Orchestrator
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Orchestrator API ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月18日

認証方法

UiPath の API はさまざまな認証方法をサポートしており、それぞれが異なるシナリオやユース ケースに合わせて調整されています。利用可能な認証方法の概要は以下のとおりです。

  • 外部アプリの OAuth 2.0: OAuth 2.0 は、ユーザーの代わりにプラットフォームへのアクセスを求めるサードパーティ アプリケーション用に設計されています。ユーザーの資格情報を公開することなく、セキュリティで保護された認可を容易にします。外部アプリを UiPath に登録し、それらを識別するクライアント資格情報を取得できます。この方法は、複数のユーザーのデータにアクセスする、より大規模な連携やアプリケーションに推奨されます。

  • ROPC (推奨されません): リソース所有者のパスワード資格情報 (ROPC) は、ユーザーが認可サーバーにユーザー名とパスワードを直接提供してアクセス トークンを取得できる認証方法です。OAuth のようなトークンベースの方法と比較すると、安全性が低く推奨されません。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.