Document Understanding
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月5日

FlexiCapture 分類器

FlexiCapture 分類器とは

分類方法が FlexiCapture 定義ファイルのセットまたは Flexicapture 分類器ファイルに基づくようにする場合は、FlexiCapture Classifier を使用します。この分類器は、UiPath.Abbyy.Activities パッケージに含まれています。

設計時の設定方法

この分類器は [ドキュメント分類スコープ] アクティビティの内部でのみ使用可能です。

スコープ アクティビティの [分類器を設定] ウィザードを使用して、FlexiCapture 設定をタクソノミー マネージャーで定義されたタクソノミーにマップします。

ウィザードの表示は次のようになります。



タクソノミー内の各ドキュメントの種類の横にあるテキスト ボックスを使用して、Abbyy FlexiCapture エンジンが、その特定のドキュメントの種類に対してレポートする正確な文字列クラス名 (または .fcdot ファイル構成) を指定します。
重要:

[FlexiCapture 分類器] アクティビティを使用する場合は、ABBYY FlexiCapture Engine SDK が必要です。このエンジンは、UiPath のセールス部門が配布する ABBYY FlexiCapture Engine Standalone 12 ライセンスが有効な場合にのみ機能します。

FlexiCapture アクティビティは、FlexiCapture Engine バージョン 12.1.23.17、12.0.0.150、および 12.1.24.10 で実行できることが検証されています。

ABBYY の正式なインストール手順については、こちらをご覧ください。

  • FlexiCapture 分類器とは
  • 設計時の設定方法

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.