Orchestrator
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Orchestrator API ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月18日

利用可能なリソース

UiPath® では以下の API が公開されています。

  • Orchestrator API

  • Test Manager API

  • Data Service API

  • プラットフォーム管理 API

    • 監査 - 組織内の監査ログを取得およびダウンロードします。

    • ライセンス - ライセンスを取得して割り当てます。

    • Identity - アカウントの作成、更新、削除、および組織設定の管理を行います。

  • Marketplace API

  • アカデミー API

このガイドは、組織のプラットフォーム (プラットフォームの管理) のコンテキストにおける、リソースへのアクセスに特化しています。製品ベースの API については、専用の製品ドキュメントをご覧ください。
注: プラットフォーム管理 API の機能強化を行っています。これにより、エンドポイントに重大な変更が生じる可能性があります。そのため、参照ドキュメントでは、現在の API は [プレビュー] としてマークされています。

監査

  • GET /audit_/api/auditlogs—組織の監査ログを取得します。
  • GET /audit_/api/auditlogs/download — 組織の監査ログをダウンロードします。

グループ

  • GET identity_/api/Group/{partitionGlobalId} - 指定したパーティション ID (組織またはテナント) からすべてのローカル グループと組み込みグループを取得します。
  • GET /identity_/api/Group/{partitionGlobalId}/{groupId} - 指定したパーティション ID 内の指定したローカル グループまたは組み込みグループを取得します。
  • POST /identity_/api/Group — 新しいローカル グループを作成します。
  • PUT /identity_/api/Group/{groupId} - ローカル グループの情報を更新します。
  • DELETE /identity_/api/Group/{partitionGlobalId} — 指定したパーティション ID (組織またはテナント) からすべてのローカル グループを削除します。
  • DELETE /identity_/api/Group/{partitionGlobalId}/{groupId} — 指定したローカル グループを削除します。

ロボット アカウント

  • GET /identity_/api/RobotAccount/{partitionGlobalId} — 指定したパーティション ID (組織またはテナント) 内のすべてのロボット アカウントを取得します。
  • GET /identity_/api/RobotAccount/{partitionGlobalId}/{robotAccountId} — 指定したパーティション ID 内の指定したロボット アカウントを取得します。
  • POST /identity_/api/RobotAccount — 新しいロボット アカウントを作成します。
  • PUT /identity_/api/RobotAccount/{robotAccountId} - 指定したロボット アカウントの情報を更新します。
  • DELETE /identity_/api/RobotAccount/{partitionGlobalId}/{robotAccountId} — 指定したロボット アカウントを削除します。
  • DELETE /identity_/api/RobotAccount/{partitionGlobalId} - 指定したパーティション ID 内のすべてのロボット アカウントを削除します。

メッセージ テンプレート

  • GET /identity_/api/MessageTemplate - 指定したフィルターを使用してメッセージ テンプレートを取得します。
  • GET /identity_/api/MessageTemplate/{templateId} - 指定したメッセージ テンプレートを取得します。
  • PUT /identity_/api/MessageTemplate/{templateId} — 指定したメッセージ テンプレートを更新します。

設定

  • GET /identity_/api/Setting - 特定のテナントのキーのリストに基づいてアプリケーション設定を取得します。
  • PUT /identity_/api/Setting - 特定のテナントで設定を更新するか、新しい設定を作成します。

ユーザー (User)

  • GET /identity_/api/User/{userId} — 指定したユーザーの情報を取得します。
  • POST /identity_/api/User/{userId}/changepassword — 指定したユーザーのパスワードを更新します。
  • PUT /identity_/api/User/{userId} - 指定したユーザーの情報を更新します。
  • DELETE /identity_/api/User - すべてのユーザーを削除します。
  • DELETE /identity_/api/User/{userId} - 指定したユーザーを削除します。

ログイン試行

  • GET /identity_/api/User/{userId}/loginAttempts — 指定したユーザーのログイン試行回数を取得します。

ライセンスの割り当て

  • GET /lease_/api/account​/{accountId}​/user-license​/group​/{groupId}—グループを作成または編集するために、利用可能なすべてのユーザー ライセンスのリストを取得します。
  • PUT /lease_/api/account/{accountId}/user-license/group/{groupId} - グループ ルールを割り当てるか、更新します。

ライセンス リソースの管理

  • PUT /lrm/api/host/{hostAccountId}/organization/{organizationId}/license - ホストから組織にライセンスを割り当てます。
  • PUT /lrm/api/account/{accountId}/service-license/{serviceScopeId}/{serviceType} - サービスにライセンスを割り当てます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.