通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Robot をインストールする

前提条件

Before you proceed with installing the Robot, we highly recommend checking out the compatibility matrix, as well as the Hardware and Software requirements.

Unattended ロボットをインストールするには、ロボットを実行するユーザーに対して次の設定が必要です。

  • [コンピューターの管理] 内で、Remote Desktop Users ローカル グループに追加されている。

📘

重要

あらかじめユーザーを Remote Desktop Users グループに追加しているため、このグループを前述のすべてのポリシーに追加することも可能です。

📘

注:

Studio と Robot では、使用状況データの収集機能が既定で有効化されています。詳しくは「テレメトリをオプトアウトする」をご覧ください。

GUI でのインストール

UiPath.Studio.msi インストーラーでは、Studio、StudioX、Robot、Assistant をインストールできます。組織で UiPath Platform を購入した場合、または UiPath Platform の無料トライアルの一部としてインストールする場合は、Enterprise Edition のインストーラーを使用します。コミュニティ向けの Automation Cloud のユーザーの場合は、Community Edition のインストーラーを使用します。

The installer can be downloaded from the Resource Center in UiPath Automation Cloud or provided by your customer success manager or the support team. To request a trial, go to https://cloud.uipath.com/portal_/register.

既定では、64 ビット バージョンのインストーラーを利用できます (UiPathStudio.msi)。インストーラーは 1 つですが、ファイル名はデプロイやライセンスの種類によって異なります。

  • Enterprise Edition の場合、インストーラーの名前は以下のようになります。
    • UiPathStudio.msi - オンプレミスの UiPath Platform の購入後に取得した場合。
    • UiPathStudioCloud.msi - UiPath Automation Cloud の購入後に取得した場合。
    • UiPathStudioOnPremTrial.msi - オンプレミスの UiPath Platform の無料トライアルの一部として取得した場合。
    • UiPathStudioCloudTrial.msi - UiPath Automation Cloud の無料トライアルの一部として取得した場合。
  • Community Edition の場合、インストーラーの名前は UiPath.StudioCommunity.msi になります。

Enterprise Edition では、32 ビットのオペレーティング システムにのみインストール可能な 32 ビット バージョンも利用できます (-x86 がファイル名に付加されています)。

インストーラーを実行して旧バージョンを更新する場合

  • 64 ビット オペレーティング システム上にインストールされた既存の 32 ビットおよび 64 ビット バージョンの Studio を更新するには、64 ビット バージョンのインストーラー (UiPathStudio.msi) を使用します。
  • 32 ビット オペレーティング システム上にある既存のインストールを更新するには、32 ビット バージョンのインストーラー (UiPathStudio-x86.msi) を使用します。
    For more information, see Updating the Robot.

クイック インストールとカスタム インストールについて

You can perform the installation for the current user in a default configuration by selecting the Quick option in the installation wizard (no administrator privileges required) or configure the installation by selecting the Custom option (requires administrator privileges).

📘

注:

If you are using Microsoft Windows Server, per-user installations may not be completed successfully. If an error occurs stating that policies have been set to prevent the installation, you can do one of the following if you are an administrator on the machine:

  • レジストリ エディターを開き、レジストリ キー HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\Installer でポリシー DisableMSI = 0 を設定して、すべてのアプリケーションで Windows インストーラーを有効化します。
  • [カスタム] オプションを使用したインストールによって、マシン単位のインストールを実行します。

クイック インストールとカスタム インストールの相違点について詳しくは、次の表をご覧ください。

Quick

Custom

Supported robot installation types

User mode

  • User mode for per-user installations.
  • User mode or service mode for per-machine installations 1

Administrator privileges required for the installation

No

Yes

Installation available for

User who performs the installation

User who performs the installation or all users on the machine

Installation directory

%LocalAppData%\Programs

A custom location can be selected. The default location is:

  • %LocalAppData%\Programs for per-user installations.
  • %ProgramFiles% for per-machine installations.

