通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

メールの自動化

StudioX では、Outlook デスクトップ アプリケーション、Gmail、Outlook 365 のメールで実行するタスクを自動化できます。

After you add the account to automate as a resource to the automation using a Use Outlook 365, Use Gmail, or Use Desktop Outlook App activity, add the activities that use data from the account inside the resource activity. When configuring the child activities, you can select specific email data directly from the Plus plus buttonplus button menu in StudioX: Outlook folders, Gmail labels, the email selected in the Outlook desktop app when the project is executed, or message fields such as Subject, Body, Body as HTML, Bcc, Cc, To, From, Date (as text), and Priority.

📘

注:

  • Outlook 365 でオートメーションを作成する前に、管理者は Outlook 365 自動化用の Azure AD を設定する必要があります。
  • [Gmail を使用] アクティビティと [Outlook 365を使用] アクティビティからアカウントを追加するには、Google と Microsoft に接続するためのアプリケーション資格情報がそれぞれ必要です。管理者が Orchestrator に資格情報を追加する場合は、手動でアクティビティに追加する必要はありません。

If you want to repeat one or more activities for multiple messages, add a For Each Email activity, and then add the activities to repeat inside it to process the emails one by one. This enables you to iterate through the emails in a desktop or web Outlook folder, Gmail label, or through the emails selected in the Outlook desktop app when the project is executed.

📘

注:

Outlook アクティビティを実行する際に Outlook デスクトップ アプリから警告メッセージが表示され、プログラムへのアクセスを許可するよう要求される場合は、「Outlook のトラブルシューティング」の手順に従って、メッセージが表示されないようにします。
StudioX と Outlook デスクトップ アプリは、同じ権限で実行する必要があります (両方を、管理者として、または管理者以外として実行)。

配信不能レポート (NDR)

NDR メールは、特定の状況下で受信する、自動的に生成されるメールです。たとえば、存在しないメール アドレスにメールが送信された場合などに受信します。配信不能レポートは StudioX のメール アクティビティでサポートされています。

📘

注:

  • ReportItem (NDR メール) を転送すると、NDR メールが添付された新しいメールとして転送されます。
  • Outlook デスクトップ アプリで解析された NDR メールの [宛先] フィールドと [送信元] フィールドには null が設定されます。
  • Outlook 365 で解析された NDR メールの [宛先] フィールドには NDR を生成したメールの [宛先] フィールドの値が設定されます。

メールのオートメーションについては、このセクションのチュートリアルをご覧ください。

メール アクティビティの詳細については、このセクションの各アクティビティの詳しい説明をご覧ください。

1 年前に更新



メールの自動化


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。