通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

UiPath Assistant について

概要

UiPath Assistant は、ユーザーがデスクトップからロボットを操作し、ロボットとの対話を簡単かつ楽しく行えるようにするために開発された専用のツールです。オートメーションへのアクセス、管理、実行をわずか数回のクリックで簡単に行うことができます。ロボットのアバターや名前を選択したり、カスタム フォルダー内のプロセスをスタートパッド上で整理したり、別のテーマを選択したりするなど、ユーザーの好みに合わせてインターフェイスをカスタマイズすることができます。これらの機能を提供することにより、UiPath Assistant は人間とロボットをつなぐ橋渡し役を担っています。

Robot のクライアントである UiPath Assistant は、ユーザーの入力に基づいてジョブの開始や停止、設定の変更などを行うコマンドを送信できます。

UiPath Assistant は、有人プロセスの使用に特化して設計されていますが、開始できるプロセスの種類に関しては何の制限もありません。したがって、Orchestrator に簡単に接続し、ジョブを開始できます。

インストール時には、Robot をユーザー モードとサービス モードのどちらでデプロイするかを環境に合わせて選択できます。詳しくは、「デプロイの種類別」をご覧ください。

After you install and run the UiPath Assistant, an icon Robot_iconRobot_icon is displayed in the system tray. Clicking this icon brings UiPath Assistant into focus, while right-clicking it brings up a menu from which you can access the Preferences, Orchestrator Settings, bring it to focus, or Quit.

UiPath Assistant とプロセス実行のアイコン

トレイ

  • connectedconnected - 接続が確立されている場合。
  • disconnecteddisconnected - 未接続の場合。
  • connection_errorconnection_error - エラーが発生した場合 (例: UiPath Robot サービスが停止したなど)。
  • warningwarning - 新着または未読の通知がある場合。

タスクバー

  • searchsearch - Simple Assistant
  • searchsearch - Running Process.
  • searchsearch - Running Process in PIP.

Orchestrator との接続ステータスは、トレイのアイコン上でホバーするか、UiPath Assistant のステータス バーからも確認できます。表示は以下のとおりです。

  • 接続済み、ライセンス済み - ロボットが存在し、ライセンスが付与されている場合。
  • Connected, unlicensed - when a Robot exists, but is not licensed. The following tooltip message is displayed on mouse hover: "There are no available licenses on the server." です。
  • 接続済み、ライセンスなし - 次のような場合にホバーすると、次のいずれかのツールチップ メッセージとともにステータスが表示されます。
    • "An Orchestrator Robot definition must exist for this user." - if a Machine that hosts the Robot is not defined on Orchestrator. For example, if you deployed your Robots using the ConnectionString without first defining the Robots in Orchestrator.
    • “Robot does not exist.” - 定義されているロボットがありません。
    • “Robot already connected to machine ‘Machine_Name’.” - フローティング ロボットが既に別のマシンで使用されています。
    • "The machine key is linked to another machine!" - Orchestrator との接続に使用したキーが、Orchestrator で別のマシンに属しています。

詳しくは「UiPath Assistant のフィールドの説明」をご覧ください。

インターフェイス

UiPath Assistant のインターフェイスは 2 列構成のデザインになっています。

左側の列には、利用可能なプロセスが 2 つのセクションに分かれて表示されます。

  • 最近
    • ユーザーが最近実行したプロセス 3 つ
  • プロセス
    • ユーザーが利用できるその他すべてのプロセス

右側は「スタート パッド」とも呼ばれます。ここにお気に入りのプロセスをピン留めすれば、簡単にアクセスできます。以下に示すように、プロセスをドラッグ アンド ドロップして配置を変え、セクションを作成することができます。右側には、使用時のプロセスの詳細も表示されます。

UiPath Assistant の下部にはロボットのアイコンに加えて検索バーがあり、プロセスを簡単に見つけることができます。

859859

UiPath Assistant は以下のウィジェットに分割されます。

実行中のプロセス ウィジェット

実行中のプロセス ウィジェットを使用すると次の操作が可能です。

  • 現在フォアグラウンドとバックグラウンドで実行されているすべてのプロセスを表示します。
  • プロセスを一時停止、再開、または停止する。[Studio プロセス設定] ウィンドウで、プロセスの [一時停止] ボタンを無効化できます。プロセスを開始すると、その実行ステータスが表示されます。[ステータスを報告] アクティビティを使用して、プロセスの実行中にカスタムのステータス メッセージが表示されるように指定できます。

