Insights
2020.10
false
  • リリース ノート
      • 2020.10.2
  • 基本情報
  • インストールとアップグレード
  • Orchestrator 内の Insights
  • Insights ポータル
重要 :
2023 年 12 月 31 日以降、2021.10 より古いバージョンの UiPath Insights (すべてのダッシュボードを含む) は、新しいバージョンに移行しない限りアクセスできなくなります。
サポート対象外
Insights
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

ハードウェアおよびソフトウェアの要件

ハードウェア要件

以下に示す要件は、Insights がインストールされるサーバーに対してのみ適用されます。Insights を表示するユーザーに対する要件は、Web ブラウザーがサポートされていることのみです。

Insights サーバー

重要: Insights は独自のマシンにインストールする必要があります。Orchestrator と共通のマシンでホストすることはできません。
デプロイ サイズ小規模 (100万行未満)中規模 (100万~ 2,000万行)大規模 (2000万~1億5,000万行)超大規模 (1億5,000万~ 5億行)
CPU4 コア8 コア16 コア16 コア
システムメモリ16-24GB32GB64GB128-192GB
インストール ディレクトリ20GB20GB20GB20GB
データディレクトリ30GB100GB300GB700GB
すべての Insights 対応テナントのプロセス/キュー数 (カスタム フィールド使用) <=100<=500<=1000<=1000
テナントごとのプロセス/キュー数 (カスタム フィールド使用) <=75<=75<=75<=75
重要:
  • CPU 使用率が 80~85% の場合は、8 CPU へのアップグレードをおすすめします。
  • テナントごとまたはすべてのテナントのいずれかで、上記のプロセス/キュー数の制限を超えた場合は、表のグループ化を有効化する必要があります。
  • プロセスおよびキューのテーブルの列数は 40 に制限されています。

Insights SQL サーバー

注: Insights SQL サーバーの要件は Orchestrator v2020.10 の要件と一致します。
CPU (コア)システム メモリ (GB)HDD (GB)
48300

ソフトウェア要件

重要: Orchestrator と Insights の製品バージョンは同一である必要があります (例: v2020.10.3)。
ソフトウェア対応バージョン
オペレーティング システム
  • Windows Server 2016 ~ Windows Server 2019
Web ブラウザー
  • Internet Explorer 11
  • Chrome 50 以上
  • Firefox69.0.1 以降 (プライベート ブラウジング モードではサポートされません。)
  • Edge (Chromium) 20+
Web サーバー
  • IIS 10+
: IIS は Insights インストーラーによって自動的に設定されます。

フレームワーク

  • .NET 4.7.2 以降
重要: Firefox で自己署名証明書を使用して Insights にアクセスする場合は、処理の進め方の詳細について、「Firefox の使用」をご覧ください。

その他の設定

FIPS

Insights がインストールされているサーバーでは、FIPS を有効化できません。

ウイルス対策の除外

Insights の使用時には、ウイルス スキャンによってパフォーマンス問題が発生する可能性があります。これを回避するために、ウイルス対策ソフトウェアのスキャンから次のものを除外することをお勧めします。

カテゴリ (Category)詳細
フォルダー
  • C:\ProgramData\Sisense
  • C:\Program Files\Sisense
サービス
  • Sisense.AdvancedFormula
  • Sisense.Intelligence
  • Sisense.Pivot2
  • Sisense.QueryProxy
  • Sisense.AdvancedFormula
  • Sisense.Intelligence
  • Sisense.Pivot2
  • Sisense.QueryProxy
  • Sisense.ECMS
  • Sisense.Broker
  • Sisense.Discovery
  • Sisense.Repository
  • Sisense.CLRConnectorsContainer
  • Sisense.JVMConnectorsContainer
  • Sisense.Collector
  • Sisense.HouseKeeper
  • Sisense.Shipper
  • Sisense.Oxygen
  • Sisense.Orchestrator
  • Sisense.ECMLogs
  • Sisense.ECMServer
  • Sisense.StorageManager
  • Sisense.Usage
  • Sisense.Jobs
  • IIS
  • Sisense.Galaxy
  • Sisense.Gateway
  • Sisense.Identity
  • Sisense.SPE
  • Sisense.Configuration
  • Sisense.Plugins
  • Sisense Monitoring Updater

上記の除外を自動的に有効化するスクリプトは、こちらから入手できます。

  1. スクリプトをコピーしてローカルに保存します (たとえば、AVE.ps1)。
  2. Powershell のコンソールを開き、スクリプトを保存するディレクトリに移動します。
  3. 次のコマンドでスクリプトを実行します: ".AVE.ps1"
    重要: インストール時にカスタム ビルド ディレクトリを選択した場合は、新しいフォルダーを含めるようにスクリプトを忘れずに変更してください。以下に例を示します。

    Add-MpPreference -ExclusionPath "$INSIGHTS_BUILD_DIR$"

  • ハードウェア要件
  • Insights サーバー
  • Insights SQL サーバー
  • ソフトウェア要件
  • その他の設定

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.