通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

Robot をプロキシ サーバー経由でリダイレクトする

概要

閉鎖型ネットワークに Robot がある場合、または Orchestrator が使用するネットワークとは別のネットワークに Robot がある場合、Robot と Orchestrator は通信できなくなります。このような場合、プロキシ サーバーを使用することができます。

Robot をプロキシ サーバーからリダイレクトするには、Robot のマシンでいくつか構成を行う必要があります。構成は、次の手順で行います。

  1. Robot のマシンが、指示したプロキシ サーバーから Orchestrator にアクセスできるよう、お使いのブラウザーを構成します。
  2. Robot と NuGet 構成ファイルを編集し、Robot と Orchestrator 間の通信が指定したプロキシ サーバー経由で行われ、アクティビティ パッケージと自動化プロセスが、プロキシ サーバーからダウンロードされるようにします。

📘

注:

ユーザー モードのロボットはインターネット オプションからプロキシ設定を継承しますが、サービス モードのロボットの場合は、Studio のインストール フォルダーの uipath.config ファイルで特定の設定を行う必要があります。

🚧

重要:

uipath.config ファイルで設定されたプロキシ設定は、ユーザー モードでインストールされているロボットには影響しません。

プロキシ設定を構成する

プロキシ スクリプトまたはプロキシ アドレスの設定は、インターネット オプションの [接続] セクションまたは [Windows の設定] の [プロキシ設定] メニューから設定できます。

Web ブラウザーを構成する

  1. Internet Explorer で、[ツール] > [インターネット オプション]の順でクリックします。[インターネット オプション] のウィンドウが開きます。
  1. [接続] タブで、[LAN 設定] をクリックします。[ローカル エリア ネットワーク (LAN) 設定] ウィンドウが表示されます。設定に応じて、プロキシ設定スクリプトまたはプロキシ サーバーを設定できます。
  1. プロキシ サーバーまたは自動構成 (プロキシ スクリプトの場合) を設定します。
  2. [OK] をクリックします。設定が保存されます。
  3. Web ブラウザーに Orchestrator の URL を入れて接続をテストします。

Windows プロキシ設定を設定する

  1. スタート メニューを開き、[プロキシ設定] を検索します。
  2. 自動プロキシ設定 (プロキシ スクリプトの場合) または手動プロキシ設定 (プロキシ サーバーの場合) を設定します。
  3. 設定を保存します。
  4. Web ブラウザーに Orchestrator の URL を入れて接続をテストします。

uipath.config ファイルを編集する

  1. インストール フォルダー %ProgramFiles%\UiPath\Studio まで移動します。
  2. uipath.config ファイルを探し、Notepad++ などのテキスト エディターを使用して開きます。
  3. <webProxySettings> タグを追加し、プロキシ環境に基づいて値を設定します。

PAC スクリプトを使用する

プロキシ アドレスを使用する

<webProxySettings>
<add key="ScriptAddress" value="http://localhost/proxy.pac" />
</webProxySettings>

<webProxySettings>
<add key="ProxyAddress" value="http://1.1.1.1:1234/" />
<add key="BypassLocalAddresses" value="True" />
<add key="BypassList" value="server\.domain\.local$;www.google.com" />
</webProxySettings>

📘

注:

ScriptAddress および ProxyAddress のいずれか 1 つのみを設定します。両方を設定した場合、ScriptAddress が優先されます。

BypassListBypassLocalAddresses を設定する必要があるのは、ProxyAddress が設定されている場合のみです。

  1. uipath.config ファイルを保存し、Robot サービスを再起動して変更内容を反映させます。

プロキシ サーバーの接続を確認する

  1. ロボットを Orchestrator に接続します
  2. 既に構成済みの Robot がある環境に、いくつかパッケージをデプロイします。
  3. %userprofile%\.nuget\ フォルダーに移動し、対応するプロセスおよびアクティビティ パッケージがダウンロードされているか確認します。
  4. 対応するジョブを実行して、正しく実行されるか確認します。

📘

注:

上記の変更に伴い、v2021.4 より前のバージョンから更新する際にプロキシ設定が proxy.config ファイルから uipath.config ファイルに移行されるようになりました。

Windows 資格情報によるプロキシ認証

v2021.4.4 以降の Robot は、Windows 資格情報による認証を使用するプロキシ構成で動作できます。この機能を有効化するには、マシンに UIPATH_PROXY_USE_DEFAULT_CREDENTIALS システム環境変数を追加します。この環境変数には、任意の値を使用できます。

📘

注:

Starting with v2021.4 Robot, the bypass list should contain a regex expression instead of a wildcard url.

7 日前に更新



Robot をプロキシ サーバー経由でリダイレクトする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。