークスペースが自動で作成されます。ワークスペースのプロセスは Studio からパブリッシュ・更新でき、UiPath Assistant から直接削除することもできます。

この新機能によって操作がより簡単になり、ユーザーと管理者にとっての使用性が向上しました。

Data Service

searchsearch searchsearch
Studio features integration with Data Service that offers data modeling and storage capabilities. In the Data Service, you can create entities to store data that can later be used in automation projects. From within Studio, import entities and collect, update, and pass data to other processes.

Data Service で作成されたエンティティを使用することによりデータを 1 つのオブジェクトに集約して管理・操作できます。つまり、プロセスやワークフロー間で大量の変数や引数を渡す必要がなく、すべての UiPath 製品に渡り同一の組織固有のデータ型を使用できます。

テンプレートの作成と共有

searchsearch STUDIOXSTUDIOX
プロセスと同じように独自のテンプレートを作成・パブリッシュできるようになりました。特定の組み合わせの依存関係と変数や引数があらかじめ定義されたワークフローを使用してテンプレートを構築し、そのテンプレートに基づいて新しいプロジェクトを作成すれば時間を節約できます。

テンプレートは、Orchestrator にテンプレートをパブリッシュするのと同じくらい簡単に他のユーザーと共有できます。Studio の新しい [テンプレート] タブから自分が作成したテンプレートと他のユーザーから共有されたテンプレートにアクセスできます。

常時実行プロセス

OROR searchsearch

管理者のプロセスの制御レベルを高めるため、[常時実行プロセス] オプションを Orchestrator の [プロセスの設定] ページに追加しました。このオプションを使用すると UiPath Assistant からプロセスを終了できなくなります。

個人用ワークスペース

OROR searchsearch

Processes that were published in Personal Workspaces can now be removed directly from the UiPath Assistant without the need to access Orchestrator for this, making it easier to clean up any process that is no longer needed.

ピクチャ イン ピクチャ

searchsearch searchsearch STUDIOXSTUDIOX

有人の (ユーザーの操作を伴う) 自動化プロセスを独立したセッションで実行できるピクチャ イン ピクチャ (PiP) 機能が、試験段階を終了し一般提供を開始しました。プロセスを PiP でテストし、PiP での実行が可能である場合は [PiP 対応確認済] でマークします。また、パブリッシュされたプロセスを実行する際に PiP を既定のオプションにする場合は [PiP で開始] でマークします。

Document Understanding

searchsearch OROR searchsearch

OCR の新しいオプション

UiPath.OCR.Contracts パッケージを公開しました。これを使用すると、UiPath スイートに対応するアクティビティとして任意の OCR エンジンを開発できます。Visual Studio プロジェクトでパッケージを開き、カスタム OCR アクティビティの構築を始めましょう。

[UiPath ドキュメント OCR] アクティビティを公開しました。これは最先端の汎用的なディープラーニングベースの OCR で、サービスとして AI Fabric 内で使用することも、オンプレミスでスタンドアロンの Docker コンテナーとして使用することも可能です。現在公式に処理できる言語は西ヨーロッパ言語 (英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ルーマニア語) です。ネイティブなドキュメントも、スキャンされたドキュメントも処理できます。また、テキストの文字の密度が高いものにも、低いものにも対応しています。対応ファイルは .pdf、.tiff、.png、.jpg、.bmp です。

最新版の UiPath.UiAutomation.Activities パッケージをインストールすると、[UiPath 画面 OCR] と共に [UiPath ドキュメント OCR] が自動的に利用可能になります。そうでない場合は UiPath.OCR.Activities パッケージを個別にインストールして使用できます。

[ABBYY ドキュメント OCR] アクティビティを追加しました。企業ユーザーには ABBYY OCR ユニットが 250,000 個無料で提供されます。ABBYY OCR ユニットは Document Understanding や PDF 処理のシナリオで使用できます。このアクティビティは UiPath.AbbyyEmbedded.Activities パッケージに含まれています。また、FineReader エンジンをインストールせずに直接使用できるようになりました。

ドキュメントの分類とファイルの分割

[インテリジェント キーワード分類器] を追加し、複数のドキュメントを含むファイルを処理する場合にドキュメントの種類を分類・分割できるようにしました。[分類器トレーニング スコープ] 内で [インテリジェント キーワード分類器トレーナー] を使用すれば、このアクティビティを学習させることができます。[インテリジェント キーワード分類器] はサービスとして使用することも、AI Fabric のサポートによってオンプレミスで使用することもできます。

