Action Center
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

プロセスを検索する

Action Center でアクションを生成するプロセスとは、ユーザーがアクセス権を持つ Orchestrator フォルダーにあるすべてのキューと無人プロセスです。



前提条件

  • 正しい Orchestrator フォルダー コンテキストに存在する。
  • プロセスを表示および管理するための、適切なユーザー権限を持っている。

プロセスにアクセスする

プロセスにアクセスするには、左側のメニューから [Processes] タブに移動します。

プロセスを表示する

ユーザーがアクセス権を持つ Orchestrator フォルダーにあるキューまたは無人プロセスごとに、以下の詳細情報が記載されたカードが表示されます。

  • プロセス名
  • 説明
  • 受信フォルダー名
  • 最終パブリッシュ日時
  • パブリッシュされたパッケージ バージョン (プロセスの場合のみ)



実行中のプロセス

  • 無人プロセスを実行するには、プロセスのカード上にホバーして [実行] docs image をクリックします。
  • キューを使用して無人プロセスをトリガーするには、キューのスキーマを指定します。

    サンプル ワークフローについては、こちらをクリックしてください。

  • ファイルをアップロードして無人プロセスをトリガーするには、ファイルを指定します。

ファイルをアップロードして無人プロセスをトリガーする方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

詳細を表示する

特定のプロセスの詳細を表示するには、プロセスのカード上でホバーして [詳細を表示] をクリックします。

詳細ページが開き、各プロセス実行のエントリが表示されます。これには、以下の詳細情報が含まれています。

  • ステータス
  • 作成日
  • 開始日
  • 終了日
  • ソース (プロセスの場合)
  • 例外 (キューの場合)

詳細を確認するには、対象のエントリの [プロセス データを表示] をクリックします。対象プロセスの [入力] データと [出力/結果] データが展開され、エントリ間で行われた変更を追跡できます。

プロセスを再開するには、プロセスを強制終了するか、エントリのリストから削除して、その他のオプション アイコン をクリックします。



ログを表示する

[新規] ステートのプロセスでは、ログの表示は利用できません。プロセスをデバッグするか、プロセスの実行を追跡するには、以下の手順を実行します。

  1. 選択したプロセスの [詳細を表示] ページで、特定の実行の [その他のアクション] docs image メニューを開きます。
  2. [ログを表示] をクリックします。ログ ページが開き、選択したプロセス実行に関する登録済みのすべてのログが一覧表示されます。
  3. ログ エントリの詳細については、[詳細を表示] をクリックします。[ログの詳細] ウィンドウが開きます。

ログをダウンロードする

ログを CSV 形式でマシンにダウンロードするには、[ダウンロード] をクリックします。

ヒント: 30 日間の保存期間後もログを保持しておけるよう、ログを定期的にダウンロードすることをお勧めします。

中断されたプロセスの待機イベントを確認する

ジョブまたはキューが中断ステートになるたびに、最新の待機イベントを含む新しいトリガーが作成されます。[中断] ステートのイベント プロセスを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. [待機イベントを表示] ページにアクセスします。
  2. 選択したプロセスの [詳細を表示] ページで、中断された実行の [その他のアクション] docs image メニューを開きます。
  3. [待機イベントを表示] をクリックします。

結果: 待機イベントのページが開き、中断に関する以下の詳細情報が表示されます。

  • ステータス - プロセスに関連するトリガーのステータスです。
  • 待機イベントの種類 - プロセスが待機しているイベントの種類 (タスクキュー アイテムジョブ待ち時間) です。
  • ID - プロセスが待機しているイベントの ID です。
注: ID は待機イベントの種類に関連しており、タスク -> アクション ID、キュー アイテム -> キュー ID、ジョブ -> ジョブ ID です。
  • タイトル - 対象のキューまたはプロセスの名前です。
  • 担当者 — アクションを完了するために現在割り当てられているユーザーです (このフィールドは、待機イベントの種類が [タスク] の場合にのみ値が入力されます)。空の場合、タスクは未割り当てです。
  • 待ち時間 — プロセス再開のタイム スタンプです (このフィールドは、待機イベントの種類が [待ち時間] の場合にのみ値が入力されます)。
  • 作成日時 - プロセス作成のタイム スタンプです。
  • 最終更新日 - プロセスの最終リビジョンのタイム スタンプです。
  • ステータス メッセージ - 関連する「完了まで待機し再開」系アクティビティで設定されたステータス メッセージです。



合計実行数

[合計実行数] パネルには、指定した期間 (過去 24 時間、過去 1 週間、または過去 1 か月間) における、対象のプロセスの合計実行数の簡単な分析が示されます。サービスのメイン ページの分析データはすべてのプロセスの合計実行数を対象としており、最新の実行とそのステータスが表示されています。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.