通知を受け取る

UiPath Data Service

UiPath Data Service ガイド

はじめに

概要


UiPath Data Service は、ロボティック プロセス オートメーション (RPA) プロジェクトにおいて、コードの要らないデータ モデリングやストレージを可能にする強力で永続的なデータ ストレージ サービスです。

UiPath Data Service はビジネス ツールでありながら使いやすいサービスです。ビジネス データを安全に保存・管理できるため、次のような場合に役立ちます。

  • 無人のプロセスを実行して複数のシステムからデータを集約し、その後そのデータを別のシステムで使用する場合。
  • 複数の有人・無人のプロセス間でデータを転送する必要のある、長期実行の業務プロセスでデータを使用する場合。
  • Studio および UiPath Robot との連携により、以下の機能を活用したオートメーションを構築できます。
    • リッチなリレーショナル データ型
    • 統合セキュリティ
    • 迅速かつ調整可能なプロビジョニングおよびデプロイメント

 

ユース ケース


Data Service の一般的なユース ケースの例を以下に示します。

従業員のニーズに関するデータをキャプチャする

従業員のニーズ (例: 机、椅子、Web カメラなど) に関するデータをキャプチャする新しいプロセスを作成する場合。
The data can be extensive and must be stored before creating requests in the procurement system.
Instead of using a database, a file share, or cloud storages, you can store them in UiPath Data Service.

毎月の財務報告

毎月の財務報告のプロセスで複数のシステムから受注、請求書、支払いなどのデータを取得します。
Both attended and unattended workflows retrieve this data every time they run. This requires all users to have access and connectivity to all the backend systems, which can cause delays and inconsistencies in reporting, as underlying data may change before all your processes are completed.
You can write one unattended workflow to gather all the required data in Data Service. Then, all your other attended or unattended workflows can work with it. This may also eliminate the need for storing the aggregated critical business data in files on user or robot machines.

キューを使用するオーケストレーション プロセス

サプライヤーの請求書の支払いに関する人間とロボットとの対話型処理を伴い、キューを介してすべてのデータを転送するオーケストレーション プロセスを設計した場合。
You can store the invoices in Data Service, pass around the record ID via queues, and work with one version of the truth. You can also create new processes to provide full visibility on all invoices in your system from Data Service.

CRM に入力する前に顧客をレビューする

顧客関係管理 (CRM) システムに入力する顧客の 360 度ビューを事前に作成するための、無人業務プロセスを作成する場合。
The workflows have tens, maybe hundreds of variables.
You can model your customer entity in Data Service, import the definition in Studio, and work with a single variable in your workflows before dispersing it across your various systems of record. Data must not necessarily be stored in the Data Service.

 

メリット


  • ストレージはセキュリティで保護され、永続的で、アクセス可能です。すべてのデータを一意な一箇所の場所に保存できます。
  • すべての UiPath 製品のエンティティ、レコード、およびドキュメントにシームレスにアクセスできます。
  • 完全に新しいデータも、既存のデータも保存できます。
  • ビジネス エンティティを定義、変更、拡張し、それらのエンティティのレコードを標準の組み込み機能以外の場所に保存できます。
  • 関係、ルール、属性のようなリッチなメタデータをエンティティに定義し、定義したエンティティに関連するドキュメントを保存できます。

 

前提条件


To start using the Data Service you first need an Automation Cloud account. Please access the Automation Cloud Introduction page for more details.

UiPath Studio でエンティティを使用するには、次の要件を満たす必要があります。

1 年前に更新

はじめに


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。