分類ステーションを追加し、ドキュメントの分類や分割の結果を人間がレビューしたり修正したりできるようにしました。このため、人間とロボットがもっと協力して作業できるようになりました。分類ステーションは、[分類ステーションを提示] アクティビティを使用すればユーザーの操作によって提示できます。また、長期実行のワークフローを活用し、Orchestrator の Action Center に統合することもできます。この場合は [ドキュメント分類アクションを作成] アクティビティと [ドキュメント分類アクション完了まで待機し再開] アクティビティを使用します。

詳しくはこちらをクリックしてください。

[マシン ラーニング抽出器] アクティビティが完成形となり、予測段階からフィードバック ループ段階まで使用できるようになりました。まず [データ抽出スコープ] 内で [マシン ラーニング抽出器] アクティビティを使用します。その際にはデータ抽出用のパブリック エンドポイントか、AI Fabric でホストされているご自身のカスタム モデルを使用します。次に [抽出器トレーニング スコープ] 内で [マシン ラーニング抽出器トレーナー] アクティビティを使用します。これによって人間による検証結果からフィードバック データを収集し、基礎となる ML モデルに取り込む準備ができます。

ライセンス

Document Understanding の完全な製品スイートがオンプレミスとクラウドの両方でデプロイできるようになり、オンプレミス版の Orchestrator (AI Fabric がホストする DU サービス経由で有効化) ならびに Cloud Platform でライセンスの使用状況を追跡できるようになりました。

テスト データの管理

OROR STUDIOSTUDIO searchsearch

合成テスト データの作成やテスト データのキューの使用が可能になり、テスト データの管理にかかる時間が短縮されました。合成テスト データを使用すればステートフルなテスト データを作成・管理・プロビジョニングできます。また、テスト データのキューは Orchestrator の中央の保存場所として機能し、テスト データを準備・保存・消費できます。

UIAutomation と UIAutomation Next の統合

STUDIOSTUDIO searchsearch

UIAutomationUIAutomation Next アクティビティ パッケージを統合し、両パッケージの利点を併せ持つ UIAutomation v20.10.5 アクティビティ パッケージを公開しました。このパッケージでは新しい統合ターゲットの技術が活用されています。統合ターゲットには UI 要素をターゲット設定するメソッドがすべて集約されており、あらゆる UI の操作をもっと簡単に自動化できます。

また、一部のアクティビティを修正して統合ターゲットの技術をサポートするようにしました。ただし、これまでの同等機能はパッケージから削除しておりませんのでご安心ください。クラシック/モダン エクスペリエンスのどちらを使用するかは、Studio の [設定] タブで簡単に選択できます。

モダン エクスペリエンスを選択すると新しいアプリ/Web レコーダーにもアクセスできるようになります。これは以前の UIAutomation レコーダーの機能をすべて単一のレコーダーに統合した、アンカーベースかつマルチテクノロジーな要素識別システムです。新しいレコーダーを使用することで、操作のレコーディングを大幅に簡単かつスピーディーに実行できます。

統合版の UIAutomation アクティビティ パッケージは、v2020.4.1 以前の Studio でもインストールできます。インストールすると、[アクティビティ] パネルにはクラシック アクティビティとモダン アクティビティがすべて表示されます。ただし、v2020.4.1 より新しい Studio/Robot が必要なアクティビティやウィザードは、古いバージョンでは利用できませんのでご注意ください。

パッケージ マネージャー

OROR STUDIOSTUDIO STUDIOXSTUDIOX searchsearch

UiPath アクティビティ フィードには膨大な数のパッケージがあり、その数は日々増えています。このため、比較的一般的な名前のパッケージなどを検索するときに煩わしく感じる場合があります。今回のリリースではパッケージ マネージャーにフィルター機能を追加しました。UiPath のオフィシャル アクティビティ パッケージを簡単に抽出できるため、お気に入りのパッケージをすぐに見つけることができます。

製品別のリリース ノート

全 UiPath 製品の各コンポーネントの変更点は、以下のリンクから確認できます。

発見

開発

管理

実行

協働

測定

相互運用性マトリクス

Studio/Robot

Studio と Robot のバージョンは常に同じである必要があります。

Studio 20.10.x

Studio 20.4.x

Studio 19.10.x

Studio 18.4.x

Robot 20.10.x

:white-check-mark:

:x:

:x:

:x:

Robot 20.4.x

:x:

:white-check-mark:

:x:

:x:

Robot 19.10.x

:x:

:x:

:white-check-mark:

:x:

Robot 18.4.x

:x:

:x:

