通知を受け取る

UiPath Automation Ops

UiPath Automation Ops ガイド

はじめに

UiPath Automation Ops は、ユーザー プロファイルに基づいてガバナンス ポリシーを簡単に管理および実装し、組織で利用できるフィードを管理するための、一元化された Web ベースのプラットフォームです。Automation Ops は、UiPath Automation Cloud で利用可能な管理機能です。

Automation Ops consists of two main areas, governance and feeds management.

ガバナンス

With Automation Ops, you can configure and deploy governance policies for UiPath Studio, UiPath Robot, and UiPath Assistant. Governance policies offer control over various functionalities, ensure that standards are met and that rules are followed. Main features include:

  • StudioX、Studio、Studio Pro の場合:
  • Robot の場合
    • Control the behavior of the Robot at runtime by enforcing Runtime Analyzer rules to prevent sending emails to certain addresses or using certain applications and web pages in automations.
  • Assistant の場合
    • Manage access to widgets in UiPath Assistant.

Automation Ops は柔軟で使いやすく、大規模なデプロイを迅速に管理できます。

  1. 組織でインストールされている製品のバージョンに応じて、使用するポリシー テンプレートを選択します。
  2. 管理する製品のポリシーを作成します。
    組織で既にファイルベースのガバナンス モデルを Studio に使用している場合は、Studio からファイルを生成し、Automation Ops にアップロードしてポリシーを移行できます。
  3. テナント レベル、グループ レベル、ユーザー レベル、およびそれらの任意の組み合わせでポリシーをデプロイできます。

Automation Ops is compatible with Studio 2020.10.3 and later, Robot 2021.10 and later, and Assistant 2021.4 and later. Users must be connected to Orchestrator using interactive sign-in.

フィードの管理

この機能を使用すると、管理者は以下の操作を行えます。

  • バージョン、タグ、依存関係などの、フィードで利用可能なパッケージの詳細を表示できます。
  • Manage the packages and package versions available in Orchestrator library and package feeds at the tenant and folder level.
  • Add custom library and package feeds, manage the packages and package versions they contain, and deploy them as external feeds to Orchestrator tenants.
  • Copy specific package versions from the UiPath Official and Marketplace feeds to Orchestrator tenant library feeds and custom library feeds.

10 か月前に更新


はじめに


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。