Document Understanding
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月5日

マシン ラーニング分類器トレーナー

マシン ラーニング分類器トレーナーは、マシン ラーニング分類モデルを作成または更新するために、検証されたデータを分類ステーションから AI Center のデータセット ストレージに書き込みます。このトレーナーを使用する前に、AI Center でデータセット フォルダーを作成します。トレーナーの設定に、プロジェクトおよびデータセット フォルダーの名前が使用されます。

マシン ラーニング分類器トレーナーを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. タクソノミー マネージャー ウィザードを使用して、ドキュメントの種類とフィールドを定義します。
  2. [分類器トレーニング スコープ] アクティビティ内に [マシン ラーニング分類器トレーナー] をドラッグ アンド ドロップします。
  3. 自動的に開く [マシン ラーニング分類器] ウィザードで、[ML スキル][API キー] の情報を入力します。

    分類器の ML スキルがない場合は、手順 5 に進みます。

  4. [機能を取得] ボタンをクリックします。この操作の後、ウィザードが閉じます。
    注: マシンラーニング分類器モデルを初めて作成する場合は (既存の ML モデルを修正するためにデータセットの作成を試みるのではない場合)、手順 3 と 4 をスキップして次の画面に進みます。そして、分類クラスの名前を手動で入力し、それらの名前をタクソノミー マネージャーで宣言したドキュメントの種類にマッピングします。
  5. [プロジェクト] および [データセット] に値を入力します。
    注: 上記の情報は、検証済み分類器データの送信先とする、AI Center プロジェクトおよびそのプロジェクト内のデータセットに関係します。
  6. [分類器トレーニング スコープ][抽出器を設定] オプションを選択します。ウィザードが表示されます。
  7. これで、[マシン ラーニング分類器トレーナー] を設定できるようになりました。ドキュメントの種類ごとに、各フィールドにマッピングする適切な分類フィールドを手動で、または表示されるドロップダウン リストから選択して、テキストボックスに入力します。ドロップダウン リストには、[マシン ラーニング分類器トレーナー][マシン ラーニング分類器] ウィザードで入力された ML スキルを使用し、分類機能として宣言した、すべてのフィールドが含まれます。
  8. 抽出器の最新の機能を使用しているかどうかを確認するには、[分類器機能を取得または更新] をクリックして、[マシン ラーニング分類器] ウィザードを開きます。
  9. ドロップダウン リストのオプションの 1 つを選択すると、そのフィールドが自動的に確認されます。


  10. ドキュメントはマシン ラーニング分類器トレーナーを含むワークフローを通じてラベル付けされ、AI Center の適切なフォルダーに保存されます。以下のような構造になります。




このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.