Activation with Community license

Supported

Supported

Activation with Enterprise license

Supported

Supported

Administrator privileges required
for connecting to Orchestrator

No

Required only for the service-mode robot

Connection to Orchestrator using interactive sign-in

Supported

Supported 2

Connection to Orchestrator using the machine key

Supported

Supported

Unattended execution without user login

Not supported

Supported only for the service-mode robot

1 - Unattended ロボット のカスタム インストールでは、ユーザー モードは利用できません。
2 - サービス モードの Robot の場合は、最初にマシン キーを使用して Orchestrator に接続し、次に対話型サインインを使用して Orchestrator に接続するユーザーを変更する必要があります。

インストールを実行する

  1. インストーラーをダブルクリックして、インストール ウィザードを起動します。
  1. ライセンス契約を読み、同意します。ライセンス契約の条件に同意することにより、UiPath アクティビティ パッケージとその依存関係の利用規約に暗黙的に同意する、という点にご注意ください。

  2. 実行するインストールの種類を選択します。

    • クイック - 以下を含む既定の設定で Studio をインストールします。

      • Studio、StudioX、Assistant
      • ユーザー モードの Robot
      • StudioX Excel アドイン (マシンに Microsoft Excel がインストールされている場合)
      • Chrome 拡張機能 (マシンに Google Chrome がインストールされている場合)
      • Edge Chromium 拡張機能 (マシンに Microsoft Edge Chromium がインストールされている場合)
      • JavaScript Robot アドオン
      • Microsoft リモート デスクトップ拡張機能

      Studio をすぐに起動して実行できるように、インストール パス (%localappdata%\Programs\UiPath) と他のすべての詳細オプションが既に設定されています。この設定に管理者権限は必要ありません。Studio はユーザー単位でインストールされ、ユーザーが持つ権限の範囲内で実行されます。
      Select this option and click Install to proceed to step 8, with no additional configuration required. This is the recommended option for Community users.

    • カスタム - インストールするコンポーネントを選択し、インストールの詳細を設定します。
      Select this option and click Configure to proceed to step 4. This is the recommended option for advanced and Enterprise users.

