通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2020.10.2

公開日: 2020 年 10 月 28 日

新機能と改良点

PowerPoint の自動化

プレゼンテーション系アクティビティを使用して PowerPoint プレゼンテーションを作成・編集できるようになりました。

メールの自動化

Gmail と Outlook 365 の自動化

StudioX のメールの自動化機能を拡張し、Gmail と Outlook 365 がサポートするようにしました。使用方法は簡単で、[Outlook 365 を使用] または [Gmail を使用] アクティビティをオートメーションに追加して使用するアカウントを定義し、追加したアクティビティ内に自動化を行うためのアクティビティを追加するだけです。これまでデスクトップ版 Outook の自動化に使用できていた既存のアクティビティも更新し、Gmail と Outlook 365 をサポートするようにしました。今回のリリースでは、Gmail と Outlook 365 の自動化には組織のアプリケーション ID を使用する必要があります。

改良点

  • [繰り返し (各メール)] アクティビティに新しいフィルター オプションを追加し、添付ファイルがあるメールでのみ繰り返し処理を行うことができるようにしました。
  • [デスクトップ版 Outlook アプリを使用] アクティビティ内に追加されたアクティビティの入力フィールドのプラス plus buttonplus button メニューから [日付 (テキストとして)] オプションが選択できるようになりました。このオプションを選択することで、Outlook メールの繰り返し処理を行う際に、Outlook で選択したメールの日付または現在のメールの日付を使用できます。

Excel の自動化

グローバル Excel リソース

オートメーション プロジェクトを Excel ファイルに接続することで、Excel ファイルをグローバル リソースとしてプロジェクトに追加できるようになりました。プロジェクトを Excel ファイルに接続するると、プロジェクト内のすべてのアクティビティがファイルにアクセスし変更を加えることができるようになります。引き続き [Excel ファイルを使用] アクティビティを使用して Excel ファイルをオートメーションに追加することもできますが、その場合、ファイル内に変更を加えられるのはコンテナー内に追加されたアクティビティのみがです。

新しいアクティビティ

改良点

  • プロジェクト ノートブックを操作する際の作業のエクスペリエンスを向上させる更新をいくつか行いました。
    • プロジェクト ノートブックが、Studio のインターフェイスでノートブックと表示されるようになりました。
    • プラス plus buttonplus button メニューと Data Manager 内のノートブックのエントリの横に、オートメーションの最後でファイルへの変更が保存される設定かどうかが表示されるようにしました。[ノートブック (自動保存: オフ)] または [ノートブック (自動保存: オン)] のいずれかが表示されます。
  • [シートを挿入] アクティビティが追加したシートを直接操作できるようになりました。[シートを挿入] アクティビティの [新しいシートの参照名] フィールドを使用すると、シートへの参照を保存して後でオートメーション内で使用することができます。
  • [テキストを列に分割] アクティビティが [改行] を区切り文字としてサポートするようになりました。
  • [カスタム入力] オプションを使用して Excel シートを選択した場合に、手動でシート名を入力する必要がなくなりました。また、[ワークシート名] フィールドは、使用するシートを選択できるコンボ ボックスになりました。この機能は、[Excel ファイルを使用] アクティビティに対して定義された Excel ファイルが静的ファイル、またはテンプレートが定義された動的ファイルで動作します。
  • Excel アドインがインストールされていない、またはアクセスできない状態で プラス plus buttonplus button アイコンから [Excel 内で示す] オプションを選択した場合に、[ホーム] > [ツール] に手動でアクセスしてアドインをインストールまたは修復する必要がなくなりました。表示されるエラー ダイアログ ボックスの [はい] ボタンをクリックするだけで、エラーに対応できます。
  • [列を削除] アクティビティで複数の列を削除するよう設定できるようになりました。

UI 操作の自動化

新しいアクティビティ

セレクターへの変数の追加

コンテナー アクティビティで変数を作成し、UI Automation アクティビティのターゲットのセレクターに追加できるようになりました。

ファイルの自動化

新しいアクティビティ

改良点

  • [ファイル情報を取得] アクティビティの出力を選択する際に [拡張子] プロパティを使用できるようになりました。また、[繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティ内で反復処理中の現在のファイルにも使用できるようになりました。

Word の自動化

新しいアクティビティ

  • [名前を付けて Word ファイルを保存] - プロジェクトに追加された Word ファイルを別のファイルとして保存します。保存するファイル名と Word ファイルの種類を指定できます。

共通アクティビティ

新しいアクティビティ

  • アセットを取得 - 入力したアセット名を使用して、指定した Orchestrator アセットを取得します。
  • グループ - 論理的に関連するアクティビティをグループ化し、追加された順に実行します。
  • 入力ダイアログ - ユーザーにメッセージと入力フィールドを提示するダイアログ ボックスを表示します。
  • テキストを変更 - 検索と置換、トリミング、別のテキスト値との結合 (連結) などの変更を使用してテキスト値を更新します。
  • 後のために保存 - オートメーション内で後で使用するために値を保存します。保存した値は別のアクティビティの入力として使用できます。
  • 左側/右側のテキスト - 指定したサブテキストの 1 回目の出現時に、サブテキストの左側と右側のテキストを取得します。

テンプレートの作成と共有

プロセスと同じように独自のテンプレートを作成・パブリッシュできるようになりました。テンプレートは、Orchestrator にテンプレートをパブリッシュするのと同じくらい簡単に他のユーザーと共有できます。Studio の新しい [テンプレート] タブから自分が作成したテンプレートと他のユーザーから共有されたテンプレートにアクセスできます。

