Automation Ops
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Automation Suite の Automation Ops ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年6月27日

場所

[場所] タブを選択して、[ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [設定] > [場所] の項目を設定します。

  • 設定を管理するには、項目の横にあるチェック ボックスをオンにするかトグルを切り替えて、テキスト ボックスに場所を入力します。場所を指定しないと、Studio の既定の場所が使用されます。
  • Studio ユーザーが設定を編集できるようにするには、[ユーザーによる上書きを許可] をオンにします。これにより、ポリシーの設定が既定で使用されていても、ユーザーはその設定を変更することができます。

以下の場所を設定できます。

  • プロジェクト パス - プロジェクトが作成される既定の場所。
  • プロセスのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にプロセスのパブリッシュ先とする既定の場所。
  • ライブラリのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にライブラリのパブリッシュ先とする既定の場所。
  • プロジェクト テンプレートのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にプロジェクト テンプレートのパブリッシュ先とする既定の場所。
  • ワークフロー アナライザー ルールの場所 - Studio に追加するワークフロー アナライザーのカスタム ルールがあるフォルダーへのパスです。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.