通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

Robot をプロキシ サーバー経由でリダイレクトする

概要

閉鎖型ネットワーク内にロボットがある場合、または Orchestrator が使用するネットワークとは別のネットワークにロボットがある場合、ロボットと Orchestrator は通信できません。このような場合、プロキシ サーバーを使用することができます。

ロボットをプロキシ サーバーからリダイレクトするには、ロボット端末でいくつか構成を行う必要があります。構成は、次の手順で行います。

  1. ロボット端末が、指示したプロキシ サーバーから Orchestrator にアクセスできるよう、お使いのブラウザーを構成します。
  2. ロボットと NuGet 構成ファイルを編集し、ロボットと Orchestrator 間の通信が指定したプロキシ サーバー経由で行われ、アクティビティ パッケージと自動化プロセスが、プロキシ サーバーからダウンロードされるようにします。

📘

注:

The user mode robot inherits the Proxy Settings from the Internet Options, while the service mode robot requires specific configuration to be made in the uipath.config file from the Studio installation folder.

🚧

重要:

Robot がユーザー モードでインストールされている場合、プロセスの実行に基本 (Windows 以外) 認証が必要なプロキシ構成を使用するには、マシンの資格情報マネージャーに資格情報を追加する必要があります。 uipath.config ファイルの設定はサービス モードの Robot にのみ適用されるからです。

プロキシ設定を構成する

プロキシ スクリプトまたはプロキシ アドレスの設定は、インターネット オプションの [接続] セクションまたは [Windows の設定] の [プロキシ設定] メニューから設定できます。

Web ブラウザーを構成する

  1. Internet Explorer で、[ツール] > [インターネット オプション]の順でクリックします。[インターネット オプション] のウィンドウが開きます。
409409
  1. [接続] タブで、[LAN 設定] をクリックします。[ローカル エリア ネットワーク (LAN) 設定] ウィンドウが表示されます。設定に応じて、プロキシ設定スクリプトまたはプロキシ サーバーを設定できます。
755755
  1. プロキシ サーバーまたは自動構成 (プロキシ スクリプトの場合) を設定します。
  2. [OK] をクリックします。設定が保存されます。
  3. Web ブラウザーに Orchestrator の URL を入れて接続をテストします。

Windows プロキシ設定を設定する

  1. スタート メニューを開き、[プロキシ設定] を検索します。
  2. 自動プロキシ設定 (プロキシ スクリプトの場合) または手動プロキシ設定 (プロキシ サーバーの場合) を設定します。
  3. 設定を保存します。
  4. Web ブラウザーに Orchestrator の URL を入れて接続をテストします。
18761876

uipath.config ファイルを編集する

  1. インストール フォルダー %ProgramFiles%\UiPath\Studio まで移動します。
  2. uipath.config ファイルを探し、Notepad++ などのテキスト エディターを使用して開きます。
  3. <webProxySettings> タグを追加し、プロキシ環境に基づいて値を設定します。
<webProxySettings>
    <add key="ScriptAddress" value="http://localhost/proxy.pac" />
</webProxySettings>
<webProxySettings>
    <add key="ProxyAddress" value="http://1.1.1.1:1234/" />
    <add key="BypassLocalAddresses" value="True" />
    <add key="BypassList" value="server\.domain\.local$;www.google.com;192\.168\.\d{1,3}\.\d{1,3}" />
</webProxySettings>

📘

注:

v2021.4 の Robot より、バイパス リストにはバイパスするサーバーの URI を含む正規表現文字列の配列が含まれている必要があります。

Windows 資格情報によるプロキシ認証

v2021.4.4 以降の Robot は、Windows 資格情報による認証を使用するプロキシ構成で動作できます。この機能を有効化するには、マシンに UIPATH_PROXY_USE_DEFAULT_CREDENTIALS システム環境変数を追加します。

📘

注:

ScriptAddress および ProxyAddress のいずれか 1 つのみを設定します。両方を設定した場合、ScriptAddress が優先されます。

BypassListBypassLocalAddresses を設定する必要があるのは、ProxyAddress が設定されている場合のみです。

  1. uipath.config ファイルを保存し、Robot サービスを再起動して変更内容を反映させます。

基本認証

v2021.10 のリリースより、Robot サービスは基本認証プロトコルを使用するプロキシ サーバーをサポートしています。

サービス モードの Robot

サービス モードでインストールされた Robot でこの機能を有効化するには、uipath.config ファイルの webProxySettings セクションを編集して以下の情報を追加する必要があります。

<webProxySettings>
<add key="ProxyAddress" value="http://my.proxy.net:8008" />
<add key="UserName" value="myUser" />
<add key="Password" value="myPassword" />
<add key="Domain" value="myDomain" />
</webProxySettings>

🚧

重要:

The Robot Executor does not support proxy configurations using Basic Authentication methods. This means you can use Basic Authentication to connect to Orchestrator and download packages, but not for the actual workflow.

ユーザー モードの Robot

When the robot is installed in user mode, the UiPath Assistant automatically detects that a basic authentication proxy configuration is in place on the machine and prompts the user for a username and password.

858858

プロキシ サーバーの接続を確認する

  1. ロボットを Orchestrator に接続します
  2. 既に構成済みのロボットがある環境に、いくつかパッケージをデプロイします。
  3. %userprofile%\.nuget\ フォルダーに移動し、対応するプロセスおよびアクティビティ パッケージがダウンロードされているか確認します。
  4. 対応するジョブを実行して、正しく実行されるか確認します。

📘

注:

上記の変更に伴い、v2021.4 より前のバージョンから更新する際にプロキシ設定が proxy.config ファイルから uipath.config ファイルに移行されるようになりました。

22 日前に更新


Robot をプロキシ サーバー経由でリダイレクトする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。