  3. If you opted for a custom installation, select the install mode, and then select Choose Packages to continue.

    • Install for me only - Install in the user profile folder, no administrator privileges required.
    • Install for all users on this computer - Install for all users, get access to more integrations and unattended automation, requires administrator privileges.
  1. Select an installation package:
    • Automation Developer - オートメーションを作成・実行するために UiPath Studio、Assistant、Robot をインストールします。既定では、次のコンポーネントとオプションが選択されます。
      • Studio、StudioX、Assistant
      • ユーザー モードの Robot
      • StudioX Excel アドイン (マシンに Microsoft Excel がインストールされている場合)
      • Chrome 拡張機能 (マシンに Google Chrome がインストールされている場合)
      • Edge Chromium 拡張機能 (マシンに Microsoft Edge Chromium がインストールされている場合)
      • JavaScript Robot アドオン
    • Attended ロボット - 有人オートメーションを実行するために UiPath Assistant と Robot をインストールします。既定では、次のコンポーネントとオプションが選択されます。
      • Assistant
      • ユーザー モードの Robot
      • Windows ログイン時に Assistant を自動的に開始
      • Chrome 拡張機能 (マシンに Google Chrome がインストールされている場合)
      • Edge Chromium 拡張機能 (マシンに Microsoft Edge Chromium がインストールされている場合)
      • JavaScript Robot アドオン
    • Unattended Robot - Installs UiPath Robot for running unattended automations (via Orchestrator) and UiPath Assistant for troubleshooting. This option is available only if you selected to install for all the users on the machine.
      The following components and options are selected by default:
      • Assistant
      • サービス モードの Robot
      • Chrome 拡張機能 (マシンに Google Chrome がインストールされている場合)
      • Edge Chromium 拡張機能 (マシンに Microsoft Edge Chromium がインストールされている場合)
  1. To install the selected option using the default configuration, select Install and proceed to step 8. To customize the installation, select Advanced Settings next to the option you selected and proceed to step 7.
  2. インストールをカスタマイズする場合は、以下の詳細設定を行った後で [インストール] をクリックします。
    • [インストール パッケージ] タブ:
      • Installation Path - Select the folder where to install UiPath. The default location is %LocalAppData%\Programs when installing for the current user and %ProgramFiles% when installing for all users on the machine.
      • License Code - Optionally, enter your stand-alone trial or enterprise license key, if available. If you are installing as part of a trial of the on-premises UiPath Platform and do not enter a license code, you are prompted to provide it when you launch Studio for the first time. This option is available only when installing for all users on the machine.
      • Robot Installation Type - Select the Robot installation type: Service Mode (the recommended option for running unattended automations) or User Mode (the recommended option for creating and testing automations, and running attended automations). For more details, see Robot types in the Robot guide. This option is available for the Automation Developer and Attended Robot packages when installing for all users on the machine.
        :information-source: 注: 対話型サインインを有効化するには、Robot をユーザー モードでインストールしてください。Robot をサービス モードでインストールすると、マシン キーを使用して Orchestrator に接続できます。
      • Orchestrator サービス URL - ユーザーが対話型サインインを使用して接続する Orchestrator インスタンスの URL を定義できます。指定した URL は uipath.config ファイルに保存されます。このオプションは、インストールの種類としてユーザー モードが選択した場合にのみ使用できます。
      • Automatically Start Assistant with Windows - Launch the Assistant at Windows startup. This option is available for the Automation Developer and Attended Robot packages when installing for all users on the machine.
    • [拡張機能] タブ:
      • Select which extensions and add-ons you want to install: Excel Add-in, extension for Java, extension for Chrome, extension for Edge Chromium, extension for Firefox, JavaScript Robot Add-on, extension for Citrix, extension for VMware, extension for Microsoft Remote Desktop, or SAP Solution Manager plugin.
        If Chrome or Edge Chromium is installed on your machine, the corresponding extension is selected by default.
        The JavaScript Robot Add-on is available when installing for all users on the machine and selected by default for the Automation Developer and Attended Robot packages .
        The SAP Solution Manager is available only when installing for all users on the machine if the SAP Connector for Microsoft is installed on your machine. If you select this option, enter the hostname or IP address for your SAP Solution Manager instance in the Host box.
        The Excel Add-in is available only for the Automation Developer package and selected by default if Excel is installed on your machine.
        The extensions for Java, Citrix, and VMWare are available only when installing for all users on the machine.
      • Default download location - Enter a custom download location for activities packages. By default, these are saved to %userprofile%\.nuget\packages. This option is available only when installing for all users on the machine.
      • オンライン フィードを無効化 - アクティビティ パッケージのオフィシャル オンライン フィードおよび Marketplace オンライン フィードを無効化するかどうかを選択します。このオプションは既定では選択されていません。オフライン環境で作業している場合にお勧めします。
    • [セキュリティ] タブ:
      • 署名済みパッケージのみ実行 - 署名済みパッケージのみを実行するよう Robot に要求します。このオプションは既定で選択されていません。
      • セキュリティで保護された XAML を無効化 - Windows サービスとしてインストールされた Robot に対して XAML ファイルのセキュリティを無効化します。セキュリティ保護されていない XAML ファイルを使用すると、ユーザーはプロセス ファイルとロジックを読み取って変更できます。このオプションは既定で選択されていません。
      • テレメトリを無効化 - Studio と Robot における匿名の使用状況データの収集機能を無効化します。このオプションは既定で選択されていません。
  3. After clicking Install, wait for the installation to complete, and then click Launch UiPath Assistant.

コマンド ラインを使ったインストール

Studio and Robot can also be installed using command line arguments. Administrator rights are required for command line installation.

11 日前に更新


Robot をインストールする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。