通知を受け取る

UiPath Automation Ops

UiPath Automation Ops ガイド

ポリシーのデプロイについて

ポリシーは、テナント、グループ、およびユーザーのいずれかのレベルで各製品に対してデプロイできます。テナント レベルでデプロイされるポリシーは、そのテナント内のすべてのユーザーに適用されます。より細かい設定を行う場合は、特定のグループまたはユーザーに対してさまざまなポリシーを適用できます。ユーザー レベルで定義されたデプロイはグループ レベルのデプロイより優先され、グループ レベルのデプロイはテナント レベルのデプロイより優先されます。

Automation Ops で定義するカスタム ポリシーに加え、各製品に対して 2 つの既定のデプロイ オプションを利用できます。

  • ポリシーなし - ユーザー、グループ、またはテナントの各レベルで Automation Ops のガバナンス ポリシーの適用を無効化します。
  • 継承 - ガバナンス ポリシーを上位のレベルから (ユーザーはグループから、グループはテナントから) 継承します。

ユーザーに適用される製品のポリシーは、次の順序で決定されます。

  1. ポリシーがユーザー レベルでデプロイされた場合、そのポリシーがユーザーに適用されます。
    • Automation Ops で作成されたカスタム ポリシーを選択すると、グループ レベルまたはテナント レベルでデプロイされたポリシーよりもそのカスタム ポリシーが優先されます。
    • [ポリシーなし] オプションを選択すると、そのユーザーのその製品は Automation Ops によって管理されず、グループ レベルまたはテナント レベルでデプロイされたポリシーも適用されません。
    • [継承] オプションを選択すると、グループ レベルで定義されたポリシーが適用されます。グループ レベルで定義されたポリシーが存在しない場合は、テナント レベルのポリシーが適用されます。
  2. ポリシーのデプロイがユーザー レベルで定義されていない場合:
    • ユーザーがグループに属していて、ポリシーがグループ レベルでデプロイされている場合、そのグループ ポリシーがユーザーに適用されます。
      • Automation Ops で作成されたカスタム ポリシーを選択すると、テナント レベルでデプロイされたポリシーよりもそのカスタム ポリシーが優先されます。
      • [ポリシーなし] オプションを選択すると、そのユーザーのその製品は Automation Ops によって管理されず、テナント レベルでデプロイされたポリシーも適用されません。
      • [継承] オプションを選択すると、テナント レベルで定義されたポリシーが適用されます。
    • ポリシーがデプロイされた複数のグループにユーザーが属している場合、そのユーザーには優先度の値が最も低いカスタム ポリシーが適用されます。カスタム ポリシーがグループ レベルでデプロイされていない場合は、[ポリシーなし] グループのデプロイが [継承] より優先されます。
  3. ユーザー レベルまたはグループ レベルでポリシーのデプロイが定義されていない場合は、製品に対してテナント レベルでデプロイされたポリシーがユーザーに適用されます。
    • [ポリシーなし] オプションを選択すると、そのユーザーのその製品は Automation Ops によって管理されません。
  4. StudioX、Studio、Studio Pro については、製品が Automation Ops によって管理されていない ([ポリシーなし] オプションがユーザーに適用されている) 場合は、ファイルベースのガバナンス モデルを使用したポリシーが適用されます (利用可能な場合)。

📘

注:

Automation Ops からデプロイされるポリシーは、ユーザーが Studio または Assistant から自分のアカウントにサインインしたときに適用されます。ユーザーが既にサインインしている場合は、ユーザーがアプリケーションを再起動したときに適用されます。

11781178

Automation Ops を使用して Studio を管理すると、Studio の Backstage ビューの [ヘルプ] タブにポリシー名が表示されます。ポリシー名の上でホバーすると、「構成ソース: モダン ガバナンス」を示すツールチップが表示されます

11241124

Studio のウィンドウには、管理されている設定を示すメッセージが表示されます。企業ポリシーによって機能が制限される可能性があることをユーザーに通知するためです。このようなメッセージは、たとえば、Studio の Backstage ビューの [パッケージ ソースを管理] タブや [プロジェクト設定] ウィンドウの [ワークフロー アナライザー] タブに表示されます。

1 年前に更新


ポリシーのデプロイについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。