通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

最初のオートメーション プロジェクトを作成する

このチュートリアルでは、StudioX で基本的なタスク オートメーション プロジェクトを作成し、それを各自のマシンで実行する方法について説明します。このオートメーション プロセスは、名前が入力された列を含む Excel ファイルを処理し、https://www.rpasamples.com/unicornname のユニコーン名ジェネレーターを使用して各名前のユニコーン名を生成します。各ユニコーン名はその後 Web ページから抽出され、スプレッドシート内の対応する名前の横にある別の列に追加されます。

はじめる前に

  • このページ下部のボタンから、このチュートリアルで使用したオートメーション プロジェクトを含むアーカイブをダウンロードします。アーカイブを展開し、ExcelFile.xlsx ファイルをデスクトップにコピーします。
  • この例では Google Chrome を使用します。Google Chrome を使用するには、UiPath Chrome 拡張機能をインストールする必要があります。インストールするには、[ホーム] (StudioX の Backstage ビュー) > [ツール] に行き、[UiPath 拡張機能] の一覧にある [Chrome] をクリックします。
    Edge または Firefox を使用する場合は、各ブラウザー用の拡張機能をインストールします。Internet Explorer を使用する場合は、拡張機能は必要ありません。

手順 1: 新規プロジェクトを作成

  1. StudioX の Backstage ビューで [スタート] タブを選択し、[新規プロジェクト][空のタスク] を選択します。

空白のプロジェクトから開始したくない場合は、[テンプレートから新規作成] のオプションのいずれかを選択し、用意されているプロジェクト テンプレートのいずれかを代わりに使用して開始することができます。詳しくは「プロジェクト テンプレート」を参照してください。

  1. 次の情報を入力します。
    • プロセス名 - オートメーション プロジェクトの名前を入力します。作成するオートメーションがどのようなものかわかるような名前を使用することをお勧めします。後で、このプロジェクトと他のプロジェクトを容易に区別できるからです。たとえば、今回は「First automation project (はじめてのオートメーション プロジェクト)」という名前を付けます。
    • [場所]  - ハードドライブ上のプロセスの作成場所を参照します。既定の場所は %USERPROFILE%\Documents\UiPath です。
    • [説明]  - 必要に応じて、プロセスの内容に関する簡単な説明を入力します。
  1. (任意) [詳細オプションを表示] を選択してプロジェクト設定を構成します。このオプションを選択しない場合、プロジェクトは既定の設定で作成されます。
    • 使用したい Excel ファイルを指定 - プロジェクト ノートブックとして使用する Excel ファイルを指定します。これは、プロジェクトで使用する Excel データのスクラッチパッドです。既定では、Project_Notebook.xlsx ファイルがプロジェクト フォルダーに作成されます。ファイル名の編集、ファイルの作成場所とする別のフォルダーの参照、既存の Excel ファイルの選択などができます。
    • 後で使用するために名前を付ける - アクティビティで Excel ファイルを操作するときに、プロジェクトでそのファイルを参照するための名前を入力します。既定の名前は Notes です。
    • アクセス パスワード - ファイルを開くときにパスワードが要求されるようにする場合、そのパスワードを入力します。
    • 編集用パスワード - ファイルを編集するときにパスワードが要求されるようにする場合、そのパスワードを入力します。
    • ファイルを自動保存 - オートメーションの実行後にブックが保存されるようにする場合は、このオプションを選択します。選択しないと、変更内容は実行後に初期ステートに戻ります。このオプションは既定で選択されていません。
    • 読み取り専用 - プロセスでファイルを読み取り専用モードで開くようにするには、このオプションを選択します。これにより、ファイルの編集がロックされている場合や、編集パスワードが設定されている場合でも、データの抽出操作を実行できます。このオプションは既定では選択されていません。
  2. [作成] をクリックしてプロジェクトを作成します。
    プロジェクトが作成され、デザイナー パネルに空のワークフローが表示されます。これで、アクティビティを追加してオートメーションを構築できます。左側の [アクティビティ] パネルからアクティビティを追加するには、アクティビティをダブルクリックするか、デザイナー パネルにアクティビティをドラッグ アンド ドロップするか、デザイナー パネル中央の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックします。

手順 2: オートメーションに Web ページと Excel ファイルを追加

  1. Chrome で https://www.rpasamples.com/unicornname に移動します。
  2. StudioX の [アクティビティ] パネルで [アプリ/Web] タブを選択し、[アプリケーション/ブラウザーを使用] をダブルクリックします。アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  3. [アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティで [アプリケーションを指定] をクリックして、Chrome で開いたユニコーン名ジェネレーターのページにマウス ポインターを移動します。ウィンドウが強調表示されたら、ウィンドウ内の任意の場所をクリックします。
    Web ページがオートメーションに追加され、[アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティの名前がブラウザーと URL (後者は [ブラウザー URL] フィールドにも追加される) に更新され、Web ページのスクリーンショットが追加されます。
  4. [アクティビティ] パネルで [Excel] タブを選択し、[Excel ファイルを使用] アクティビティをドラッグして [アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティ内にドロップします。
  5. [Excel ファイルを使用] アクティビティで次の操作を行います。
    • [Excel ファイル] フィールドの右にある [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、デスクトップを参照して ExcelFile.xlsx を選択します。
    • [参照名を指定] フィールドは既定値 (Excel) のままにします。
      これで、このプロジェクトでは名前を「Excel」としたファイル ExcelFile.xlsx を操作対象として指定したことになります。

