Automation Suite
v2023.4
バナーの背景画像
UiPath Automation Suite 管理ガイド
最終更新日 2024年5月20日

システム メール通知を設定する

指定したメール アドレスからユーザーにメール通知を送信できるように、ホストのメール設定を行います。

通知としては、ユーザー アカウント (パスワードの回復) に関するもの、または他の Automation Suite サービス (Orchestrator など) からのメール アラートに関するものがあります。

メールの設定を行うには、システム管理者としてホスト ポータルにログインし、左側でホストが選択されていることを確認して、[設定] をクリックします。

注: Insights のアラートおよびスケジュールされたメールについては、インストール時にメール サーバーを構成する必要があります。構成フィルを使用する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

メールの設定

フィールド

説明

SMTP ホスト

SMTP サーバーの IP またはドメインです。

SMTP ドメイン

SMTP サーバーで認証が必要な場合のユーザー名のドメインです。

SMTP ポート

SMTP ポートです。

たとえば、メール メッセージの送信に Gmail アカウントを使用していて、[セキュリティで保護された接続を有効化] が有効な場合、ポートは 587 となります。

SMTP ユーザー名

認証が必要な場合の SMTP サーバーのユーザー名です。たとえば、Gmail メールを使用している場合は、メッセージの送信に使用するメール アドレスをこのフィールドに入力します。

匿名認証を使用する場合、このフィールドは空白のままにできます。

SMTP パスワード

[SMTP ユーザー名] で指定したメール アカウントのパスワードです。

匿名認証を使用する場合、このフィールドは空白のままにできます。

既定の From メール アドレス

システム メール メッセージの送信元メール アドレスです。

既定の From 表示名

システム通知の送信元メール アドレスのカスタム表示名です。

トラブルシューティング

オフライン インストールの場合、システム メールが送信されず、エラー SslHandshakeException が発生するときには、そのマシン ( | ) のポート 80 とポート 587 が両方とも開いていることを確認してください。

メールの設定

オプション

説明

セキュリティで保護された接続を有効化

オンにすると接続が保護され、使用する SMTP ドメインに TLS 証明書が必要になります。

オフにすると、接続は保護されません。

注: この設定を機能させるには、インストール時にポート 587 とポート 80 の両方を開く必要があります。
  • メールの設定
  • トラブルシューティング
  • メールの設定

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.