Automation Hub
2022.4
Automation Hub ユーザー ガイド
Last updated 2024年4月19日

権限

Automation Store は、CoE の承認済みユーザーによって精査された既製の自動化をビジネス ユーザーが使用できるように設計されています。

それを実現するために、UiPath の権限システムでは、Automation Store に公開するユーザーと、Automation Store にアクセスできるユーザーを制御できます。

Automation Store にアクセスできるユーザー

Automation Hub のすべてのユーザーは、少なくとも [アイデアの表示] 権限と [自動化の表示] 権限があるロールを持っていれば、Automation Store にアクセスできます。

Automation Hub の同じ権限と分離されたビューを活用し、それらを Automation Store に適用することができます。たとえば、財務および会計カテゴリに対してのみ標準ユーザー ロールを持つユーザーを設定した場合、そのユーザーは、Automation Store でその特定のカテゴリの項目のみを表示できるようになります。

Automation Hub の並べ替えビューときめ細かい権限について詳しくは、こちらをご覧ください。

Automation Store に公開できるユーザー

ユーザーが Automation Store に自動化を公開するには、Automation Hub でユーザー ロールに [Automation Store への公開] 権限が割り当てられている必要があります。

この権限は Automation Hub の任意のロールに追加できます。既定でこの権限が確認されるロールとしては、アカウント所有者、システム管理者、技術レビュー担当者があります。

権限が特定のロールに関連付けられると、そのロールを 1 つ以上のカテゴリに制限して、ユーザーが自動化を特定の領域にのみ公開できるようにすることができます。

この権限は、Automation Store に公開された自動化を検査できる CoE チームのメンバーに付与することをお勧めします。

Automation Store から自動化を使用できるユーザー

ユーザーは以下の権限に基づいて Automation Store の項目を表示できます。

  • アイデアの表示
  • 自動化の表示

次の表に、権限の組み合わせによって、ユーザーが Automation Store の項目を表示できるかどうかにどのような影響があるのかを示します。

アイデアの表示

自動化の表示

Automation Store の項目の表示

Y

Y

Y

Y

Y

Automation Store の項目を表示できるユーザーには、以下の「すぐに使用可能」の設定に基づいて [取得] ボタンまたは [リクエスト] ボタンが表示されます。

ボタン オプション

Automation Store

すぐに使用可能

GET

有効

有効

要求

有効

無効

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.