通知を受け取る

UiPath Automation Ops

UiPath Automation Ops ガイド

ポリシーを作成および設定する

ポリシー テンプレートを選択する

製品設定はバージョンごとに異なる場合があります。また、バージョンが異なると利用できるポリシー テンプレートも異なります。ポリシー内の設定を管理対象の製品で利用可能な設定と一致させるには、組織内で使用されている製品バージョンのポリシー テンプレートを使用するよう Automation Ops を設定します。新しい製品バージョンをインストールするときには、新しいバージョンのポリシー テンプレートが利用可能かどうかを確認し、そのテンプレートに更新して、そのバージョンで適用可能なすべての製品設定がポリシーに含まれるようにします。

Automation Ops に特定の製品バージョンのテンプレートがない場合、その製品バージョンで利用できる最上位のテンプレートを使用します。たとえば、Automation Ops に Studio のテンプレート バージョン 20.10.3 と 21.10.0 が含まれている場合:

  • テンプレート バージョン 20.10.3 を使用して、Studio 2020.10.10 または Studio 2021.4.3 のポリシーを作成します。
  • テンプレート バージョン 21.10.0 を使用して、Studio 2021.10.0 のポリシーを作成します。

ポリシーのテンプレート バージョンを選択するには、次の手順を実行します。

  1. Automation Cloud で、左側のナビゲーション バーから Automation Ops に移動します。
  2. [ガバナンス] > [設定] の順に選択します。
  3. 各製品のバージョンを選択して [保存] をクリックします。
10111011

ガバナンス ポリシーを作成する

  1. Automation Cloud で、左側のナビゲーション バーから Automation Ops に移動します。
  2. [ガバナンス] > [ポリシー] の順に選択します。既存のポリシーがページの表に表示されます。ポリシーは、次のいずれかの方法で作成できます。
    • 一から作成するには、表の上にある [製品ポリシーを追加] を選択します。
    • 既存のポリシーを基に作成するには、表内のポリシー上でホバーし、ポリシー行の右側に表示されるメニューの [複製] duplicate iconduplicate icon を選択します。
    • Studio から生成されたポリシーを基に作成するには、表の上にある [アップロード] を選択し、JSON ポリシー ファイルを選択します。このファイルは、Automation Ops でさらに設定を続けることができます。詳しくは、「Studio からガバナンス ファイルを生成する」をご覧ください。
  3. ポリシーの一意の名前を入力し、適用する製品を選択して [追加] をクリックします。
  4. ポリシーを設定します
11471147

Studio からガバナンス ファイルを生成する

Studio の各プロファイルの現在の設定を使用して JSON ファイルを生成し、Automation Ops に新しいポリシーとしてインポートすることができます。この機能は、ファイルベースのガバナンス モデルから移行する場合に特に便利です。既存のガバナンス ポリシーを Automation Ops に対応した形式ですばやくエクスポートできるからです。

  1. Automation Ops が組織に対して有効化されていることを確認します。
  2. 対話型サインインを使用して Orchestrator に接続されている UiPath Studio のインスタンスを開きます。
  3. [ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [ヘルプ] の順に選択します。
  4. 画面の右側で、[ガバナンス ファイルを生成] > [モダン ポリシー] の順に選択します。
11251125
  1. ファイルの保存場所を選択し、ファイル名を入力します (既定では uipath.modern.policies.zip
    以下の 3 つのファイルを含む zip アーカイブを展開します。
    • uipath.policy.StudioPro.json - Studio Pro プロファイルからの設定が含まれています。
    • uipath.policy.Development.json - Studio プロファイルからの設定が含まれています。
    • uipath.policy.Business.json - StudioX プロファイルからの設定が含まれています。
  2. Automation Ops にガバナンス ファイルのいずれかをインポートするには、[ポリシー] タブで、[アップロード] をクリックしてファイルを選択します。
    新しいポリシーが [ポリシー] タブの表に追加されます。

ガバナンス ポリシーを設定する

For each policy you create or edit, you must configure general policy details and the product settings to enforce.

製品設定は、適用する領域に応じて、さまざまなタブで構成されています。ポリシーの設定後、ページ右下隅の [保存] をクリックして変更を適用します。

ポリシーの詳細

ポリシーの以下の全般設定を構成します。

  • ポリシー名 - ポリシー名を編集します。ポリシーを簡単に区別できるように、一意の名前を使用します。
  • 有効期間 (日) - 管理対象の製品が Automation Ops に接続できないときに、キャッシュ済みポリシーをどれくらいの期間適用するかを指定します。既定値は 30 日です。
  • 優先度 - 同じユーザーに対して複数のポリシーがグループ レベルで設定されているときの優先順位を決める数値です。優先度の値が最も低いポリシーが最初に適用されます。
    ドロップダウン リストには、同じ製品の既存のポリシーに現在設定されている優先度が表示されます。別のポリシーに現在設定されている優先度を選択すると、そのポリシーおよびそのポリシーより優先度の低いほかのすべてのポリシーの優先度が自動的に 1 つ減らされます。
  • 説明 - ポリシーに関する詳細情報を入力します。

製品設定

各製品に対して設定できる項目については、以下をご覧ください。

1 年前に更新


ポリシーを作成および設定する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。