通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: Word の操作の自動化

このチュートリアルでは、チームの各メンバーに対する個人別実績レビューを Word 文書として生成する自動化プロジェクトを作成します。この Word 文書は、テンプレートの Word ファイルと、複数の Excel およびテキスト ファイルから収集したデータに基づいて生成します。テンプレート ファイルには Word アクティビティを使用して値を入力することのできる、プレースホルダーのテキストとブックマークが設定されています。データのコピー元となる Excel とテキスト ファイルの名前は、従業員名を含む特定のパターンに従っているものとします。

[Excel ファイルを使用] アクティビティを自動化プロジェクトに追加して、追加する従業員情報が記載された Excel ファイルを指定することから始めます。その中に、従業員データが含まれる行を反復処理するために [繰り返し (Excel の各行)] アクティビティを追加します。[繰り返し (Excel の各行)] 内で、[Word ファイルを使用] アクティビティでテンプレート ドキュメントを自動化プロジェクトに追加し、[テキストを置換][ブックマークのコンテンツを設定][ドキュメントにデータテーブルを挿入] の一連のアクティビティで、Excel ファイルとテキスト ファイルから Word ファイルに各従業員に必要な情報を入力します。最後に、テンプレート ドキュメントを従業員ごとに別のファイルとして保存するために、[名前を付けて Word ファイルを保存] アクティビティを追加します。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルを取得します。

  1. 既定の設定を使用して新しい空のプロジェクトを作成します
  2. このチュートリアルでは、このページ下部にあるボタンを使用して、自動化プロジェクトを収めたアーカイブをダウンロードして展開します。プロジェクト フォルダーに Files フォルダーをコピーします。
  3. プロジェクト フォルダーに Output という名前のフォルダーを作成します。

ステップ 2: 従業員データを含む Excel ファイルをプロジェクトに追加し、ファイル内の行を反復処理します。

  1. StudioX のデザイナー パネルで [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [Excel ファイルを使用] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。

  2. アクティビティで次の操作を行います。

    • [Excel ファイル] フィールドの横にある [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、Files フォルダーを参照して Employees.xlsx を選択します。
    • [参照名を指定] フィールドに「EmployeeData」と入力します。
      これで、この自動化ワークフローでは名前を EmployeeData としたファイル Employees.xlsx を操作対象として指定したことになります。
  3. [Excel ファイルを使用] 内で [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [繰り返し (Excel の各行)] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティが、デザイナー パネルの [Excel ファイルを使用] アクティビティに追加されます。

  4. [繰り返し (Excel の各行)] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [繰り返し] テキスト ボックスの CurrentRowEmployee に置換します。
    • Click Plus plus buttonplus button on the right side of the In range field, and then select EmployeeData > Sheet1 [Sheet].

    これで、Employees スプレッドシートの Sheet1 の行に対して反復処理を実行するように指定したことになります。各行には 1 名の従業員に関する情報が含まれているため、反復処理の現在の行の名前を Employee に変更しました。これは、自動化プロジェクトで行に含まれる情報を識別しやすくするためです。

ステップ 3: テンプレートの Word ファイルを自動化プロジェクトに追加します。

  1. [繰り返し (Excel の各行)] 内で [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [Word ファイルを使用] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. [Word ファイルを使用] アクティビティで、次の操作を行います。
    • [Word ファイル] フィールドの横にある [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、Files フォルダーを参照して PerformanceReviewDoc_template.docx ファイルを選択します。
    • [自動保存] のチェック ボックスをオフにします。これにより、各従業員のデータが追加された状態でテンプレート ファイルが保存されてしまうのを確実に避けることができます。
      ここでは、PerformanceReviewDoc_template.docx というファイルを使用して作業するように指定しました。

ステップ 4: 従業員データを含む Excel ファイルから Word ファイルに情報を追加します。

  1. [Word ファイルを使用] 内で [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [テキストを置換] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。

  2. [テキストを置換] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [次を検索] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。テキスト ビルダーに「<<FullName>>」と入力します。
    • [次で置換] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Employee] > [Full Name] を選択します。

    ここでは、Word ファイル内のプレースホルダー テキスト <<FullName>> を、Excel ファイル Employees (従業員) の Full Name (フル ネーム) 列のセルからコピーした各従業員のフル ネームで置き換えるように指定しました。

  3. [テキストを置換] アクティビティの下の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [ブックマークのコンテンツを設定] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。

  4. [ブックマークのコンテンツを設定] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [ブックマーク名] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。テキスト ビルダーに「DirectManager」と入力します。
    • [ブックマーク テキスト] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Employee] > [Direct Manager] を選択します。

    ここでは、各従業員について、Excel ファイル Employees (従業員) の Direct Manager (課長) 列のセルの内容をコピーし、Word ファイルのブックマーク DirectManager (課長) の場所に貼り付けることで、Word ファイルに直属の上司の名前を追加するように指定しました。

  5. ステップ 3 ~ 4 を 3 回繰り返し、各従業員の Full Name (フル ネーム)、Location (勤務地)、Title (役職) を Word ファイルに追加する [ブックマークのコンテンツを設定] アクティビティを追加します。各アクティビティを次のように設定します。