数値の計算

Excel を使用することなく StudioX 内で直接数値の計算が行えるようになりました。数字を入力できる任意の入力フィールドで、プラス plus buttonplus button メニューの [数] オプションを選択し、[数値の計算] ウィンドウで数式を追加します。数式を追加して、Visual Basic の Math クラスの任意のメソッドを使用することができます (例: Math.Round(1.06,1))。

クリップボードとの連携

クリップボードにアクティビティの出力を保存し、後からオートメーション内で入力フィールドにデータを貼り付けられるようになりました。

  • [クリップボードにコピー] オプションは、テキスト、数字、データテーブル、Boolean 値を出力するフィールドのプラス plus buttonplus button メニューから利用できます。数字と Boolean 値は、テキストとしてクリップボードにコピーされます。
  • [クリップボードから貼り付け] オプションは、テキストとデータテーブル値を入力できる入力フィールドの プラス plus buttonplus button メニューから利用できます。

Microsoft Office Interop 修復ツール

Excel、Outlook、Word または PowerPoint の自動化を行う際にエラーを発生させていた Microsoft Office 関連の問題を修正するための新しいツールが登場しました。このツールにより生成される修正プランは、自分のコンピューターの管理者権限を持つユーザーが実行したり、コンピューターの管理者権限を持たないユーザーに対して組織の管理者がデプロイしたりできます。

その他の改良点

  • プロジェクト内でアクティビティを識別しやすくするために、各アクティビティに、プロジェクト ワークフロー内の位置を反映する一意の識別番号を付与しました。この ID は各アクティビティの左上隅に表示されます。最初のアクティビティの ID は「1」、2 つ目は「2」で、それ以降順番に数が増えます。他のアクティビティ内に追加されたアクティビティについては、親 ID に小数点と数字が続く ID が付与されます。たとえば、プロジェクトの 1 つ目のアクティビティ (ID は 1) に 2 つのアクティビティが含まれる場合、それぞれのアクティビティの ID は 1.1 と 1.2 です。
  • 一部のアクティビティと共通シナリオの名前を変更し、用途をわかりやすくしました。
    • 共通シナリオ [メールの添付ファイルを反復処理] の名前を [添付ファイルの保存と処理] に変更しました。
    • 共通シナリオ [メールを反復処理] の名前を [メールに対してアクションを繰り返す] に変更しました。
    • リボン上の [データ抽出] オプションの名前を [表抽出] に変更しました。
    • [メールを既読にする] アクティビティの名前を [メールを既読/未読にする] に変更しました。
    • [範囲をコピー/貼り付け] アクティビティの名前を [範囲をコピー] に変更しました。
    • [ファイルをダウンロード] アクティビティの名前を [ダウンロードを待機] に変更しました。
    • [Outlook アカウントを使用] アクティビティの名前を [デスクトップ版 Outlook アプリを使用] に変更しました。
  • テキスト ビルダーを使用してファイル パスまたはフォルダー パスを入力できるフィールドを設定し、ファイル名に使用できない文字がパスに含まれていた場合に、検証エラーが発生するようになりました。使用できない文字は newline : * ? " < > |", です。

既知の問題

  • [メールを送信]、[メールを転送] または [メールに返信] アクティビティの本文として使用するために選択した Word 文書に画像が含まれている場合、一部の画像が送信するメールの本文に表示されないことがあります。
    メールの本文に画像が表示されない場合は、以下の回避策をお試しください。
    • Word 文書を開いて画像を削除した後、再度画像を追加します。
    • Word 文書の拡張子を .zip に変更し、アーカイブを展開してから、[word] フォルダー内にある [document.xml] ファイルを開きます。xml ファイル内で属性 r:link を検索し、削除します (例: r:link="rId11")。ファイルを保存し、展開したファイルを再度 zip 圧縮してから拡張子を .docx に戻します。

バグ修正

  • OneDrive フォルダー内の Excel ファイルを使用して、StudioX プロファイルで [Excel 内で示す] オプションを使用しようとした際にエラーが発生していた問題を修正しました。また、OneDrive フォルダー内のファイルが Excel で開かれている場合は、そのデータにはプラス plus buttonplus button メニューから直接アクセスできない点にご留意ください。名前付き範囲、表、およびシートにアクセスするには、まずファイルを閉じる必要があります。
  • Microsoft Outlook と Studio が同等の権限で実行されていない状態で Outlook デスクトップ用のアクティビティを含むプロジェクトを実行すると、同等の権限 (どちらも管理者権限または非管理者権限) でアプリケーションを実行する必要があることを説明するエラー メッセージが表示されるようになりました。
  • アクティビティ フィールドで [Excel 内で示す] を使用してファイルから直接データを選択済みの状態で、同じアクティビティ フィールドで再度 [Excel 内で示す] を選択すると、Excel リボン上の [UiPath] タブに [現在の選択] として正しくない範囲が表示されていました。現在は正しい範囲が表示されるようになりました。
  • [メールを移動] アクティビティの [移動先] フィールドで、日本語の文字が使用されている Outlook フォルダーの名前が正しく表示されるようになりました。このフィールド内の文字は、\% 以外エンコードされなくなりました。テキスト ビルダー内に入力するフォルダー名に \ または % を含める場合、文字を URL にエンコードする必要があります (それぞれ、%5C%25)。

5 か月前に更新


2020.10.2


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。