Action Center
v2023.4
ドキュメント検証アクション完了まで待機し再開 - スタンドアロン 2023.4
ロゴ
Action Center
最終更新日 2023年10月4日

ドキュメント検証アクション完了まで待機し再開

UiPath.IntelligentOCR.Activities.WaitForDocumentValidationActionAndResume

このアクティビティは、指定されたドキュメント検証アクションが完了するまで、現在のワークフローの実行を一時停止するために使用できます。検証アクションを指定するには、[ドキュメント検証アクションを作成] アクティビティから取得する DocumentValidationActionData オブジェクトを指定する必要があります。入力として指定された検証アクションが完了すると、ワークフローの実行を再開できます。

注:

このアクティビティを含む新しい UiPath Studio プロジェクトを作成する場合、[Document Understanding Process] テンプレートを選択するか、[プロジェクト設定] に移動して [永続性をサポート] フラグを有効化する必要があります。

Action Center と連携するには、CORS/CSP の設定が必要です。詳細は、こちらをご覧ください。

プロパティ

アクションの詳細

  • アクション オブジェクト (入力) - 入力アクションを指定します。実際には、[ドキュメント検証アクションを作成] アクティビティの出力です。

アクションの出力

  • アクション オブジェクト (出力) - アクション完了後に Orchestrator から返される、更新されたアクション オブジェクトを示します。利用可能なアクション オブジェクトは、AssignedToUserCreatorUserDeleterUserLastModifierUserCompletedByUser です。

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティでエラーが発生した場合でも、オートメーションを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白の場合にエラーが発生すると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • 状態メッセージ - アクションが完了するまで待機している中断モードのワークフローに対して表示されるステータス メッセージです。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーをスローする前に、アクティビティが Orchestrator に接続するのを待機する時間 (単位: ミリ秒) を指定します。ワークフローによる一時停止の時間は含まれません。既定値は、30,000 ミリ秒 (30 秒) です。このフィールドでは整数および Int32 型の変数のみがサポートされています。

ドキュメント検証データの出力

  • 自動抽出結果 - 設定すると、ドキュメント検証アクションで使用される自動生成による抽出結果がストレージからダウンロードされ、渡された変数に設定されます。このフィールドでは ExtractionResult 変数のみをサポートします。必須です。
  • ドキュメント オブジェクト モデル - 設定すると、ドキュメント検証アクションで使用されるドキュメント オブジェクト モデルがストレージからダウンロードされ、渡された変数に設定されます。このフィールドでは Document 変数のみをサポートします。必須です。
  • ドキュメントパス - アクションに関連付けられたダウンロード済みドキュメントのローカル パスです。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。 必須です。
  • ドキュメント テキスト - 設定すると、ドキュメント検証アクションで使用されるドキュメント テキストがストレージからダウンロードされ、渡された変数に設定されます。このフィールドでは String 変数のみをサポートします。必須です。
  • タクソノミー - 設定すると、ドキュメント検証アクションで使用されるタクソノミーがストレージからダウンロードされ、渡された変数に設定されます。このフィールドでは DocumentTaxonomy 型の変数のみがサポートされています。
  • 承認された抽出結果 - 設定すると、人間によって検証されたドキュメント検証アクションの抽出結果がストレージからダウンロードされ、渡された変数に設定されます。このフィールドでは ExtractionResult 型の変数のみがサポートされています。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

ストレージの詳細

  • ダウンロード ディレクトリ パス - アクションに関連するドキュメントのダウンロードおよび保存に使用されるローカル ディレクトリのパスを指定します。設定すると、ドキュメントは指定されたディレクトリ パスにダウンロードされます。
  • ストレージからデータを削除 - 選択すると、現在のアクションに関するすべてのデータをストレージ バケットから削除します。データがすべて削除されると、Orchestrator で使用できる完了したアクションがなくなります。
    注:

    Orchestrator に対する必要な権限をすべて有効化したことを確認します。Orchestrator の Robot ロールに対する [フォルダー アクセス許可] に移動し、以下を確認します。

    • [ストレージ ファイル] のアクセス許可: View オプションと Delete オプションが選択されていること。
    • [ストレージ バケット]のアクセス許可: View オプションが選択されていること。
    • アクションのアクセス許可: View オプションが選択されていること。
  • プロパティ
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.