AI Center
2022.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
AI Center ガイド
Automation CloudAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月27日

ML スキルについて

ML スキルとは、すぐに使用できる ML パッケージまたは OS パッケージのライブ デプロイです。ML スキルとしてデプロイした ML パッケージOS パッケージはどちらも、UiPath Studio で ML スキル アクティビティをドラッグ アンド ドロップするだけで、RPA ワークフローでいつでも使用できるモデルになります。

モデルのデプロイは、プロセス管理者であるユーザーが担当することをお勧めします。推奨されるモデルのデプロイ担当ユーザーについて詳しくは、こちらをご覧ください。

[ML スキル] ページ (プロジェクトを選択した後に [ML スキル] メニューからアクセス) には、ML パッケージまたは OS パッケージのいずれを使用したかを問わず、AI Center サービスにデプロイされているすべてのモデルが表示されます。このページには、各モデルのステータス、パッケージ名、バージョン、GPU の要否、予測も表示されます。さらに、ML スキルを作成してパッケージをデプロイしたり、削除したり、詳細情報、パラメーター、バージョンを表示したりできるほか、(可能な場合は) パッケージのバージョンを管理したりすることができます。



スキルに対する基本的な監視が予測数 (このスキルに対する要求の数) の形式で提供されます。

ML スキルの詳細ページ (リストからスキルを選択することによってアクセス) には、スキルに関する詳細情報とともに、バージョン管理の操作がいくつか表示されます。

Studio から ML スキルを利用する

UiPath Studio のアクティビティでスキルを使用するには、以下の環境を設定する必要があります。

  • UiPath Studio v2019.10 以降、UiPath Robot v2019.10 以降を使用
  • UiPath Studio の [パッケージを管理] メニューから UiPath.MLServices.Activities パッケージをインストール済み

UiPath Studio を開き、[ML スキル] アクティビティを RPA ワークフローにドラッグ アンド ドロップして、更新アイコンをクリックします。この操作により、この Robot に接続されている Orchestrator から、正常にデプロイされたすべてのスキルがドロップダウン リストに表示されます。

他のすべてのアクティビティの場合と同じように、スキルの入力にデータを渡します。このスキルでは、[スキルをテスト] を選択して入力をライブテストすることも可能です。

以下のビデオで、[スキルをテスト] ボタンを使用してデプロイ済みモデルの動作を確認する方法を理解してください。



入力がアクティビティにどのように渡されるか

入力の種類に応じて、[ML スキル] アクティビティは以下の形式をとります。

JSON

"this is an example of input"
"{""expected-field"":""this is another example""}""this is an example of input"
"{""expected-field"":""this is another example""}"

ファイル

"C:/full/path/to/file.ext""C:/full/path/to/file.ext"

ファイル

"C:/full/path/to/file1.ext,C:/full/path/to/file2.ext,C:/full/path/to/file3.ext""C:/full/path/to/file1.ext,C:/full/path/to/file2.ext,C:/full/path/to/file3.ext"
  • Studio から ML スキルを利用する
  • 入力がアクティビティにどのように渡されるか

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.