Test Suite
v2023.4
2023.4 - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

v2023.4

公開日: 2023 年 4 月 26 日

新着情報

SAP ヒートマップ

UiPath は SAP の新機能に適応し、ヒートマップを使用してデータを信頼できる方法で即座に可視化します。ヒートマップの目的は、SAP トランザクションのテストを自動化し、既存のテスト オートメーションを改善するための指針を提供することです。この機能は、以下のシナリオに役立ちます。
  • SAP プロセスのテストを自動化済みではない場合 - テスト作業を自動化できる SAP プロセスの領域を発見するのに役立ちます。ヒートマップには、SAP システムから取得した情報に基づいて実際のデータが瞬時に生成され、SAP モジュールとそれに対応するトランザクションが記述されます。
  • SAP プロセスのテストを自動化済みの場合 - SAP システムの現在のテスト カバレッジを調べて、自動化されたテストまたは手動テストが、システム内で使用される主なトランザクションに及んでいるかどうかを確認できます。

    ヒートマップの仕組みと実装方法については、こちらをご覧ください。

    docs image

テスト ケースのテスト セットへの動的な割り当て

ラベルを使用して、テスト ケースをテスト セットに動的に割り当てられるようになりました。

この機能を使用すると、ラベルに基づいて、複数のテスト ケースをテスト セットに瞬時に割り当てられます。また、テスト ケースの動的な割り当ては静的な割り当てと組み合わせて使用できます。

テスト ケースを動的に割り当てる方法については、こちらをご覧ください。

docs image

Test Manager のカスタム ユーザー ロール

Test Manager ユーザー専用のカスタム ユーザー ロールを作成して、複雑な承認システムを実現できるようになりました。カスタム ユーザー ロールを作成すれば、テスト時の承認に関する問題を解消できます。

docs image

テスト実行の再実行

テスト実行の一部を白紙の状態にするには、テスト実行を再実行します。これにより、不足している結果を完成させたり、中断した実行を回復したりできます。

テスト実行の再実行方法とその内容については、こちらをご覧ください。

アクティビティ カバレッジ

テスト セットで、実行ごとのアクティビティ カバレッジが表示されるようになりました。RPA テストでこの機能を使用すると、実行時にカバーされたアクティビティのパーセンテージを確認できます。アクティビティ カバレッジの表示方法については、「アクティビティ カバレッジを表示する」をご覧ください。

docs image

プロジェクトをエクスポートする

プロジェクトを Test Manager のインスタンス間で移動したい、あるいはお気に入りのプロジェクトのバックアップ コピーを Test Manager 内に作成したいと思ったことはありませんか?

プロジェクトのエクスポート機能を使用すると、上記の操作をすべて実行できます。プロジェクトを Test Manager インスタンスからエクスポートする際に、以下が可能です。

  • ほとんどのテスト オブジェクトをエクスポートする。
  • テスト オブジェクト間の既存の割り当て (要件テスト ケース間の割り当てなど) をすべて保持する。
  • 名前、プレフィックス、カスタム フィールド定義の値、オートメーションの割り当てなどの追加情報を保持する。

プロジェクトのエクスポート方法について詳しくは、こちらのドキュメントをご覧ください。

docs image

Test Manager の既存のプロジェクトにインポートする

既存の Test Manager プロジェクトをエクスポートした後に、そのプロジェクトを別のテナントや Test Manager のインスタンスにインポートできるようになりました。詳しい手順については、こちらをご覧ください。

docs image

テスト オブジェクトの複製

既存のオブジェクトを複製することにより、要件やテスト ケースの作成プロセスを最適化できるようになりました。
  • テスト ケースの複製方法については、こちらをご覧ください。
  • 要件のクローンを作成する方法については、こちらをご覧ください。

Test Manager の添付ファイルのサポート

[ ドキュメントを添付 ] アクティビティを使用してテスト ケースの結果にさまざまなファイルを添付できるようになりました。これにより、テストのカバレッジと可視性を向上できます。 添付ファイルは、[ 添付ファイル ] タブの [ テスト結果 ] ページに表示されます。

さらに、Orchestrator のテスト ケースの結果に添付されているファイルも、リンクされている Test Manager プロジェクトに表示されるようになりました。



