通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: CSV から Excel へのコピーと、ファイルのメール送信

このチュートリアルでは、CSV ファイルから既存の Excel ファイルにデータをコピーし、その Excel ファイルをメールに添付して Outlook からメールを送信します。

We will create a project and start by adding a Use Excel File activity to indicate the Excel file where we want to copy the data. Inside this activity, we will add a Read CSV activity to indicate the CSV file to copy from and where in the Excel file to copy to. We'll then add a Use Desktop Outlook App activity to indicate the Outlook account to use and inside it we will add a Send Email activity to send the email.

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルを取得します。

  1. 既定の設定を使用して新しい空のプロジェクトを作成します
  2. この例では、このページ下部にあるボタンを使用して、オートメーション プロジを含むアーカイブをダウンロードして展開し、A.csv ファイルと B.xlsx ファイルをプロジェクト フォルダーにコピーします。

ステップ 2: Excel ファイルをプロジェクトに追加

  1. デザイナー パネルで [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [Excel ファイルを使用] アクティビティを検索して、それを選択します。[Excel ファイルを使用] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. アクティビティで次の操作を行います。
    • [Excel ファイル] フィールドの横にある [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、B.xlsx ファイルを参照して選択します。
    • [参照名を指定] フィールドに「ExcelB」と入力します。
      これで、このオートメーションでは名前を ExcelB としたファイル B.xlsx を操作対象として指定したことになります。

ステップ 3: アクティビティを追加し、CSV ファイルのデータを Excel ファイルにコピーします。

  1. [Excel ファイルを使用] アクティビティ内の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [CSV を読み込み] アクティビティを検索して、それを選択します。このアクティビティが [Excel ファイルを使用] アクティビティに追加されます。
  2. [CSV を読み込み] アクティビティで、以下の手順を実行します。
    • [読み込み元ファイル] フィールドの横の [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、ファイル A.csv を参照して選択します。
    • [出力先] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[ExcelB] > [Excel 内で示す] を選択します。スプレッドシートが Excel で開きます。ファイルに既に存在するデータを保持するため、最初の空白行の最初のセル (セル A7) を選択し、[Confirm (確定)] クリックします。フィールドが選択内容 [ExcelB] Sheet1!A7 で更新されます。
      これで、CSV ファイル A.csv から、ファイル ExcelB の Sheet1 セル A7 を先頭にデータをコピーするよう指定したことになります。

ステップ 4: Outlook アカウントをプロジェクトに追加して、メールを送信します。

  1. [アクティビティ] パネルで [メール] タブを選択し、[デスクトップ版 Outlook アプリを使用] アクティビティをドラッグして [Excel ファイルを使用] アクティビティの下にドロップします。[デスクトップ版 Outlook アプリを使用] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. このアクティビティの [アカウント] フィールドには、あらかじめ既定のメール アカウントが入力されています。別のアカウントを使用する場合は、ドロップダウン メニューから選択します。
    [参照名を指定] フィールドは既定値 Outlook のままとして、オートメーションでアカウントを参照するときは、この名前を使用します。
  3. [アクティビティ] パネルで [メールを送信] アクティビティをドラッグし、[デスクトップ版 Outlook アプリを使用] アクティビティ内にドロップします。
  4. [メールを送信] アクティビティで、以下の手順を実行します。
    • [送信元アカウント] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Outlook] を選択します。
    • [コピー先] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。[テキスト ビルダー] ウィンドウに、メールの宛先とするメール アドレスを入力します。たとえば、自分宛てにメールが送信されるように、自分のアドレスを入力することもできます。[下書き] オプションを選択したままにすると、メールは送信されず Outlook の [下書き] フォルダーに保存されます。
    • [件名] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。[テキスト ビルダー] ウィンドウで、メールの件名 (Updated Excel File など) を入力します。
    • [本文] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。[テキスト ビルダー] ウィンドウに、メールの本文となるテキストを入力します。たとえば、「See attachment」と入力します。
    • [添付ファイル] を指定するには、[ファイル] を選択して、フィールドの横の [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックします。つづいて、ファイル reconcile-[Excel] Date!YYYYMMDD.csv を参照して選択します。
  1. StudioX のリボンで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてオートメーションを実行します。

A.csv のデータが B.xlsx にコピーされ、次にメール メッセージに添付され、[メールを送信] アクティビティに設定されている詳細を使用して送信されます。

サンプルをダウンロード

8 か月前に更新



チュートリアル: CSV から Excel へのコピーと、ファイルのメール送信


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。