Action Center
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

時間差で再開 (Resume After Delay)

UiPath.Persistence.Activities.Delay.ResumeAfterDelay

説明

ワークフローの実行を一時停止し、指定された日時に再開します。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

Windows および Windows - レガシでの設定

プロパティ パネル
共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • StatusMessage - このプロパティ フィールドで指定されたメッセージは、このアクティビティによって一時停止されたワークフローとともに Orchestrator に表示されます。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
入力
  • Resume Time - このワークフローを再開する日時です。このプロパティには、DateTime.Now.AddHours(2)DateTime.Now.AddDays(10) および DateTime.Now.Add(New System.TimeSpan(5, 0, 0, 0)) などの相対日付を入力することができます。また、米国表記を使用して、2/10/2017 07:40:00 などの正確な時刻を追加することができます。この日付は自動的に修正することができます。たとえば、8 9 2018 9:0 と記述すると、自動的に 08/09/2018 09:00:00 に変換されます。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

クロスプラットフォームでの設定

  • Resume Time - このワークフローを再開する日時です。このプロパティには、DateTime.Now.AddHours(2)DateTime.Now.AddDays(10) および DateTime.Now.Add(New System.TimeSpan(5, 0, 0, 0)) などの相対日付を入力することができます。また、米国表記を使用して、2/10/2017 07:40:00 などの正確な時刻を追加することができます。この日付は自動的に修正することができます。たとえば、8 9 2018 9:0 と記述すると、自動的に 08/09/2018 09:00:00 に変換されます。
詳細オプション
  • StatusMessage - このプロパティ フィールドで指定されたメッセージは、このアクティビティによって一時停止されたワークフローとともに Orchestrator に表示されます。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.