Action Center
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

タスクのラベルを更新

UiPath.Persistence.Activities.Tasks.UpdateTaskLabels

説明

このアクティビティは、既存のアクションのラベルを更新します。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

Windows および Windows - レガシでの設定

デザイナー パネル
  • タスク ID - 既存のラベルを更新するアクションの ID です。このフィールドでは整数の値のみがサポートされています。
注: 永続性アクティビティを使用してアクションに自動的にラベル付けできるようにするには、ワークフローを実行するロボット アカウントにタグ表示作成削除の権限が必要です。
  • ラベルを追加 - 既存のアクションに追加するラベルを 1 つ以上入力します。このフィールドでは文字列の値のみがサポートされ、命名の制限があります。複数の値を区切るには、コンマを使用します。
プロパティ パネル

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティでエラーが発生した場合でも、オートメーションを継続するかどうかを指定します。このフィールドは Boolean 値 (True、False) のみをサポートします。既定値は False です。その結果、フィールドが空白の場合にエラーが発生すると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • タイムアウト (ミリ秒) - アクティビティの実行を待機できる時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を超えるとエラーがスローされます。既定値は 30,000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • ラベルを追加 - 既存のアクションに追加するラベルを 1 つ以上入力します。このフィールドでは文字列の値のみがサポートされ、命名の制限があります。複数の値を区切るには、コンマを使用します。
  • ラベルを削除 - 既存のアクションから削除するラベルを 1 つ以上入力します。入力するラベル名が有効である必要があります (つまり、ラベルが [タスク ID] フィールドで表されるアクションに関連付けられている必要があります)。このフィールドは文字列の値のみをサポートします。複数の値を区切るには、コンマを使用します。
  • フォルダー パス - このアクティビティで使用する Orchestrator フォルダーのパスです。何も指定しない場合は、現在の Orchestrator フォルダーが使用されます。このフィールドは文字列の値のみをサポートします。
  • タスク ID - 既存のラベルを更新するアクションの ID です。このフィールドでは整数の値のみがサポートされています。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

クロスプラットフォームでの設定

  • タスク ID - 既存のラベルを更新するアクションの ID です。このフィールドでは整数の値のみがサポートされています。
注: 永続性アクティビティを使用してアクションに自動的にラベル付けできるようにするには、ワークフローを実行するロボット アカウントにタグ表示作成削除の権限が必要です。
  • ラベルを追加 - 既存のアクションに追加するラベルを 1 つ以上入力します。このフィールドでは文字列の値のみがサポートされ、命名の制限があります。複数の値を区切るには、コンマを使用します。
詳細オプション

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティでエラーが発生した場合でも、オートメーションを継続するかどうかを指定します。このフィールドは Boolean 値 (True、False) のみをサポートします。既定値は False です。その結果、フィールドが空白の場合にエラーが発生すると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • タイムアウト (ミリ秒) - アクティビティの実行を待機できる時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を超えるとエラーがスローされます。既定値は 30,000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • ラベルを削除 - 既存のアクションから削除するラベルを 1 つ以上入力します。入力するラベル名が有効である必要があります (つまり、ラベルが [タスク ID] フィールドで表されるアクションに関連付けられている必要があります)。このフィールドは文字列の値のみをサポートします。複数の値を区切るには、コンマを使用します。
  • フォルダー パス - このアクティビティで使用する Orchestrator フォルダーのパスです。何も指定しない場合は、現在の Orchestrator フォルダーが使用されます。このフィールドは文字列の値のみをサポートします。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.