Test Suite
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Test Suite ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年7月15日

AI を活用した評価

このページでは、Test Manager で要件を評価するためのガイドラインを示します。

追加の指示

このセクションでは、AutopilotTM に追加できる指示の例を示します。

多面的な監査

以下に示した、Autopilot でさまざまな観点から要件を分析するためのガイドラインを確認してください。

多様な視点から検討された改善提案の上位 10 件を生成してください。

  • ユーザー フロー: ユーザー フローとアプリケーション ロジックに関する詳細情報を確認します。
  • 一貫性: 論理的に一貫性があって矛盾がないかどうかを調べます。
  • 関連性: 要件でユーザーのニーズが明確に強調されているかどうかを確認します。
  • 理論的根拠: なぜそれが必要なのか、それによってどのような問題が解決されるのかを説明しているかどうかを確認します。
  • 明確さ: 要件の説明が正確かつ明確であるかどうかを確認します。
  • 基準: 受け入れ基準が測定および達成可能かどうかを確認します。
  • 完全性: すべての重要な機能が含まれているかどうかを確認します。
  • 前提条件: 必要な前提条件または条件が欠落していることを実装前に指摘します。
  • セキュリティ: 要件がセキュリティとプライバシーの懸念事項に適切に対処できているかどうかを確認します。
  • コンプライアンス: 潜在的な法律および規制コンプライアンスの問題を確認します。
  • 倫理:要件が公正かつ責任ある行動を促すものかどうかを確認します。
  • 用語: 明確かつ包括的な、誰でも理解できる言葉が使用されているかどうかを確認します。
  • パフォーマンス: パフォーマンス指標とベンチマークが明確であるかどうかを確認します。

セキュリティ評価

要件のセキュリティ関連の側面を分析するために Autopilot への指示に含めることができるガイドラインのリストは、以下のとおりです。

以下のセキュリティ面のみに焦点を当てた改善提案の上位 10 件を生成してください。

  • アクセス: 誰がどのような条件でアプリケーションにアクセスできるかが明確になっているかどうかを確認。
  • 保護: 暗号化、匿名化、セキュリティで保護されたストレージ対策が定義されているかどうかを確認。
  • 認証: ID 検証とアクセス許可制御が含まれているかどうかを確認。
  • 脆弱性: 既知の脆弱性への対策が講じられているかどうかを確認。
  • 送信: 暗号化されたデータ送信が義務付けられているかどうかを確認。
  • ログ記録: 詳細なログ記録と監視のプロビジョニングが含まれているかどうかを確認。
  • コンプライアンス: 関連するセキュリティ標準への準拠が保証されているかどうかを確認。
  • エラー: セキュリティで保護されたエラー処理方法が指定されているかどうかを確認。
  • 対応: セキュリティインシデントに対応するためのプロトコルが存在するかどうかを確認。

業績評価

要件のパフォーマンス関連の側面を分析するために Autopilot への指示に含めることができるガイドラインのリストは、以下のとおりです。

パフォーマンスのみに焦点を当てた改善提案の上位 10 件を生成してください。

  • 時間: さまざまな負荷条件下での具体的な応答時間が詳述されているかどうかを確認。
  • スループット: 予想されるスループット レートが明確に指定されているかどうかを確認。
  • スケーラビリティ: 負荷が増加した場合のスケーラビリティに要件が対処できているどうかを確認。
  • リソースの使用状況: CPU、メモリ、およびストレージ使用量の制限が定義されているかどうかを確認。
  • 効率性: 要件がリソースの効率的な使用を促進しているかどうかを確認。
  • 負荷処理: ピーク負荷条件への対処方法が含まれているかどうかを確認。
  • 同時実行: 同時接続ユーザー シナリオでの動作が指定されているかどうかを確認。
  • 遅延: 許容可能な最大遅延の数値が明確に記載されているかどうかを確認。
  • 安定性: ストレス条件下での安定性に対処しているかどうかを確認。
  • 容量: 最大システム容量の制限が指定されているかどうかを確認。

サポート ドキュメント

このセクションでは、AutopilotTM に提供可能なさまざまな種類のサポート ドキュメントを示します。これらのドキュメントは、Test Manager での要件の説明に対する追加情報として使用してください。これらのドキュメントは要件の説明を補完するものであるため、Autopilot は品質を向上させるための提案も提供します。基本的に、要件の定義は、要件の説明と関連するすべてのサポート ドキュメントの両方に基づいて作成されます。

セキュリティのガイドライン

セキュリティ ガイドライン、ポリシー ドキュメント、またはセキュリティ監査の結果を提供することを検討してください。Autopilot はこれらのドキュメントを確認し、ドキュメント間での、またはこれらのドキュメントと要件の説明で概説されているセキュリティ関連事項との不整合や不一致をチェックして、セキュリティ基準が包括的かつ正確に表現されていることを確認します。

アクセシビリティのガイドライン

アクセシビリティのガイドライン、監査レポート、またはユーザー アクセシビリティの仕様を提供することを検討してください。Autopilot は、これらのサポート ドキュメントを評価して、要件の説明に記載されているアクセシビリティ基準との整合性をクロスチェックします。この評価は、ガイドラインが要件に効果的に統合されていて、矛盾がないことを確認するのに役立ちます。

コンプライアンス チェックリスト

業界に関連するコンプライアンス チェックリスト、規制の概要、またはコンプライアンス要件を提供することを検討してください。Autopilot は、これらのチェックリストを評価して、要件の説明に記載されているコンプライアンス基準と一致していることを確認します。これは、規制遵守における潜在的な不整合やギャップを特定するのに役立ちます。

機能制限

このセクションでは、AutopilotTM の現在の制限事項の概要を説明します。

サポートされているファイルの種類

次のファイル拡張子のみをアップロードでき、そこから Autopilot はテキスト コンテンツのみを処理します。

  • DOCX
  • XLSX
  • TXT
  • PNG
  • JPG
  • PDF
  • BPMN
注: Autopilot ファイル内のテキスト コンテンツのみが処理されます。 ファイル内の画像は処理されません。

入力トークンの容量

Autopilot の入力トークン容量は 128,000 トークンで、これは約 96,000 語、つまり 512,000 文字に相当します。

要件の説明とサポート ドキュメントがこれらの制限を超えないようにしてください。

ヒント: これまでの経験から、100 トークンはおよそ約 75 語、すなわち 400 文字に変換されます。

ドキュメントのおおよそのトークン数を確認するには、ドキュメントを TXT ファイルとして開き、その内容を Open AI トークナイザー ツール にコピーします。 指定されたトークン数は概算です。 実際のトークン数はもっと多くなる可能性があります。

提案の生成

Autopilot は、一度に最大 50 個の提案を生成できます。提案の件数を指定しない場合、上位 15 件の提案が生成されます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.