Automation Ops
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Automation Suite の Automation Ops ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年6月27日

はじめに

UiPath® Automation Ops™ は、一元化された Web ベースのプラットフォームで、管理者は UiPath® Studio、UiPath® Robot、UiPath® Assistant のガバナンス ポリシーを設定し、デプロイできます。 このオンプレミス版のリリースは、 Automation Suite のデプロイ モデルを使用して提供されます。

ガバナンス ポリシーを使用すると、標準やルールがきちんと守られた状態でさまざまな機能が使用されるようにコントロールできます。主な機能は以下のとおりです。

  • StudioX、Studio、Studio Pro の場合:

  • Robot の場合

    • Robot の実行時の動作を制御できます。ランタイム アナライザーのルールを適用して、オートメーションで特定のアドレスにメールを送信できないようにしたり、特定のアプリケーションや Web ページを使用できないようにしたりします。
  • Assistant の場合

Automation Ops™ は柔軟で使いやすいため、大規模なデプロイをすばやく管理できます。

  1. 組織でインストールされている製品のバージョンに応じて、使用するポリシー テンプレートを選択します。
  2. 管理する製品のポリシーを作成します。

    組織で既にファイルベースのガバナンス モデルを Studio に使用している場合は、 Studio からファイルを生成し 、Automation Ops™ にアップロードしてポリシーを移行できます。

  3. テナント レベル、グループ レベル、ユーザー レベル、およびそれらの任意の組み合わせでポリシーをデプロイできます。
重要:

以前にファイルベースのガバナンスを使用していた場合、[デプロイ] ページを初めて表示すると、環境内の既存のファイルベースのガバナンスが Automation Ops によって™上書きされます。

ファイルベースのガバナンスは適用されなくなることが予想されるため、既存のポリシーを Automation Ops™ にインポートして、ここからデプロイしてください。

Automation Ops™ は、Studio 2020.10.3 以降、Robot 2021.10 以降、Assistant 2021.4 以降に対応しています。 ユーザーは 、対話型サインインを使用して Orchestrator に接続する必要があります。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.