Action Center
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

ジョブを開始し参照を取得 (Start Job And Get Reference)

UiPath.Persistence.Activities.Job.StartJobAndGetReference

説明

引数を使用して Orchestrator でジョブを呼び出し、対応するジョブ オブジェクトを取得して、ワークフローの実行中は常にジョブの完了を待機します。ワークフローでこのアクティビティを使用して別のワークフローを呼び出す場合、ロボットを Orchestrator に接続する必要があり、Robot ロールにはプロセスおよびロボット グループの表示権限と、ジョブの表示編集作成権限が必要です。このアクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

Windows および Windows - レガシでの設定

デザイナー パネル
  • プロセス名 (必須) - Orchestrator に表示される、ジョブに使用するプロセスの表示名です (プロセスの設定の [その他の設定] フィールドに表示されます)。パッケージの名前が InvoiceScan で、プロセスに「Invoice Scanner」という名前を付けた場合、このフィールドの文字列は「Invoice Scanner」になります。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
  • ジョブの引数 - Orchestrator でジョブを呼び出すときに使用する引数です。Out および In/Out 引数を変更すると、タスク完了後にそれらがワークフローにマップされます。このフィールドは Dictionary<String,Argument> オブジェクトのみをサポートします。
  • ジョブ オブジェクト (出力) - タスクの作成後に Orchestrator から JobData オブジェクトとして返されるジョブ オブジェクトです。このオブジェクトは、[ジョブ完了まで待機し再開] アクティビティに渡すことで、ジョブが完了するまで、ワークフローの実行を一時停止することができます。
プロパティ パネル

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • Orchestrator フォルダー パス - ジョブを開始する Orchestrator のフォルダーのパスです。現在のプロセスが動作する Orchestrator のフォルダーのパスとは異なります。Orchestrator のフォルダーの詳細については、「フォルダー」をご覧ください。クラシック フォルダーの場合、このプロパティはフローティング ロボットでのみ使用でき、現在のユーザーが移動先のフォルダーで正しいタスク権限を持っている場合にのみ使用できます。モダン フォルダーの場合、フォルダー パスのオーバーライドはサポートされていません。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
注: [Orchestrator フォルダー パス] プロパティは、現在のフォルダーとは異なるフォルダーからジョブを開始またはクエリする必要がある場合にのみ使用する必要があります。このアクションを実行するユーザーがターゲット フォルダーに必要なアクセス許可を持っていない場合、ジョブの開始は失敗し、重大なエラーがスローされます。フォルダーのアクセス許可については、「フォルダーの権限」をご覧ください。
  • ジョブの引数 - Orchestrator でジョブを呼び出すときに使用する引数です。Out および In/Out 引数を変更すると、タスク完了後にそれらがワークフローにマップされます。このフィールドは Dictionary<String,Argument> オブジェクトのみをサポートします。
  • プロセス名 (必須) - Orchestrator に表示される、ジョブに使用するプロセスの表示名です (プロセスの設定の [その他の設定] フィールドに表示されます)。パッケージの名前が InvoiceScan で、プロセスに「Invoice Scanner」という名前を付けた場合、このフィールドの文字列は「Invoice Scanner」になります。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • ジョブ オブジェクト (出力) - タスクの作成後に Orchestrator から JobData オブジェクトとして返されるジョブ オブジェクトです。このオブジェクトは、[ジョブ完了まで待機し再開] アクティビティに渡すことで、ジョブが完了するまで、ワークフローの実行を一時停止することができます。

クロスプラットフォームでの設定

  • プロセス名 (必須) - Orchestrator に表示される、ジョブに使用するプロセスの表示名です (プロセスの設定の [その他の設定] フィールドに表示されます)。パッケージの名前が InvoiceScan で、プロセスに「Invoice Scanner」という名前を付けた場合、このフィールドの文字列は「Invoice Scanner」になります。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
  • ジョブの引数 - Orchestrator でジョブを呼び出すときに使用する引数です。Out および In/Out 引数を変更すると、タスク完了後にそれらがワークフローにマップされます。このフィールドは Dictionary<String,Argument> オブジェクトのみをサポートします。
  • ジョブ オブジェクト (出力) - タスクの作成後に Orchestrator から JobData オブジェクトとして返されるジョブ オブジェクトです。このオブジェクトは、[ジョブ完了まで待機し再開] アクティビティに渡すことで、ジョブが完了するまで、ワークフローの実行を一時停止することができます。
詳細オプション

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • Orchestrator フォルダー パス - ジョブを開始する Orchestrator のフォルダーのパスです。現在のプロセスが動作する Orchestrator のフォルダーのパスとは異なります。Orchestrator のフォルダーの詳細については、「フォルダー」をご覧ください。クラシック フォルダーの場合、このプロパティはフローティング ロボットでのみ使用でき、現在のユーザーが移動先のフォルダーで正しいタスク権限を持っている場合にのみ使用できます。モダン フォルダーの場合、フォルダー パスのオーバーライドはサポートされていません。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
注: [Orchestrator フォルダー パス] プロパティは、現在のフォルダーとは異なるフォルダーからジョブを開始またはクエリする必要がある場合にのみ使用する必要があります。このアクションを実行するユーザーがターゲット フォルダーに必要なアクセス許可を持っていない場合、ジョブの開始は失敗し、重大なエラーがスローされます。フォルダーのアクセス許可については、「フォルダーの権限」をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.