Orchestrator
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Orchestrator API ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月18日

ROPC (非推奨)

重要:
/api/account/authenticate/ エンドポイントを使用して認証するのはホスト管理者だけにしてください。

ビジネス ユーザーは外部アプリケーションを使用して認証する必要があります。

アクセス トークンを取得するには、次のペイロードを使用して /api/account/authenticate エンドポイントに POST 要求を送信します。
{
    "TenancyName": "{account_tenant_name}",
    "UsernameOrEmailAddress": "{account_username}",
    "Password": "{account_password}"
}{
    "TenancyName": "{account_tenant_name}",
    "UsernameOrEmailAddress": "{account_username}",
    "Password": "{account_password}"
}

場所:

  • {account_tenant_name} は Automation Suite アカウント内のテナントの名前です。
  • {account_username} は Automation Suite アカウントのユーザー名です。
  • {account_password} は Automation Suite アカウントへのログインに使用するパスワードです。
ヒント:
Orchestrator インスタンスの TenancyName の値を見つけるには、/odata/Users/UiPath.Server.Configuration.OData.GetCurrentUser に GET 要求を行います。
応答本文は、ベアラー トークンを返します。このトークンは、アプリケーションが追加の API 呼び出しを認可するために使用します。したがって、API 呼び出しの認可ヘッダーに Bearer xxxx を追加し、xxxx{access_token} の値に置き換えます (例: Authorization: Bearer eyJhbG ... LnVxjA)。
{
    "result": "{access_token}",
    "targetUrl": null,
    "success": true,
    "error": null,
    "unAuthorizedRequest": false,
    "__abp": true
}{
    "result": "{access_token}",
    "targetUrl": null,
    "success": true,
    "error": null,
    "unAuthorizedRequest": false,
    "__abp": true
}
重要:
  • 既定では、アクセス トークンは 30 分間有効です。新しいトークンを生成するには、もう一度 api/account/authenticate エンドポイントの呼び出しを行います。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.