手順 3: ブラウザーと Excel 内で実行するアクティビティを追加

  1. [Excel ファイルを使用] アクティビティ内の [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、ウィンドウ上部の検索ボックスを使用して共通シナリオ [Excel 範囲内の行に対するアクションを繰り返す] を探して、選択します。「Excel 範囲内の行に対するアクションを」と入力し始めると簡単に見つけることができます。
    デザイナー パネルに [Excel の繰り返し (各行)] アクティビティが追加されます。
  2. [繰り返し (Excel の各行)] アクティビティで、次の操作を行います。
    • [対象範囲] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[Excel] > [Sheet1 [シート]] を選択します。[対象範囲] フィールドに、選択したテーブルが [[Excel] Sheet1] として表示されます。
    • [先頭行をヘッダーとする] を選択して選択範囲の先頭行が見出し行であることを指定します。
      これで、Excel ファイルの Sheet1 の行に対して反復処理を実行するように指定したことになります。
  3. [繰り返し (Excel の各行)] アクティビティ内で [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、ウィンドウ上部の検索ボックスで [文字を入力] アクティビティを検索して、それを選択します。オートメーションにアクティビティが追加されます。
  4. [文字を入力] アクティビティで次の操作を行います。
    • [画面上でターゲットを指定] をクリックし、ユニコーン名ジェネレーターの Web ページ内の [What is your name? (あなたの名前は?)] のテキスト ボックス上にマウス ポインターを移動します。テキスト ボックスが強調表示されたら、クリックします。テキスト ボックスがターゲットとして識別され、その横のラベルがアンカーとして識別されます。[選択オプション] ウィンドウの [確認] をクリックして選択内容を保存します。ターゲットとアンカーの画像が [文字を入力] アクティビティに表示されます。
    • [これを入力] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[現在の行] > [名前] を選択します。
      これで、Excel ファイル内の行の反復処理を行う間、反復処理中の現在の行から名前をコピーし、Web ページ上のテキスト ボックス内に貼り付けることを指定したことになります。
  5. [文字を入力] アクティビティ下で [繰り返し (Excel の各行)] アクティビティ内で [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、ウィンドウ上部の検索ボックスで [クリック] アクティビティを検索して、それを選択します。オートメーションにアクティビティが追加されます。
  6. [クリック] アクティビティで、次の操作を実行します。
    • [画面上でターゲットを指定] をクリックし、ユニコーン名ジェネレーターの Web ページ内の [名前を取得] ボタン上にマウス ポインターを移動します。ボタンが強調表示されたら、クリックします。ボタンがターゲットとして識別されます。[選択オプション] ウィンドウの [確認] をクリックして選択内容を保存します。ターゲットの画像が [クリック] アクティビティに表示されます。
    • [これを入力] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[現在の行] > [名前] を選択します。
      これで、Excel ファイル内の行の反復処理を行う間、現在の行の名前を Web ページ上のテキスト ボックスにコピーした後に、[名前を生成] ボタンを指定したクリックすることを指定したことになります。
  7. [クリック] アクティビティ下で [繰り返し (Excel の各行)] アクティビティ内で [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、ウィンドウ上部の検索ボックスで [テキストを取得] アクティビティを検索して、それを選択します。オートメーションにアクティビティが追加されます。
  8. [テキストを取得] アクティビティで、次の操作を行います。
    • [画面上でターゲットを指定] をクリックし、ユニコーン名ジェネレーターの Web ページに生成された名前 (既定では、プレースホルダーのテキストである [Unicorn name]) の上にマウス ポインターを移動します。テキストが強調表示されたら、クリックします。テキストはターゲットとして識別されますが、アンカーは自動的に検出されません。ユニコーン名は生成されるたびに異なるので、プロジェクト実行時にターゲットを確実に識別するにはアンカーを追加することも必要です。
      選択モードが継続している間は、テキストの上にある Your Unicorn Name (あなたのユニコーン名) ラベルにマウス ポインターを移動し、強調表示されたらクリックします。このラベルがアンカーとして識別され、[選択オプション] ウィンドウに「ターゲットおよびアンカーが検出されました。」というメッセージが表示されます。[選択オプション] ウィンドウの [確認] をクリックして選択内容を保存します。
      ターゲットとアンカーの画像が [テキストを取得] アクティビティに表示されます。
    • [保存先] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[現在の行] > [Unicorn Name] を選択します。
      これで、Excel ファイル内の行の反復処理を行う間、生成された名前を Web ページから反復処理中の現在の行の [Unicorn Name] 列にコピーすることを指定したことになります。

手順 4: オートメーションの実行

StudioX のリボンで [保存] をクリックしてプロジェクトを保存し、[実行] をクリックしてオートメーションを実行します。

Excel ファイルが開き、ファイル内の各行について、名前が Web ページにコピーされ、ユニコーン名が生成されます。さらに Excel ファイル内の対応するセルにユニコーン名がコピーされます。オートメーションが完了すると、Excel ファイルが保存され、閉じます。

サンプルをダウンロード

オートメーションが正常に実行されました。これで最初のオートメーションを作成できました。つづいて、いくつかのチュートリアルを実行して、StudioX の機能についてもう少し詳しく学習します。

5 か月前に更新



最初のオートメーション プロジェクトを作成する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。