テスト ケース ログへの容易なアクセス

テスト ケースの実行ログにすばやくアクセスして、さらに簡単にテストを管理できるようになりました。テスト セットの実行後、失敗した各テスト ケースの [結果] 列に情報アイコン が表示されます。このアイコン を選択すると、選択したテスト ケースの [ログ]

docs image

UiPath Test Manager Connect

Planview® が提供する、強力なコネクタである UiPath Test Manager Connect をリリースしました。これにより、Plaview Tasktop Hub 経由で Test Manager とさまざまなサードパーティのアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) ツールとのシームレスな連携が可能になります。コネクタを使用することで、Planview Tasktop Hub にリストが表示されている任意のツールと簡単に連携できるため、ワークフローの効率化ならびに能率の上昇につながります。

UiPath Test Manager Connect の有効化と操作の詳細については、製品ドキュメントのこちらのページPlanview のドキュメントをご覧ください。

Automation Suite のテスト イベントに関する通知

テストに固有のイベントに関する通知をテナントやサービス全体に送信する機能が追加され、組織のユーザー間で情報を共有できるようになりました。受信登録できるテスト イベントの詳細については、こちらをご覧ください。

通知の管理者向けシナリオ

組織管理者によって、通知に関する特定のシナリオを実行できるようになりました。

既定の通知登録の設定

既定の受信登録を変更して通知ニーズをパーソナライズします。組織のニーズに応じて、以下が可能です。
  • ユーザーに対して、特定のイベントを非表示にする。
  • イベントの受信登録を必須に設定し、ユーザーが通知を停止できないようにする。
  • 既定の受信登録を設定し、ユーザーが後で変更できるようにする。

通知の受信設定について詳しくは、こちらをご覧ください。

通知を外部の Active Directory グループに送信する

外部の Active Directory グループをメール通知に登録できるようになりました。これにより、外部のグループのユーザーを組織内で発生するイベントに含めることができます。

外部の Active Directory グループが通知を受信するよう登録する方法の詳細については、こちらのページをご覧ください。

改良点

Studio からテスト結果をアップロードする

Studio から Test Manager へのテスト結果のアップロードがさらに簡単になりました。
  • ローカル アサーションのスクリーンショットもアップロードされるようになりました。アップロードされたスクリーンショットは、Test Manager のテスト ケースの結果の [アサーション] タブ内に表示されます。
  • Studio からテスト結果をにアップロードする際に、プロジェクト名またはテスト ケース名の変更もアップロードされるようになりました。

この改善の詳細については、Studio のリリース ノートもあわせてご覧ください。

[Test Automation] タブが既定で有効化されるように

2023.4 からは、Orchestrator の Test Automation 機能がインストール中に既定で有効化されます。つまり、インストールの処理中に手動で削除しない限り、インストール後には Orchestrator の [テスト] タブが既定で表示されます。この改善の詳細については、Orchestrator のリリース ノートもあわせてご覧ください。

オートメーションの情報

Test Manager へのプロジェクトのインポートがさらに簡単になりました。インポートするテスト ケースの生成元のオートメーションに関する情報を利用できます。

プロジェクトのインポート時に、同じオートメーションから生成されたテスト ケースを簡単に検索するには、[プロジェクトをインポート] ページの [テスト ケースのオートメーションの情報を含める] を選択します。これにより、各テスト ケースにカスタム フィールドが追加され、生成元のオートメーションに関する情報が表示されます。



プロジェクトのインポートが完了したら、automationcleared ラベル フィルターを適用して同じオートメーションから生成されたテスト ケースを絞り込めます。テスト ケースの [詳細] タブに、特定のテスト ケースの生成元のオートメーションに関する情報が表示されます。

詳しくは、「プロジェクトをインポートする」をご覧ください。

テスト ケース バージョン

実行されたテスト ケースの [実行とロボットの詳細] セクションの [バージョン] フィールドに、そのテスト ケースを実行した Orchestrator パッケージのバージョンが表示されるようになりました。



非推奨化・削除された機能

クラシック フォルダーの削除

Test Manager でクラシック フォルダーでの実行を無効化することの影響については、こちらをご覧ください。

V1 API の削除

Test Manager API の V1 は非推奨となり、Test Manager から削除されました。

Test Manager API のバージョンの更新について詳しくは、こちらをご覧ください。

[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.