UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

テレメトリのオプトアウト (Opting Out of Telemetry)

UiPath は、問題の診断および Orchestrator の改善を目的として、使用状況とパフォーマンスに関するデータを収集しています。当社が収集する情報には、UiPath 製品情報、オペレーティングシステム、ブラウザーのバージョンが含まれることがあります。UiPath プライバシーポリシーのプラクティスについては、プライバシーステートメントを参照してください。

Orchestrator のデータ収集は、Telemetry.Enabled という名前の web.config パラメーターで制御します。これは、セットアップ中に、指定されたパラメーターに従って true または false に設定されます。

既定ではこのオプションは有効になっていますが、次のタイミングで、Orchestrator での使用状況とパフォーマンスに関するデータコレクションの送信をオプトアウトすることができます。

  • インストール時 (コマンドラインのパラメーターを使用)
  • インストールプロセス後 (web.config ファイルを変更)

Studio および Robot でテレメトリをオプトアウトする方法については、こちらのページを参照してください。

コマンドラインのパラメーターを使用

  1. コマンドプロンプトを管理者として開きます。
  2. UiPathOrchestrator.msi をダウンロードしたディレクトリに移動します。たとえば、cd D:\UiPath です。
  3. 必須パラメーターを設定してセットアップ アーティファクトを実行し、TELEMETRY_ENABLED=0 を追加します。たとえば、次のコマンドは、Orchestrator を独自の場所にサイレントにインストールし、指定した SQL 資格情報を使って SQL データベースに接続し、使用状況データをオプトアウトします。
    UiPathOrchestrator.msi ADDLOCAL=OrchestratorFeature ORCHESTRATORFOLDER=C:\UiPathOrchestrator APPPOOL_IDENTITY_TYPE=USER APPPOOL_USER_NAME=serviceAccount APPPOOL_PASSWORD=1234qwer DB_SERVER_NAME=.\sqlexpress DB_DATABASE_NAME=UiPath DB_AUTHENTICATION_MODE=SQL DB_USER_NAME=SQLUSER DB_PASSWORD=SQLUSERPASSWORD TELEMETRY_ENABLED=0 /Q

📘

注:

Orchestrator インスタンスの更新時にも、TELEMETRY_ENABLED パラメーターを追加できます。更新時にこのパラメーターを設定しないと、以前の値が保存されます。

このキーが Orchestrator の以前のバージョンには存在せず、更新時に TELEMETRY_ENABLED パラメーターを入力しなかった場合は、自動的に Telemetry.Enabledtrue に設定されます。

UiPathOrchestrator.msi で使用可能なすべてのコマンドラインパラメーターに関する情報を表示するには、このページを参照してください。

Web.config ファイルの変更

Orchestrator 2019 FastTrack を既にインストールしている場合でも、次の手順を行うことにより、使用状況データの送信をオプトアウトできます。

  1. web.config ファイルの場所に移動します。既定では、このパスは C:\Program Files (x86)\UiPath\Orchestrator です。
  2. Notepad++ などのテキストエディターでこのファイルを開きます。
  3. appSettingsAnalytics セクションで、Telemetry.Enabled パラメーターを false に変更します。
  4. 変更を保存します。Orchestrator インスタンスは、UiPath への使用状況データの送信を停止します。

すべての web.config パラメーターの詳細については、専用ページを参照してください。

11 か月前に更新


テレメトリのオプトアウト (Opting Out of Telemetry)


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。