Automation Ops
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Automation Suite の Automation Ops ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年6月27日

デザイン

[デザイン] タブを選択して、[ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [設定] > [デザイン] の項目を設定します。

  • 設定を適用するには、項目の横にあるチェック ボックスまたはトグルをオンにします。
  • Studio ユーザーが設定を編集できるようにするには、[ユーザーによる上書きを許可] をオンにします。これにより、ポリシーの設定が既定で使用されていても、ユーザーはその設定を変更することができます。既定では、Studio での上書きは許可されていません。

保存およびパブリッシュ

  • パブリッシュ直前にアナライザーを強制実行 - [はい] を選択すると、ワークフロー アナライザーのエラーが含まれるプロジェクトのパブリッシュが禁止されます。
  • 実行直前にアナライザーを強制実行 - [はい] を選択すると、ワークフロー アナライザーのエラーが含まれるファイルまたはプロジェクトの実行およびデバッグが禁止されます。
  • RPA XAML ファイルのみを分析 - [はい] を選択すると、プロジェクトでワークフロー アナライザーを実行するときに、テストケースが含まれる XAML ファイルが分析から除外されます。この設定が適用されるのは、アナライザーが手動でトリガーされるときのほか、プロジェクトの実行/デバッグ前、およびテスト ケースまたはプロジェクトのパブリッシュ前に、アナライザーが自動的に実行およびトリガーされるときです。
  • パブリッシュ直前にチェックインを強制実行 - [はい] を選択すると、ソース管理リポジトリに追加されたプロジェクトにローカルで変更が加えられた場合に、そのプロジェクトのパブリッシュが制限されます。
  • 「スマート ファイル パス」を使用 (StudioX のポリシーのみ) - [はい] を選択すると、ユーザー プロファイル フォルダーのファイルの場所として絶対パスではなく相対パスを使用できます。これにより、ファイルを他のユーザーと共有する場合にファイル パスが正常に機能します。
  • AI によるアクティビティの提案を有効化 (StudioX のポリシーのみ) - [ はい ] を選択すると、 アクティビティを追加する 検索バーの AI によるアクティビティの提案機能が有効化されます。 このオプションを有効化すると、アクティビティの検索バーを開いたときに Studio が現在のコンテキストに関する情報を UiPath® の AI サービスに送信します。この AI サービスは、ワークフロー内のどの場所から検索バーが開かれたかという情報に基づいて、追加するアクティビティの候補を提案します。
  • アナライザーの結果をエクスポート (Studio のポリシーのみ) - [はい] を選択すると、各ワークフローの分析結果がプロジェクト フォルダー内の JSON ファイルにエクスポートされます。
  • リリース ノートの入力を強制 (Studio のポリシーの場合のみ) - [はい] を選択すると、プロジェクトをパブリッシュする際に [リリース ノート] フィールドが必須に設定されます。
注: [AI によるアクティビティの提案を有効化][アナライザーの結果をエクスポート][リリース ノートの入力を強制] の各設定は、ポリシー テンプレート バージョン 21.10.0 以降で利用できます。

デザインのスタイル

  • 既定の言語 - 新しいプロジェクトで式に使用する既定の言語を選択します (Visual Basic または C#)。新しいプロジェクトを作成するときに、既定の言語とは異なる言語を選択できます。

    2021.10 より前のバージョンの Studio では、この設定は Studio Pro プロファイルにのみ適用されます。2021.10 以降のバージョンの Studio では、この設定は Studio プロファイルにのみ適用されます。

  • 注釈をドッキング - アクティビティに注釈を追加する既定の方法を選択します。アクティビティ内にドッキングするには [はい] を選択し、アクティビティの横にフローティングさせるには [いいえ] を選択します。
  • 新しいプロジェクトでモダンを使用 - [はい] を選択すると、新しいプロジェクトで UI Automation のモダン エクスペリエンス (機能が向上した新しいアクティビティ、レコーダー、ウィザード) を使用できます。詳細については、「モダン デザイン エクスペリエンス」をご覧ください。
  • 折りたたまれたアクティビティのスリム ビュー - [はい] を選択すると、タイトル バーのみを表示するビューを有効化して、折りたたまれたアクティビティの表示スペースを減らすことができます。
  • 既定の対応フレームワーク - Studio プロファイルでプロジェクトを作成するときに使用する既定のターゲット フレームワークを Windows - レガシWindowsクロスプラットフォームから選択します。
  • 使用できる対応フレームワーク - Studio プロファイルでプロジェクトを作成する、または開くときに使用できるターゲット フレームワークを、Windows - レガシWindowsクロスプラットフォームから選択します。
  • 新しいプロジェクトでコネクション サービスを使用 - [はい] を選択すると、Automation Cloud の Integration Service をサポートしているすべてのアクティビティにおいて、コネクションを管理する既定の方法としてこのサービスが使用されます。有効化すると、この機能をサポートしている GSuiteMailOffice 365 アクティビティ パッケージ内のアクティビティでの認証に、既定で Integration Service のコネクションが使用されます。
注: [既定の対応フレームワーク] および [使用できる対応フレームワーク] の各設定は、ポリシー テンプレート バージョン 21.10.0 以降で利用できます。
  • 保存およびパブリッシュ
  • デザインのスタイル

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.