Action Center
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月27日

2023.4.0

公開日: 2023 年 4 月 26 日

新着情報

Automation Suite に通知機能を追加

Actions に固有のイベントに関する通知をテナントやサービス全体に送信する機能が追加され、組織のユーザー間で情報を共有できるようになりました。受信登録できるアクション イベントの詳細については、こちらをご覧ください。

通知の管理者向けシナリオ

組織管理者によって、通知に関する特定のシナリオを実行できるようになりました。

既定の通知登録の設定

既定の受信登録を変更して通知ニーズをパーソナライズします。組織のニーズに応じて、以下が可能です。
  • ユーザーに対して、特定のイベントを非表示にする。
  • イベントの受信登録を必須に設定し、ユーザーが通知を停止できないようにする。
  • 既定の受信登録を設定し、ユーザーが後で変更できるようにする。

通知の受信設定について詳しくは、こちらをご覧ください。

通知を外部の Active Directory グループに送信する

外部の Active Directory グループをメール通知とアプリ内の通知に登録できるようになりました。これにより、外部のグループのユーザーを組織内で発生するイベントに含めることができます。

さらに、外部の Active Directory グループに通知をサブスクライブさせる場合に、グループに必要な既定のサブスクリプションを設定することもできるようになりました。

外部 Active Directory グループの通知のサブスクライブについて詳しくは、「 外部の Active Directory グループをイベントに関する通知に登録する」をご覧ください。

アクションを埋め込む

任意のアプリケーションや Web ページに、Action Center のアイテムを埋め込むことができるようになりました。[アクション] タブや特定のアクションにすばやくアクセスして、アクションを簡単に完了できます。埋め込むことができるアイテムは以下のとおりです。

  • Actions ポータル
  • ドキュメント検証アクションなどの特定のアクション

Action Center のアイテムを埋め込む方法について詳しくは、「アクションを埋め込む」をご覧ください。



ライセンスの使用状況の確認

ユーザーがライセンスを正しく取り扱えるよう、新しいセッションのたびに、閉じるボタンを含むエラー メッセージ「Please contact your administrator to allocate right licenses for this application access (このアプリケーションへアクセスするための適切なライセンスを割り当ててもらうよう管理者にお問い合わせください。」が表示されるようになりました。

アクション カタログを削除する

使わなくなったアクション カタログを削除して、Actions の環境を整理できます。アクション カタログの削除方法について詳しくは、こちらをご覧ください。



フィルター処理オプションと並べ替えオプションの改良

次のオプションを使用してアクションを並べ替えると、受信トレイ内のアクションを検索しやすくなります。

  • アクションを特定の日付でフィルター処理する。
  • アクションをアクションが存在するフォルダーまたはサブフォルダーでフィルター処理する。
  • アクションをタイトルの昇順または降順に並べ替える。

さらに、受信トレイ内の高度なビューでフィルター処理や並べ替えを行って、関連性の高いアクションを簡単に確認できるようになりました。

新しいフィルター処理と並べ替えの方法について詳しくは、「アクションをフィルター処理する」をご覧ください。



通知のデータ保持

重要な通知を確認しやすくするため、データ保持ポリシーを設定しました。これにより、30 日が経過した通知はクリアされます。

バグ修正

  • _storage 引数を含むフィールドを使用するフォーム タスクによって、他のフォーム フィールドの挙動が変更されていました。
  • 受信トレイからダウンロードした CSV ファイルにフィルターを適用すると、予想された数のアクションが表示されませんでした。
  • [受信トレイ] を一度開くと、アクションをラベルに基づいてフィルター処理するオプションが表示されませんでした。現在は、アクションをラベルで期待通りにフィルター処理できるようになりました。
  • 静的ドロップダウンが、フォーム フィールドのラベルのみを表示するのではなく、そのフィールドの値を表示する問題を修正しました。
  • フォーム アクションから返される DateTime 形式のデータが原因でワークフローが失敗していました。この問題を修正するため、返される DateTime の形式を元の設定に変更しました。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.