Test Suite
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Test Suite ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年7月15日

AI を活用したオートメーション

この章では、デスクトップ版の Studio でのテスト オートメーションに AutopilotTM を効果的に使用するためのガイドラインを示します。Autopilot for Testers は、テスト オートメーション エンジニアを以下のようにサポートします。
  • 手動テスト用のテスト ケースをオートメーションに変換する
  • テキストをコードに変換する
  • 合成テスト データを生成する

手動テスト用のテスト ケースをオートメーションに変換する

Studio を Test Manager にリンクすると、デスクトップ版の Studio の [テスト エクスプローラー] に Test Manager プロジェクト内のすべてのテスト ケースが表示されます。このパネルには、自動テストと手動テストの両方が表示されます。Autopilot を使用して、手動テストを自動テストに変換できます。

手動テストをコード化されたテスト ケースに変換する方法については、「手動テストをコード化されたテスト ケースに変換する」をご覧ください。

1. 一貫性のあるオブジェクト リポジトリを準備する

Autopilot は、UI オートメーション機能を使用して、手動テスト ステップを自動テスト ステップに変換します。テスト対象の UI 要素を参照するにあたり、Autopilot には各要素へのオブジェクト リポジトリの参照が必要です。手動テスト ステップでもオブジェクト リポジトリ内のコントロール名と同じコントロール名を使用するようにして、一貫性のある命名規則に従うことが重要です。

たとえば、「[ローン申請書を提出] をクリックする」という手動テスト ステップについて考えてみましょう。この場合、Autopilot は [クリック] アクティビティを生成し、[ローン申請書を提出] という名前のオブジェクト リポジトリ要素の要素の検索を試みます。手動ステップ内のコントロール名に一貫性を持たせると、オートメーション変換プロセスがよりスムーズになります。

2. 一般的なアクティビティ名を使用する

一般的な手動テスト ステップは、「[メール アドレス] フィールドに「john.doe@gmail.com」と入力する」のように記述されています。このステップには、自動化に使用される以下の情報が含まれています。

  • 操作: [文字を入力] アクティビティとして認識される入力操作
  • データ: john.doe@gmail.com
  • ターゲット: 対応するオブジェクト リポジトリの要素として認識される「メール」

手動ステップで使用する動詞を表で確認してください。これらの動詞は、デスクトップ版の Studio 内で適切なアクティビティ/API に変換されます。

手動テスト ステップUiPath のアクティビティUiPath API
[マイ ボタン] をクリックするクリッククリック
[マイ テキストフィールド] に「ハロー・ワールド」と入力する文字を入力文字を入力
[マイ ラベル] のテキストを取得するテキストを取得GetText
[マイ チェックボックス] のチェックをオンにするチェックチェック
[ローン期間] で「3 年」の項目を選択する項目を選択項目を選択

3. フォーム入力を自動化する

データ入力が必要なフォームが画面に表示されている場合は、「Fill Form (フォームに入力)」というキーワードを使用して、Autopilot に自動化するように指示できます。

注: この機能は、コード化されたテスト ケースを生成する場合にのみ使用できます。

たとえば、手動テスト ステップ「Fill the form on the screen named 'myFormScreen' with the following values: Email: 'john@doe.com', Loan Amount: '10000', Loan Term: '3'" ([myFormScreen] という名前の画面上のフォームに次の値を入力: メール アドレス: john@doe.com、ローン金額: 10000、ローン期間: 3)」について考えてみます。Autopilot は、コード化されたオートメーション内で「Fill form (フォームを入力)」コマンドを実行し、指定したフォーム内で識別されたすべてのユーザー コントロールに値を入力します。

テキストをコードに変換する

コード化されたオートメーション内のコンテキスト メニューから [コードを生成] アクションを利用して、入力したプロンプトをコードに変換できます。AutopilotTM は、さまざまな指示を理解して以下のことを実行できます。
  • 任意の C# コードを生成する
  • 既存のコードをリファクタリングする
  • UiPath® のオートメーションを生成する

コードの生成に使用できるさまざまな方法については、「コードを生成する」をご覧ください。

プロンプトの例

  • 以下のメソッドをリファクタリングして、パフォーマンスを上げてください。
  • 入力パラメーター「string1」および「string2」を使用して、2 つの文字列の類似性を比較するメソッドを作成してください。
  • 「製品」をクリックしてください。
  • Orchestrator でジョブ「myDemoJob」を実行してください。

合成テスト データを生成する

テスト データの管理には、テスト作業の最大 50% が費やされる可能性があります。AutopilotTM では、テスト ケースの合成テスト データが自動生成されるので、そうした無駄な時間を節約することができます。

1. データ フィールドの引数を作成する

合成テスト データを生成する際は、Autopilot ではワークフロー内の既存の引数と、プロンプトで指定された追加の指示が考慮されます。この情報に基づき、テスト ケース内で高いカバレッジを実現するテスト データの生成が試みられます。

意図したとおりのテスト データのセットを生成するには、ローカル変数や特定の文字列値のみではなく、可能な限り引数を使用することをお勧めします。引数を使用することで、Autopilot はワークフローの動的要件により近いテスト データを生成できます。

2. 希望のデータの組み合わせ方法について指示する

既定では、Autopilot は約 10 件のデータ レコードを生成し、テスト ケース内でコードまたはアクティビティの高いカバレッジを実現することを目指します。ただし、テスト方法で「ペアワイズ」や「すべての組み合わせ」などの特定のアルゴリズムが必要な場合は、プロンプトにこの指示を含めます。

たとえば、「すべての引数に対してテスト データを生成し、データ フィールドをペアワイズで結合してください。」というプロンプトを記述します。

3. プロンプト (指示文) を使用してデータ セットをカスタマイズする

他のさまざまなタスク (特定の数のデータ レコードの生成、データ フィールドの追加など) を実行するよう Autopilot に指示することもできます。

プロンプトの例は以下のとおりです。

  • 最低 25 件のデータ レコードを生成してください。
  • データセットに「Country」フィールドを含め、各レコードに個別の国の値を割り当ててください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.