通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

クラシック フォルダーからモダン フォルダーへの移行

To take advantage of the features provided by modern folders, you must recompile existing workflows that are using Orchestrator activities or are making direct HTTP calls to the Orchestrator API, using UiPath.System.Activities v19.10.1 or higher. You must also reprovision all other existing entities in a modern folder structure except for:

  • ロボット - 新しいモダン フォルダーへのアクセス権のあるユーザー向けに自動的にプロビジョニングされるため。
  • ロボット グループ - モダン フォルダーのコンテキストでは使用されないため。

See here to learn more about modern folders' additional features.

🚧

重要

既存のエンティティをモダン モデルにアップグレードすると、すべての後方互換性がなくなります。再コンパイルされたワークフローは、2019.10 以降の Robot でのみ実行可能です。

モダン フォルダーへの移行


モダン フォルダーを使用するために、現在のデプロイのすべてまたは一部を変換する場合、再デプロイが必要なエンティティもあれば、完全に再作成する必要があるエンティティもあります。

移行プロセスの全体的な概要は次のとおりです。

  • 以前の各組織単位、または組織単位が使用されていない場合はテナントが、第 1 レベルのフォルダーになります。これは Orchestrator インスタンスをアップグレードすると自動的に行われます。
  • 各ロボット グループは個別のサブフォルダーになります。または、各ロボット グループのユーザーとプロセスを完全に分離したい場合は、独自の第 1 レベル フォルダーになります。
  • 各パッケージのワークフローは、現在のアクティビティを使用して再コンパイルしてから、Orchestrator に再パブリッシュまたはアップロードする必要があります。
  • 新しくコンパイルされたパッケージを使用して、各プロセスを以前のロボット グループに対応するフォルダー (またはサブフォルダー) に再デプロイする必要があります。
  • 各ユーザーは、アクセスする必要のあるプロセスに対応するフォルダーに追加する必要があります。

This migration can be performed seamlessly for the User. The Orchestrator administrator creates and adds the entire modern folder structure and needed entities while the users still utilize the existing entities in the classic folders where they are assigned. During this time, you can create two robots with the same domain\username, one in a classic folder and one in a modern folder, and the user sees and executes only the classic processes available to them. When the classic robot is deleted, the modern robot takes over and executes the newly created and added modern versions of those same processes, with no change in the user's experience.

📘

重要

If a classic robot exists with the same domain/username as a user in a modern folder, the user will only have access to the classic robot and related processes. In order for the attended robot to work in a modern context, the classic floating robot has to be deactivated. After the migration is successfully tested and vetted, the classic robot can safely be deleted.

Orchestrator Manager によるアシスト付きの移行

To simplify the process of migrating to modern folders, you can use the UiPath Orchestration Manager. This is a Studio project that uses the Orchestrator API to manipulate entities based on Microsoft Excel workbooks. For instructions on how to use it for migration, see the product's documentation.

6 か月前に更新


クラシック フォルダーからモダン フォルダーへの移行


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。