通知を受け取る

UiPath Task Capture

Task Capture ガイド

はじめに

UiPath Task Capture は、オートメーションのアイデアを深く掘り下げられるようにして、作業の詳細を共有することでオートメーションのキャプチャ、強化、加速をすばやく実現する、プロセス発見ツールです。​

Once you identify potential automation candidates in Automation Hub, use Task Capture to provide the expertise about the particular task, and help you speed up the automation process.

概要

インストール プロセスを実行するには、各ユーザーのニーズに応じて 2 種類のインストーラー ファイルから選択できます。

  • ユーザーごとに Task Capture をインストールする TaskCapture.exe
  • コンピューターごとに Task Capture をインストールする TaskCapture.msi

Task Capture では、以下の 2 つの方法でドキュメントを作成できます。

  • プロセス マップを最初から構築し、プロセスの各部分のアクションをキャプチャする
  • 実行時のアクションをレコーディングし、各ステップの詳細を含む包括的なワークフロー ダイアグラムを自動生成する

このツールは既定で、マウスのクリックおよびキーボードの入力のたびにスクリーンショットを作成し、プロセスの統計情報 (実行時間、アクション数、テキスト入力など) に関する高度なデータを収集します。各スクリーンショットを編集して注釈を追加できるほか、各ステップに関する情報を追加できます。

📘

また、記録するアクションの種類を指定できます。詳しくは、キャプチャ モードの選択方法についての説明をご覧ください。

Task Capture を使用し、ドキュメントを詳細な業務プロセス定義書 (PDD) として Microsoft Word 形式で提示して、チーム内で使用することができます。

収集した情報は、Task Capture と統合される広範囲のプラットフォームにエクスポートします。そのプラットフォームの一部を以下に示します。

  • UiPath Studio では、レコーディングされたプロセスをワークフロー テンプレート (.xaml 形式) としてエクスポートし、それをスケルトンとして使用してオートメーションの開発を開始できます。
  • Automation Hub では、Task Capture を使用して自動化のアイデアを文書化し、自動化に向けてさらに発展させます。
  • Test Manager では、Task Capture を使用して手動のテスト ケースを簡単に文書化できます。

ツールの主な機能について詳しくは、以下の簡易版のデモをご覧ください。

メリット

  1. データ駆動型アプローチ – このアプリは、ビジネス ペルソナの 2 つのグループ (SME と COE チーム) の間の隔たりを埋めることで、オートメーションの促進に必要なデータを収集します。
  2. 手作業を排除 – 自動的にバックグラウンドで各ステップの詳細をキャプチャします。
  3. 必要な RPA ドキュメントを生成 – 収集した情報に基づき、既製の PDD および自動化プロトタイプがアプリによって生成されます。
  4. 柔軟性 - ツールは UiPath Platform 全体で機能し、トップダウン、ボトムアップのいずれの自動化戦略にも、完璧に適合します。

📘

注:

Task Capture の紹介をご覧ください。ツールに関するデモ ビデオだけでなく、Task Capture を実際に体験できる [無料で試す] オプションもご用意しております。

3 日前に更新


はじめに


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。