ホーム ページ ウィジェット

ホーム ページ ウィジェットを使用すると以下の操作が可能です。

  • すべての利用可能なオートメーション プロセスを表示します。
    • If UiPath Assistant is connected to Orchestrator, processes from the environments and folders the Robot is a part of are displayed. Hovering over a process displays its name, version and folder.
    • If UiPath Assistant is not connected to Orchestrator, processes from the %ProgramData%\UiPath\Packages folder are displayed. The Packages folder can be specified, as explained on this page.
  • 新しいバージョンが用意されているプロセスやダウンロードしてローカルで解凍する必要があるプロセスをダウンロードして、インストールの状況を確認します。
  • スタート パッドへのプロセスの追加と削除を行います。コンテキスト メニューをクリックして [スタート パッドにピン留め] を選択するか、左側のパネルからスタート パッドにプロセスをドラッグ アンド ドロップします。
856856

UiPath 製品グループ

In the launchpad, you can find the UiPath Products Group, which contains the Task Capture Launcher and the option to submit an idea to Automation Hub. They can also be accessed from the menu right next to Home.

このセクションは、UiPath Assistant の [設定] メニューの [スタート パッド] セクションから無効化できます。

15121512

📘

注:

To disable Task Capture, open agent-settings.json and add disableTaskCapture: true below (and outside of the) user entry.

アラーム ウィジェット

アラーム ウィジェットを使用すると、プロセスを開始するための通知を受信する時刻や期間を指定できます。プロセス リスト ウィジェットに表示されるプロセスであれば、アラームを設定できます。頻度は 1 回、毎日、毎週、または毎月から選択でき、それぞれ独自の日にちを設定できます。1 つのアラームに含めることができるプロセスは 1 つのみです。[スケジュールを編集] ボタンをクリックすると、アラームの変更や削除ができます。

404404

アラームが設定されているプロセスが [アラーム] タブに表示され、プロセスが開始される直前にアラームが表示されます。プロセスは、ユーザーの同意がないと開始されないのでご注意ください。[アラーム] ウィンドウでは、通知のスヌーズ (10 分後に再度アラームを表示)、プロセスの開始、およびウィンドウを閉じる操作が行えます。

アラーム

コンテキスト メニュー

The contextual menu searchsearch provides you multiple options of managing processes. Going to the contextual menu and clicking on "Delete personal process" removes the process from both UiPath Assistant and Orchestrator's personal workspace feed. From here you can also use the “Send to desktop” feature and simply create a desktop shortcut which can be used to start the process.

📘

注:

個人フォルダーからプロセスを削除すると、Orchestrator からプロセスが削除され、パッケージはそのまま残ります。

プロセスの詳細

[プロセスの詳細] サブメニューには、以下の項目があります。

  • プロセスの名前と説明 - これらは、プロセスが作成されたときに Studio に表示される詳細に基づいています。
  • Input Arguments used to configure processes that make use of input arguments. If an Input Argument is mandatory, it is marked by an asterix * next to its name.
  • PiP で開始 トグル - Studio のプロジェクト設定から継承されます。プロセスを [PiP で開始] するよう Studio で設定されている場合、このトグルが有効化されます。この設定を UiPath Assistant から変更すると、Studio での設定が上書きされます。
  • [次でプロセスを開始] には、プロセスを開始するキーボード ショートカットを設定するためのオプションがあります。
process_details

UiPath Assistant での接続機能

Integrations can be used directly from the UiPath Assistant by accessing the Process Details menu.

既に Orchestrator で接続が設定されているプロセスの場合は、リストから接続を選択できます。それ以外の場合は、同メニューから新しい接続を作成できます。

621621

あなたのロボット

ロボットをさらに人間らしくするために、写真と名前を選択してアイデンティティを与えることができます。この操作は、UiPath Assistant を初めて開くときに実行します。ただし、検索バーの横にあるロボットのアイコンをクリックすれば、いつでも変更できます。また、アイコン上でホバーするとロボットの名前が表示されます。

robot_identity

27 日前に更新


UiPath Assistant について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。