Orchestrator
2022.4
Migrating Elasticsearch Indices - Standalone 2022.4
バナーの背景画像
ロゴ
Orchestrator インストール ガイド
最終更新日 2024年2月15日

Elasticsearch インデックスを移行する

Elasticsearch のスナップショットおよび復元機能を使用すると、すべてのインデックスのバックアップリポジトリを作成できます。バックアップリポジトリを使用して、現在のサーバーを復元したり、必要に応じて新しいサーバーに移動したりできます。これは、ハードウェア障害の場合、またはアップグレードが必要な場合にシームレスな移行を提供するのに役立ちます。

このセクションでは、Windows サーバー マシンでの移行手順を、順を追って説明します。スナップショットの詳細およびサポート対象のすべての Elasticsearch バージョンで使用できる設定とコマンドの完全なリストは、Elastic の公式ドキュメントをご覧ください。

現在のサーバーと新しいサーバーとの間に共有ファイル システムが必要です。この例では、新しいサーバーで作成された共有フォルダーを使用しました。

注:

各サーバーで使用されているアカウントに、この共有ディレクトリへの読み取りおよび書き込みアクセス権があることを確認してください。

また、以前に設定した Kibana の視覚効果は保存されないため、再作成する必要があります。

スナップショットの作成

現在のサーバーから、次の手順を実行します。

  1. Elasticsearch サービスを停止します。
  2. elasticsearch.yml ファイル path.repo: [“\\\\server_name\\folder_name”] に共有ディレクトリを追加します。
  3. Elasticsearch サービスを再起動します。
  4. Kibana ダッシュボードでは、[Dev ツール] セクションで、[コンソール] をクリックします。[コンソール] ウィンドウが開きます。
  5. わかりやすい名前を使用して、リポジトリを作成します。

    PUT /_snapshot/backup_old/ { “type”: “fs”, “settings”:{ “location”: “\\server_name\\folder_name” } }PUT /_snapshot/backup_old/ { “type”: “fs”, “settings”:{ “location”: “\\server_name\\folder_name” } }
  6. 成功した場合、コンソールの応答は次のとおりです: “acknowledged”: true
  7. スナップショットを作成し、わかりやすい名前を付けます: PUT /_snapshot/backup_old/snapshot_1?wait_for_completion=true
    注: ?wait_for_completion パラメーターは、スナップショットの完了時に要求が返されるか (true)、初期化されるときに要求が返されるか (false) を決定します。大きなリポジトリの場合、このパラメーターが false に設定されていても、このコマンドが返されるまでに数分かかる場合があります。

そのコマンドが完了すると、スナップショットは指定されたリポジトリに保存され、使用できるようになります。リポジトリを可能な限り最新の状態に保つために、頻繁にスナップショットを取ることをお勧めします。スナップショットは増分的に取得され、以降の実行では新しいデータのみが保存されるため、リソースを大量に消費することはありません。

スナップショットからの復元

新しいサーバーから、次の手順を実行します。

  1. Elasticsearch サービスを停止します。
  2. elasticsearch.yml ファイル path.repo: [“\\\\server_name\\folder_name”] に共有ディレクトリを追加します。
  3. Elasticsearch サービスを再起動します。
  4. Kibana ダッシュボードでは、[Dev ツール] セクションで、[コンソール] をクリックします。[コンソール] ウィンドウが開きます。
  5. 以前と同じ名前を使用して、リポジトリを作成します。

    PUT /_snapshot/backup_old/ { “type”: “fs”, “settings”:{ “location”: “\\server_name\\folder_name” } }PUT /_snapshot/backup_old/ { “type”: “fs”, “settings”:{ “location”: “\\server_name\\folder_name” } }
  6. 成功した場合、コンソールの応答は次のとおりです: “acknowledged”: true
  7. 次のスナップショットをロードします: POST/_snapshot/backup_old/snapshot_1/_restore

以前のインデックスはすべて再構築されますが、サイズによっては、すべてが同期されるまでに時間がかかる場合があります。復元は、既に実行中のクラスターまたは新しいマシンに対して実行できます。

  • スナップショットの作成
  • スナップショットからの復元
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.