通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: ピボット テーブルの作成

このチュートリアルでは、サプライヤーに関するデータが入力された Excel ファイルを使用します。この Excel ファイルに各市区町村にサプライヤーが何社存在し、それらのサプライヤーが各市区町村に何名の従業員を抱えているかを調べます。このタスクを実現するために、ピボット テーブルを作成するオートメーションを構築します。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルを取得

  1. 既定の設定を使用して新しい空のプロジェクトを作成します
  2. このページの一番下にあるボタンをクリックして、このチュートリアルで使用するオートメーション プロジを収めたアーカイブをダウンロードします。そのアーカイブを展開して、ファイル Suppliers.xlsx を自分のプロジェクト フォルダーにコピーします。

ステップ 2: Excel ファイルをプロジェクトに追加

  1. デザイナー パネルで [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [Excel ファイルを使用] アクティビティを検索して、それを選択します。[Excel ファイルを使用] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. アクティビティで次の操作を行います。
    • [Excel ファイル] フィールドの横にある [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、Suppliers.xlsx ファイルを参照して選択します。
    • [参照名を指定] フィールドに「Suppliers」と入力します。
      これで、このオートメーションでは名前を Suppliers としたファイル Suppliers.xlsx を操作対象として指定したことになります。

ステップ 3: [ピボット テーブルを作成] アクティビティを追加して構成

  1. [Excel ファイルを使用] アクティビティで [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部にある検索ボックスで [ピボット テーブルを作成] アクティビティを検索し、ダブルクリックします。このアクティビティが [Excel ファイルを使用] アクティビティに追加されます。
  2. [ピボット テーブルを作成] アクティビティで、以下の手順に従い、参照元とする範囲とピボット テーブルを作成する範囲を定義します。
    a) [元の範囲] フィールドの右側のプラス記号 plus buttonplus button をクリックしてから、[Suppliers] > [Excel 内で示す] を選択します。
    b) Excel ファイルで Input シートのすべての列を選択します。Excel のリボンの [UiPath] タブで [Confirm (確定)] をクリックします。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある列 A ~ L からピボット テーブルを作成するように指定したことになります。[表の範囲] フィールドには、選択した範囲として [Suppliers] Input!A:L が表示されます。
    c) [新しい表の名前] フィールドの右側のプラス記号 plus buttonplus button をクリックして、[テキスト] を選択します。[テキスト ビルダー] ウィンドウにピボット テーブルの名前 (CountByCity など) を入力して [保存] をクリックします。
    d) [対象範囲] フィールドの右側のプラス記号 plus buttonplus button をクリックして、[Suppliers] > [Output [シート]] を選択します。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Output シートにピボット テーブルを作成するように指定したことになります。[対象範囲] フィールドには、選択したシート [Suppliers] Output が表示されます。
  3. [ピボット テーブルを作成] アクティビティで、以下の手順に従い、ピボット テーブルのフィールドを追加します。
    a) [ピボット テーブル フィールドを追加] ボタンをクリックします。つづいて [フィールド] の右側のプラス記号 plus buttonplus button をクリックして [Range] > [City] を選択します。
    b) [ピボット テーブルの種類] ドロップダウン メニューで [Row] を選択します。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある列 City に入力された項目を、ピボット テーブルの行にするように指定したことになります。
    c) [ピボット テーブル フィールドを追加] ボタンを再度クリックして、サプライヤーの数をカウントする 2 番目のフィールドをピボット テーブルに追加します。
    2 番目の [ピボット フィールド][フィールド] の右側のプラス記号 plus buttonplus button をクリックします。つづいて、[Range] > [Internal Name] を選択します。
    d) [ピボット テーブルの種類] ドロップダウン メニューから [Value]、つづいて [関数] ドロップダウン メニューから [Count] をそれぞれ選択します。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある列 Internal Name で特定したサプライヤーをカウントするように指定したことになります。
    e) [ピボット テーブル フィールドを追加] を再度クリックして、従業員数を合計する 3 番目のフィールドをピボット テーブルに追加します。
    3 番目の [ピボット フィールド][フィールド] の右側のプラス記号 plus buttonplus button をクリックします。つづいて、[Range] > [Number of Employees] を選択します。
    f) [ピボット テーブルの種類] ドロップダウン メニューから [Vaue]、つづいて [関数] ドロップダウン メニューから [Sum] をそれぞれ選択します。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある従業員数を合計するように指定したことになります。
    g) ピボット フィールドをより簡単に識別するには、各フィールドの上部のバーで名前を編集します。たとえば、最初のフィールドには Pivot Field City、2 番目のフィールドには Pivot Field Name、3 番目のフィールドには Pivot Field Employees を使用します。
  1. StudioX のリボンで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてオートメーションを実行します。

Suppliers.xlsx ファイルの Output シートにピボット テーブルが作成されます。

サンプルをダウンロード

5 か月前に更新



チュートリアル: ピボット テーブルの作成


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。