通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

Outlook のトラブルシューティング

プログラムがメールにアクセスしようとしているという Microsoft Office の警告が表示される

Outlook のデータを使用するオートメーション プロジェクトを実行すると、プログラムがメール アドレス情報にアクセスしようとしている、またはユーザーに代わってメッセージを送信しようとしていることを警告するメッセージが Microsoft Outlook に頻繁に表示されることがあります。その結果、アクセス許可が毎回求められる可能性があります。

この問題は、ウイルス対策ソフトをインストールしていない場合、または、ウイルス対策ソフトが最新でない場合に発生することがあります。このようなメッセージが表示されないようにするには、次のいずれかを実行します。

  • ウイルス対策ソフトウェアをインストールし、ウイルス対策保護を有効化して、ウイルス対策ソフトウェアを常に最新の状態にします。
  • ウイルス対策ソフトウェアをインストールできない場合や、インストールしていてもメッセージが引き続き表示される場合は、Outlook のプログラムによるアクセスのセキュリティ設定を変更します。
    1. 管理者権限を持つアカウントを使用して Windows にログインします。この設定を変更できるのは管理者のみです。
    2. Outlook を開き、[ファイル][オプション] の順にクリックします。
    3. [Outlook のオプション] ウィンドウで、[セキュリティ センター][セキュリティ センターの設定] の順にクリックします。
    4. [セキュリティ センター] ウィンドウで [プログラムによるアクセス] をクリックし、[不審な動作に関する警告を表示しない (推奨しません)] を選択して警告メッセージを無効化します。
    5. [OK] を 2 回クリックします。

オートメーションでメールボックス内のすべてのメールが処理されない

Outlook のデータを使用するオートメーション プロジェクトを実行する場合、メールボックス内のメールの一部がオートメーションによって処理されないことがあります。

この問題は、次のシナリオで発生します。

  • Outlook 2013 以降と Exchange Server のメールボックスを使用している場合。
  • メール アカウントで Exchange キャッシュ モードの機能を有効化している場合。
  • Exchange キャッシュ モードでは、特定の日付より後のメールのみがダウンロードされるように設定されます。

StudioX が処理できるのは、Outlook のローカル データ ファイル内のメールだけです。例えば、過去 6 か月以内に受信したメールをダウンロードするように Outlook が設定されている場合、6 か月より前のメールはサーバー上にしかありません。

オートメーションで使用できるメールの数を増やすには、古いメールもダウンロードするように、Outlook を設定します。詳しくは、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

2 年前に更新


Outlook のトラブルシューティング


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。