Orchestrator
2022.4
Backup Configuration Files and NuGet Packages - Standalone 2022.4
バナーの背景画像
ロゴ
Orchestrator インストール ガイド
最終更新日 2024年2月15日

バックアップ構成ファイルと NuGet パッケージ

Orchestrator の構成と NuGet パッケージをバックアップするには、関連するファイルとフォルダーを、指定したバックアップ先にコピーする必要があります。このページでは、コピーする必要があるファイルを特定し、探し出すために必要な詳細情報を提供します。

Orchestrator Web.config と UiPath.Orchestrator.dll.config ファイル

バックアップ

Orchestrator の構成をバックアップするために必要な手順は、デプロイ モデルに応じて多少異なります。このようなデプロイ モデルとして、オンプレミス、IaaS (Infrastructure as a Service)、PaaS (Platform as a Service) などがあります。

オンプレミス/IaaS デプロイ

  1. Orchestrator インストール ディレクトリを開きます。既定では C:\Program Files (x86)\UiPath\Orchestrator です。
  2. このディレクトリにある web.config ファイルと UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを指定のバックアップ先にコピーします。

Azure による PaaS デプロイ

  1. Orchestrator App Service を選択します。
  2. [開発ツール] メニューから [高度なツール] > [Go] > [デバッグ コンソール] > [CMD] に移動します。
  3. Site フォルダーを開いて wwwroot に移動します。
  4. Web.config を選択して [ダウンロード] をクリックします。
  5. ダウンロードしたファイルを指定のバックアップ先にコピーします。
  6. UiPath.Orchestrator.dll.config を選択して [ダウンロード] をクリックします。
  7. ダウンロードしたファイルを指定のバックアップ先にコピーします。
web.config ファイルと UiPath.Orchestrator.dll.config ファイル以外に、次の手順を実行して、アプリケーション設定と接続文字列もコピーする必要があります。
  1. Orchestrator App Service を選択します。
  2. [設定] メニューから [構成] を選択します。
  3. [アプリケーションの設定] セクションで [詳細な編集] を選択し、表示された値をコピーします。
  4. [接続文字列] セクションで [詳細な編集] を選択し、表示される値をコピーします。
  5. これらの値を指定のバックアップ先に保存します。

元に戻す

注: web.config ファイルと UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを復元する際、デプロイ内のすべての Orchestrator ノードでその復元を実行する必要があります。

オンプレミス/IaaS デプロイ

以前の Orchestrator 構成を、新しい環境へ復元する場合、または異常発生の後で復元する場合は、次の手順を実行します。

  1. 目的のバックアップから web.config ファイルと UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルをコピーします。
  2. Orchestrator インストール ディレクトリを開きます。既定では C:\Program Files (x86)\UiPath\Orchestrator です。
  3. このディレクトリにある web.config ファイルと UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを、指定のバックアップに置き換えます。

Azure による PaaS デプロイ

目的の web.configUiPath.Orchestrator.dll.config のバックアップ ファイルを取得した後、次の手順を実行します。
  1. Orchestrator App Service を選択します。
  2. [開発ツール] メニューから [高度なツール] > [Go] > [デバッグ コンソール] > [CMD] に移動します。
  3. Site フォルダーを開いて wwwroot に移動します。
  4. このディレクトリにある web.config ファイルと UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを、指定のバックアップに置き換えます。
web.config ファイルと UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを置き換えるほかに、次の手順を実行して、アプリケーション設定と接続文字列にも以前の値を復元する必要があります。
  1. Orchestrator App Service を選択します。
  2. [設定] メニューから [構成] を選択します。
  3. [アプリケーション設定] セクションで [詳細な編集] を選択し、そこにある値を、以前に保存したバックアップの値に置き換えます。
  4. [接続文字列] セクションで [詳細な編集] を選択し、そこにある値を、以前に保存したバックアップの値に置き換えます。

NuGet パッケージ

バックアップ

NuGet パッケージ ディレクトリの場所は、UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルの [デプロイ] セクションに示されています。
  1. NuGet.Repository.Type キーの値を確認します。使用可能な値は次のとおりです。
    • Legacy - パッケージは、NuGet.Packages.Path キーと NuGet.Activities.Path キーで特定した場所に格納されます。
    • Composite - パッケージは、Storage.Type キーと Storage.Location キーで特定した場所に保存されます。
  2. リポジトリの種類が Legacy の場合、NuGet.Packages.Path キーと NuGet.Activities.Path キーで特定したフォルダーを、指定のバックアップ先にコピーします。
  3. リポジトリの種類が Composite の場合、Storage.Type キーの設定に応じて次の操作を行います。
    1. FileSystem - Storage.Location キーの RootPath パラメーターで特定されるフォルダーを、指定のバックアップ場所にコピーします。
    2. Azure - 接続文字列が Storage.Type キーで提供されます。データの完全性と可用性は Microsoft により保証されていますが、Azure に保存されているファイルをローカルに保存する必要がある場合は、Microsoft のガイドに従ってください。
    3. Amazon - 接続文字列が Storage.Type キーで提供されます。データの完全性と可用性は Amazon により保証されていますが、Amazon に保存されているファイルをローカルに保存する必要がある場合は、Amazon のガイドに従ってください。

元に戻す

以前の NuGet パッケージ ディレクトリを復元するには、次に示すように、前述のバックアップ プロセスを逆の順序で実行します。

  1. Legacy リポジトリの場合、NuGet パッケージとアクティビティのフォルダーのバックアップを、UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルの [デプロイ] セクションで NuGet.Packages.Path キーと NuGet.Activities.Path キーによって指定されているディレクトリにコピーします。
  2. リポジトリの種類が Composite の場合、Storage.Type キーの設定に応じて次の操作を行います。
    • FileSystem - バックアップ フォルダーを RootPath パラメーターの Storage.Location キーで特定されるディレクトリにコピーします。このパラメーターは UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルの Deployment セクションで確認できます。
    • Azure - 過去に保存した接続文字列を Storage.Type キーに入力します。
    • Amazon - 過去に保存した接続文字列を Storage.Type キーに入力します。
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.