Action Center
v2023.4
Action Center
Last updated 2024年5月21日

キュー アイテムを追加し参照を取得 (Add Queue Item And Get Reference)

UiPath.Persistence.Activities.Queue.AddQueueItemAndGetReference

説明

パラメーターを使用して Orchestrator キュー アイテムを追加し、QueueItemData 変数に格納された対応するキュー アイテム オブジェクトを取得して、ワークフローの実行中にいつでもトランザクションの完了を待機します。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

Windows および Windows - レガシでの設定

デザイナー パネル
  • キュー名 - QueueItem オブジェクトが追加されるキューです。この名前は大文字と小文字を区別しません。つまり、Orchestrator で「MyFirstQueue」と定義されている場合は、「myfirstqueue」とも一致します。最大文字数は 50 文字です。
  • 優先度 - 追加するキュー アイテムの優先度レベルです。このプロパティは、[処理期限] および [延期日] とともにキュー アイテムの優先順位を決める際の基準になります。
  • アイテム情報 - 追加する特定のキュー アイテムに関するその他の情報のコレクションです。この情報はアイテムに保存され、トランザクション処理で使用されます。Number、Boolean、String、および DateTime 型の基本的な値のみを使用することをお勧めします。文字列引数の値に [" " は使用できません。また、引数名に :.,@" は使用できません。
  • キュー アイテム (出力) - キューの作成後に Orchestrator から QueueItemData オブジェクトとして返されるキュー オブジェクトです。このオブジェクトを [キュー アイテム完了まで待機し再開] アクティビティに渡すことで、トランザクションが完了するまでワークフローの実行を一時停止することができます。
プロパティ パネル

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • 処理期限 - キュー アイテムを処理する必要がある期日のタイムスタンプです。このプロパティには、DateTime.Now.AddHours(2)DateTime.Now.AddDays(10)DateTime.Now.Add(New System.TimeSpan(5, 0, 0, 0)) などの相対タイムスタンプを入力することができます。また、米国の表記を使用して、12/10/2017 07:40:00 などの正確な時刻を追加することができます。この日付は自動的に修正することができます。たとえば、8 9 2018 9:0 と記述すると、自動的に 08/09/2018 09:00:00 に変換されます。
  • Orchestrator フォルダー パス - キュー アイテムを作成する Orchestrator のフォルダーのパスです。現在のプロセスが動作する Orchestrator のフォルダーのパスとは異なります。Orchestrator のフォルダーの詳細については、こちらをご覧ください。クラシック フォルダーの場合、このプロパティはフローティング ロボットでのみ使用でき、現在のユーザーが移動先のフォルダーで正しいタスク権限を持っている場合にのみ使用できます。モダン フォルダーの場合、フォルダー パスのオーバーライドはサポートされていません。このフィールドでは、文字列と String 型変数のみがサポートされています。
注: [フォルダー パス] プロパティは、現在のフォルダーとは異なるフォルダーからキュー アイテムを作成またはクエリする必要がある場合にのみ使用する必要があります。このアクションを実行するユーザーがターゲット フォルダーに必要なアクセス許可を持っていない場合、キュー アイテムの作成は失敗し、重大なエラーがスローされます。フォルダーのアクセス許可について詳しくは、こちらをご覧ください。
  • アイテム情報 - 追加する特定のキュー アイテムに関するその他の情報のコレクションです。この情報はアイテムに保存され、トランザクション処理で使用されます。Number、Boolean、String、および DateTime 型の基本的な値のみを使用することをお勧めします。文字列引数の値に [" " は使用できません。また、引数名に :.,@" は使用できません。
  • ItemInformationCollection - キュー アイテムの情報の全体の辞書をインポートできます。このフィールドは Dictionary<string, object> 型変数のみを受け入れます。
  • 延期 - キュー アイテムを処理できるようになる日付です。このプロパティは、[優先度] および [処理期限] とともにキュー アイテムの優先順位を決める際の基準になります。このプロパティには、DateTime.Now.AddHours(2)DateTime.Now.AddDays(10)DateTime.Now.Add(New System.TimeSpan(5, 0, 0, 0)) などの相対タイムスタンプを入力することができます。また、米国表記を使用して、2/10/2017 07:40:00 などの正確な時刻を追加することができます。この日付は自動的に修正することができます。たとえば、8 9 2018 9:0 と記述すると、自動的に 08/09/2018 09:00:00 に変換されます。
  • 優先度 - 追加するキュー アイテムの優先度レベルです。このプロパティは、[処理期限] および [延期日] とともにキュー アイテムの優先順位を決める際の基準になります。
  • キュー名 - QueueItem オブジェクトが追加されるキューです。この名前は大文字と小文字を区別しません。つまり、Orchestrator で「MyFirstQueue」と定義されている場合は、「myfirstqueue」とも一致します。最大文字数は 50 文字です。
  • 参照 - 追加するキュー アイテムの参照です。参照は、オートメーション プロジェクト内で使用されている他のアプリケーションにトランザクションをリンクするために使用できます。また、この機能を使用すると、指定された文字列に従って、Orchestrator で特定のトランザクションを検索することができます。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • キュー アイテム (出力) - キューの作成後に Orchestrator から QueueItemData オブジェクトとして返されるキュー オブジェクトです。このオブジェクトを [キュー アイテム完了まで待機し再開] アクティビティに渡すことで、トランザクションが完了するまでワークフローの実行を一時停止することができます。