    • [ブックマーク名] FullName、[ブックマーク テキスト] Employee > Full Name
    • [ブックマーク名] Location、[ブックマーク テキスト] Employee > Location
    • [ブックマーク名] PositionTitle、[ブックマーク テキスト] Employee > Position Title

ステップ 5: プロジェクトに関するデータを含む Excel ファイルから Word ファイルに情報を追加します。

  1. 最後の [ブックマークのコンテンツを設定] アクティビティの下の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [Excel ファイルを使用] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
    2 [Excel ファイルを使用] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [Excel ファイル] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。
      テキスト ビルダーで次の操作を行います。
      a. 「Files\」と入力します。
      b. テキスト ビルダーの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Employee] > [Full Name] を選択します。
      c. 「_Projects.xlsx」と入力します。
      テキストは「Files\[Employee]FullName_Projects.xlsx」のようになります。
      d. テキスト ビルダーで [保存] をクリックします。
    • [テンプレート ファイル] を選択して [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、Files フォルダーを参照して、_Projects.xlsx で終わる名前の Excel ファイルのいずれかを選択します。たとえば、Albert Kipling_Projects.xlsx です。

    ここでは、従業員ごとにプロジェクトの Excel ファイルを自動化プロジェクトに追加するように指定しました。Excel ファイルの選択では動的なファイル パスを使用し、プロジェクト ファイルを使用するアクティビティでデータを選択できるように、ファイルの 1 つをテンプレート ファイルとして指定しました。

  2. 新しく追加した [Excel ファイルを使用] アクティビティ内の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [ドキュメントにデータテーブルを挿入] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。

  3. [ドキュメントにデータテーブルを挿入] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [挿入するテーブル] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Projects] > [Sheet1 [シート]] > [Table1 [テーブル]] を選択します。
    • [相対的に挿入] ドロップダウン メニューから [ブックマーク] を選択します。
    • [検索するブックマーク] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。テキスト ビルダーに「Projects」と入力します。
    • [挿入位置] ドロップダウン メニューから [後] を選択します。

    これで、各従業員について、Projects Excel ファイルから Table1 をコピーし、Word ファイルの Projects という名前のブックマークの後に貼り付けるように指定したことになります。

ステップ 6: 上司からのフィードバックを含むテキスト ファイルから Word ファイルに情報を追加し、従業員ごとに別のファイルに保存します。

  1. 新しく追加した [Excel ファイルを使用] アクティビティの下の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [テキストをファイルから読み込み] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。

  2. [テキストをファイルから読み込み] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [ファイル名] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。
      テキスト ビルダーで次の操作を行います。
      a. 「Files\」と入力します。
      b. テキスト ビルダーの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Employee] > [Full Name] を選択します。
      c. 「_ManagerFeedback.txt」と入力します。
      テキストは「Files\[Employee]FullName_ManagerFeedback.txt」のようになります。
      d. テキスト ビルダーで [保存] をクリックします。
    • [プロパティ] パネルで [コンテンツ] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[後で使用するために保存] を選択します。名前として「ManagerFeedback」を入力し、 [OK] をクリックします。

    ここでは、各従業員について、ファイル名に従業員名を含むテキスト ファイルから上司のフィードバックをコピーし、後から自動化プロジェクトで使用するために保存するように指定しました。

  3. [テキストをファイルから読み込み] アクティビティの下の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [ブックマークのコンテンツを設定] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。

  4. [ブックマークのコンテンツを設定] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [ブックマーク名] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。テキスト ビルダーに「DirectManagerFeedback」と入力します。
    • [ブックマーク テキスト] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[保存された値を使用] > [ManagerFeedback] を選択します。

    ここでは、各従業員について、後で使用するために [テキストをファイルから読み込み] アクティビティで保存しておいた上司のフィードバックをコピーし、Word ファイルのブックマーク DirectManagerFeedback の場所に貼り付けるように指定しました。

  1. [ブックマークのコンテンツを設定] アクティビティの下の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [名前を付けて Word ファイルを保存] アクティビティを検索して、それを選択します。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。

  2. [名前を付けて Word ファイルを保存] アクティビティで、次の操作を行います。

    • [ファイル パス] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。
      テキスト ビルダーで次の操作を行います。
      a. 「Output\」と入力します。
      b. テキスト ビルダーの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Employee] > [Full Name] を選択します。
      c. 「_PerformanceReview.docx」と入力します。
      テキストは「Output\[Employee]FullName_PerformanceReview.docx」のようになります。
      d. テキスト ビルダーで [保存] をクリックします。
    • その他のオプションは、既定の選択のままにします。

    ここでは、各従業員のデータに基づいて変更したテンプレート ファイルを、Output (出力) という名前の新規フォルダーに保存するように指定しました。Excel ファイル Employees (従業員) の Full Name (フル ネーム) 列の値に基づいて、各従業員のフル ネームがファイル名に追加されます。

  3. StudioX のリボンで [保存] をクリックして自動化ワークフローを保存し、[実行] をクリックして自動化ワークフローを実行します。
    自動化ワークフローにより、Outputs フォルダーに各従業員のパフォーマンス レビューが記載された Word 文書が個別に作成されます。この Word 文書には、従業員データとプロジェクト情報を含む Excel ファイルからの情報と、マネージャーからのフィードバックを含むテキスト ファイルからの情報が入力されます。
    サンプルをダウンロード

1 日前に更新


チュートリアル: Word の操作の自動化


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。