Action Center
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月27日

アクション カタログ

アクション カタログは、さまざまな基準に基づいてアクションを分類できるアクション コンテナーです。アクションを含むカタログは、Studio の「アクション作成」系アクティビティを使用してアクションの作成時に設定します。

アクティビティ内のアクション カタログ

[タスク カタログ] プロパティまたは [アクション カタログ] プロパティは、Persistence.Activities と Intelligent.OCR.Activities に含まれています。これらのプロパティに設定できるは、既存のアクション カタログのみです。

アクション カタログにアクセスする

[管理者設定] ページにはテナントのすべてのフォルダーが表示され、ユーザーはアクセス権のあるすべてのフォルダーのアクション カタログを作成または更新できます。

  1. [管理者設定] ページにアクセスするには、ページのヘッダーに移動して [管理者設定] タブをクリックします。
  2. [管理者設定] ページの左側メニューから、アクション カタログにアクセスする Orchestrator フォルダーを選択します。


アクション カタログを作成する

新しいアクション カタログを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 目的のフォルダーを選択します。
  2. [新しいカタログを追加] docs image を選択します。[カタログを作成] ウィザードが開きます。
  3. アクション カタログの [名前] (必須) と [説明] (任意) を入力します。
  4. [作成] を選択します。

結果: 選択した Orchestrator フォルダーの [アクション カタログ] リストに、新しいカタログが表示されます。

アクション カタログを暗号化する

  1. 新しいアクション カタログを作成する際に、[暗号化された形式で保存] チェックボックスをオンにします。リンクされたアクションをデータベース内で暗号化する場合は、[暗号化された形式で保存] チェックボックスをオンにします。

結果: 現在のアクション カタログに関連付けられているアクション (タスク データとも呼ばれます) が暗号化されます。どのアクション カタログにもリンクされていないアクションは、暗号化されません。

警告:
  • 暗号化操作は取り消せません。
  • アクションのデータ値のみが暗号化されます。
  • 既存のアクション カタログに属するアクション データは、暗号化できません。代わりに、アクション カタログを再作成し、[暗号化された形式で保存] チェックボックスを選択して、アクションを再生成できます。

アクション カタログを更新する

既存のアクション カタログの更新方法

  1. アクション カタログのホスティング フォルダーに移動します。
  2. 編集するアクション カタログを選択して、[編集] docs image アイコンを選択します。
  3. この特定のアクション カタログの [名前][説明]、または [ラベル] を変更します。
  4. [保存] を選択して変更を保存します。
docs image

特定のアクション カタログ内にアクションを作成する

特定のアクション カタログ内にアクションを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 目的の Orchestrator フォルダー内にアクション カタログを作成します。
  2. ワークフローに、[フォーム タスクを作成][外部タスクを作成][ドキュメント検証アクションを作成]、または [ドキュメント分類アクションを作成] のいずれかを追加します。
  3. アクションを作成するアクティビティ内で、先ほど作成したアクション カタログの名前を [タスク カタログ] または [アクション カタログ] プロパティ フィールドに入力します。

結果: 作成したアクションが、入力した既存のアクション カタログ内に保存されます。

注: Persistence.Activities パッケージおよび Intelligent.OCR.Activities パッケージのアクティビティ内にある [タスク カタログ] および [アクション カタログ] のプロパティ フィールドには、既存のアクション カタログのみを入力できます。

アクション カタログを削除する

アクション カタログは、リンクされたアクションがない場合にのみ削除できます。削除するアクション カタログからアクションを削除するには、リンクされているアクションのプロパティを編集して、別のアクション カタログに再リンクします。
警告: この操作は元に戻せません。
  1. リンクされたアクションのプロパティを編集して、削除するアクション カタログにリンクされているすべてのアクションを別のアクション カタログに移動します。
  2. [管理者設定] ページに移動してから、アクション カタログのフォルダーに移動します。
  3. 削除するアクション カタログ上にカーソルをホバーさせ、[削除] docs image を選択します。
    [アクション カタログを削除] ダイアログが表示されます。
  4. [削除] を選択して、アクション カタログを完全に削除します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.