:x:

:white-check-mark:

Robot/Orchestrator

Orch 20.10.x

Orch 20.4.x

Orch 19.10.x

Orch 18.4.x

Robot 20.10.x

:white-check-mark:

:white-check-mark:

:white-check-mark:

:x:

Robot 20.4.x

:white-check-mark: 5

:white-check-mark:

:white-check-mark: 4

:x:

Robot 19.10.x

:white-check-mark: 2, 5

:white-check-mark: 2

:white-check-mark:

:white-check-mark:

Robot 18.4.x

:white-check-mark: 2, 3, 5, 6

:white-check-mark: 1, 2, 3

:white-check-mark: 1, 3

:white-check-mark: 1

1 - If the Scalability.SignalR.AuthenticationEnabled parameter is set to true, you can only use v2018.4.4 Robots or above. For more information, see this page.
2 - v2019.10 以前の Robot は、モダン フォルダー内の無人の (ユーザーの操作を伴わない) プロセスを実行できません。
3 - v2019.4 以前の Robot はクラシック フォルダーでのみ機能します。
4 - TLS 1.1/TLS 1.2 を有効化する必要があります。
5 - v2018.4.4 以降かつ v2020.4 以前の Robot は、ロング ポーリングでしか Orchestrator に接続できません。
6 - Robot の SignalR 認証は設定できず、Orchestrator と Robot の間の、セキュリティで保護された通信の確保が既定で有効化されています。この場合、v2018.4.4 以上のロボットのみを使用できます。

詳細については、こちらのページをご覧ください。

バンドルの詳細

UiPathPlatform.exe

以下のバージョンのパッチが UipathPlatform.exe インストーラーにバンドルされています。

アクティビティ パッケージのバージョン

以下のバージョンのアクティビティ パッケージが .msi インストーラーに含まれており、ローカル フィードで検索できます。アスタリスク (*) の付いたパッケージは、Studio で新しく作成されるプロジェクトに依存関係として既定で追加されます。

Activity Pack

Version

UiPath.UIAutomation.Activities*

v20.10.6

UiPath.System.Activities*

v20.10.1

UiPath.Mail.Activities*

v1.9.3

UiPath.Excel.Activities*

v2.9.3

UiPath.IntelligentOCR.Activities

v4.10.1

UiPath.PDF.Activities

v3.3.0

UiPath.Terminal.Activities

v2.0.1

UiPath.Web.Activities

v1.6.0

UiPath.Word.Activities

v1.5.3

UiPath.Form.Activities

v1.1.7

UiPath.Persistence.Activities*

v1.1.8

UiPath.Presentations.Activities

v1.0.0

UiPath.MobileAutomation.Activities

v20.10.5

UiPath.Testing.Activities

v1.2.4

20.4.4

公開日: 2020 年 10 月 29 日

更新内容

今回のリリースでは Studio プロジェクト内の Web サービスのアクティビティを更新するために同期機能を追加しました。また、インストーラーを少し改良し、Orchestrator SSL 証明書の秘密キーが確認されるようにしました。
また、以前のバージョンで報告されていたバグをまとめて修正しました。

製品別のリリース ノート

全 UiPath 製品の各コンポーネントの変更点は、以下のリンクから確認できます。

バンドルの詳細

UiPathPlatform.exe


以下のバージョンのパッチが UipathPlatform.exe インストーラーにバンドルされています。

  • Studio - 2020.4.4

  • Robot および Assistant - 2020.4.4

  • Orchestrator - 2020.4.4

  • リモート ランタイム – 20.4.7472.17184

アクティビティ パッケージのバージョン


以下のバージョンのアクティビティ パッケージが .msi インストーラーに含まれており、ローカル フィードで検索できます。アスタリスク (*) の付いたパッケージは、Studio で新しく作成されるプロジェクトに依存関係として既定で追加されます。

Activity Pack

Version

UiPath.UIAutomation.Activities*

v20.4.3

UiPath.System.Activities*

v20.4.4

UiPath.Mail.Activities*

v1.8.6

UiPath.Excel.Activities*

v2.8.6

UiPath.Cognitive.Activities

v2.2.4

UiPath.IntelligentOCR.Activities

v4.0.1

UiPath.PDF.Activities

v3.2.2

UiPath.Terminal.Activities

v1.3.4

UiPath.Web.Activities

v1.4.5

UiPath.Word.Activities

v1.4.3

UiPath.Form.Activities

v1.1.5

UiPath.Persistence.Activities*

v1.1.4

29 日前に更新


2020 年 10 月


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。