Action Center
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月27日

フォーム タスク完了まで待機し再開

UiPath.Persistence.Activities.FormTask.WaitForFormTaskAndResume

説明

指定されたアクションが完了するまで、現在のワークフローの実行を一時停止します。アクションを指定するには、[フォーム タスクを作成] アクティビティから取得する FormTaskData オブジェクトを指定する必要があります。アクションが完了すると、ワークフローの実行が再開されます。
警告: SecureString 型変数がワークフローに再度マップされると、その値はクリアされます。.NET Framework では設計上、SecureString 型変数はシリアル化可能ではないためです。SecureString 型変数を再割り当てする必要があります。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

Windows および Windows - レガシでの設定

デザイナー パネル
  • タスク オブジェクト (入力) - FormTaskData 変数に格納されている、一時停止するアクションです。この変数は [フォーム タスクを作成] アクティビティから取得できます。このフィールドは、FormTaskData 型変数のみをサポートします。
  • TaskAction - タスクを完了するために、ユーザーによって実行されたアクションです。
  • タスク オブジェクト (出力) - このアクティビティの実行後に Orchestrator から取得した更新されたタスク オブジェクトです。
プロパティ パネル

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • StatusMessage - このプロパティ フィールドで指定されたメッセージは、このアクティビティによって一時停止されたワークフローとともに Orchestrator に表示されます。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • タスク オブジェクト (出力)
  • FormTaskData 変数に格納されている、一時停止するアクションです。この変数は [フォーム タスクを作成] アクティビティから取得できます。このフィールドは、FormTaskData 型変数のみをサポートします。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • TaskAction - タスクを完了するために、ユーザーによって実行されたアクションです。
  • タスク オブジェクト (出力) - このアクティビティの実行後に Orchestrator から取得した更新されたタスク オブジェクトです。

クロスプラットフォームでの設定

  • タスク オブジェクト (入力) - FormTaskData 変数に格納されている、一時停止するアクションです。この変数は [フォーム タスクを作成] アクティビティから取得できます。このフィールドは、FormTaskData 型変数のみをサポートします。
  • TaskAction - タスクを完了するために、ユーザーによって実行されたアクションです。
  • タスク オブジェクト (出力) - このアクティビティの実行後に Orchestrator から取得した更新されたタスク オブジェクトです。
詳細オプション

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • StatusMessage - このプロパティ フィールドで指定されたメッセージは、このアクティビティによって一時停止されたワークフローとともに Orchestrator に表示されます。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.