Automation Ops
2021.10
false
  • リリース ノート
      • 2021.10.6
      • 2021.10.7
      • 2021.10.8
      • 2021.10.9
  • 基本情報
  • ガバナンス
  • ログ
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Automation Suite の Automation Ops ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年6月27日

パッケージ ソースを管理する

[パッケージ ソースを管理] タブを選択して、パッケージ ソースに関連する以下の項目を設定します。

  • ユーザーによるフィードの追加または削除を許可 - ユーザーにパッケージ ソースの追加と削除を許可するかどうかを選択します。このオプションは既定では有効化されていません。
  • ユーザーによるフィードの有効化または無効化を許可 - ユーザーにパッケージ ソースの有効化と無効化を許可するかどうかを選択します。このオプションは既定では有効化されていません。
  • Orchestrator フィードを追加 - Orchestrator テナント (Orchestrator でテナント ライブラリ フィードが有効な場合に利用可能) と Studio の Orchestrator ホスト フィードを自動的に有効化するかどうかを選択します。既定では、このオプションは有効化されています。
  • Studio で使用可能なパッケージ ソースを設定します。オフィシャル フィードと Connect (Marketplace) フィードは既定で追加されます。

    • 新しいフィードを追加するには、[さらに追加] をクリックし、以下の情報を入力してから、[保存] をクリックします。

      • フィードを有効化または無効化するかどうかを選択します。
      • フィードの名前を入力します。
      • ソース URL を入力します。
    • フィードを編集するには、その横の [編集] をクリックします。
    • フィードを削除するには、その横の [削除] をクリックします。



このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.