クロスプラットフォームでの設定

  • キュー名 - QueueItem オブジェクトが追加されるキューです。この名前は大文字と小文字を区別しません。つまり、Orchestrator で「MyFirstQueue」と定義されている場合は、「myfirstqueue」とも一致します。最大文字数は 50 文字です。
  • 優先度 - 追加するキュー アイテムの優先度レベルです。このプロパティは、[処理期限] および [延期日] とともにキュー アイテムの優先順位を決める際の基準になります。
  • アイテム情報 - 追加する特定のキュー アイテムに関するその他の情報のコレクションです。この情報はアイテムに保存され、トランザクション処理で使用されます。Number、Boolean、String、および DateTime 型の基本的な値のみを使用することをお勧めします。文字列引数の値に [" " は使用できません。また、引数名に :.,@" は使用できません。
  • キュー アイテム (出力) - キューの作成後に Orchestrator から QueueItemData オブジェクトとして返されるキュー オブジェクトです。このオブジェクトを [キュー アイテム完了まで待機し再開] アクティビティに渡すことで、トランザクションが完了するまでワークフローの実行を一時停止することができます。
詳細オプション

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • 処理期限 - キュー アイテムを処理する必要がある期日のタイムスタンプです。このプロパティには、DateTime.Now.AddHours(2)DateTime.Now.AddDays(10)DateTime.Now.Add(New System.TimeSpan(5, 0, 0, 0)) などの相対タイムスタンプを入力することができます。また、米国の表記を使用して、12/10/2017 07:40:00 などの正確な時刻を追加することができます。この日付は自動的に修正することができます。たとえば、8 9 2018 9:0 と記述すると、自動的に 08/09/2018 09:00:00 に変換されます。
  • Orchestrator フォルダー パス - キュー アイテムを作成する Orchestrator のフォルダーのパスです。現在のプロセスが動作する Orchestrator のフォルダーのパスとは異なります。Orchestrator のフォルダーの詳細については、こちらをご覧ください。クラシック フォルダーの場合、このプロパティはフローティング ロボットでのみ使用でき、現在のユーザーが移動先のフォルダーで正しいタスク権限を持っている場合にのみ使用できます。モダン フォルダーの場合、フォルダー パスのオーバーライドはサポートされていません。このフィールドでは、文字列と String 型変数のみがサポートされています。
注: [フォルダー パス] プロパティは、現在のフォルダーとは異なるフォルダーからキュー アイテムを作成またはクエリする必要がある場合にのみ使用する必要があります。このアクションを実行するユーザーがターゲット フォルダーに必要なアクセス許可を持っていない場合、キュー アイテムの作成は失敗し、重大なエラーがスローされます。フォルダーのアクセス許可について詳しくは、こちらをご覧ください。
  • ItemInformationCollection - キュー アイテムの情報の全体の辞書をインポートできます。このフィールドは Dictionary<string, object> 型変数のみを受け入れます。
  • 延期 - キュー アイテムを処理できるようになる日付です。このプロパティは、[優先度] および [処理期限] とともにキュー アイテムの優先順位を決める際の基準になります。このプロパティには、DateTime.Now.AddHours(2)DateTime.Now.AddDays(10)DateTime.Now.Add(New System.TimeSpan(5, 0, 0, 0)) などの相対タイムスタンプを入力することができます。また、米国表記を使用して、2/10/2017 07:40:00 などの正確な時刻を追加することができます。この日付は自動的に修正することができます。たとえば、8 9 2018 9:0 と記述すると、自動的に 08/09/2018 09:00:00 に変換されます。
  • 優先度 - 追加するキュー アイテムの優先度レベルです。このプロパティは、[処理期限] および [延期日] とともにキュー アイテムの優先順位を決める際の基準になります。
  • キュー名 - QueueItem オブジェクトが追加されるキューです。この名前は大文字と小文字を区別しません。つまり、Orchestrator で「MyFirstQueue」と定義されている場合は、「myfirstqueue」とも一致します。最大文字数は 50 文字です。
  • 参照 - 追加するキュー アイテムの参照です。参照は、オートメーション プロジェクト内で使用されている他のアプリケーションにトランザクションをリンクするために使用できます。また、この機能を使用すると、指定された文字列に従って、Orchestrator で特定のトランザクションを検索することができます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.