通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

オートメーションの基礎情報

アクティビティについて

アクティビティはオートメーション プロジェクトの基本的な構成ブロックであり、それぞれが、StudioX で自動化できる 1 つ以上の手動タスクを表しています。関連するアクティビティを相互接続したシーケンスが、1 つのオートメーション プロジェクトを形成します。繰り返しプロセスの自動化を検討する場合は、まずそのプロセスを個別の手動ステップに分解したうえで、それぞれのステップを自動化するアクティビティを StudioX で特定する必要があります。

例として、次のワークフローを自動化することを検討します。

  1. スプレッドシートを開きます。
  2. ビジネス アプリケーションを開きます。
  3. スプレッドシートのセルからデータをコピーします。
  4. コピーしたデータをビジネス アプリケーションのフィールドに貼り付けます。
  5. アプリケーションのボタンをクリックしてデータを送信します。

このプロセスを自動化するプロジェクトを StudioX で作成する場合は以下のアクティビティを使用します。

  1. [Excel ファイルを使用] で、使用するスプレッドシートを指定します。
  2. [アプリケーション/ブラウザーを使用] で、使用するアプリケーションを指定します。
  3. [文字を入力] で、ビジネス アプリケーションでデータのコピー先とするフィールドと、データのコピー元のセルを選択します。
  4. [クリック] で、ビジネス アプリケーションでデータ送信のためにクリックするボタンを指定します。

手動ステップと StudioX のアクティビティに、必ず 1 対 1 の対応関係が存在するわけではありません。この例でもわかるように、[文字を入力] アクティビティは、コピー対象とするテキストのコピー元とコピー先の両方を示すために使用しているので、2 つの手動ステップに対応しています。

アクティビティ パネル

301301

[アクティビティ] パネルには、現在のプロジェクトに追加できる、利用可能なアクティビティが表示されます。パネル上部の検索ボックスにアクティビティの名前や説明を入力して検索できます。アクティビティをオートメーションに追加するには、そのアクティビティをダブルクリックするか、デザイナー パネルの目的の場所にドラッグ アンド ドロップします。

パネル内のアクティビティ上でホバーすると、そのアクティビティが属するパッケージとその説明が表示されます。アクティビティをお気に入りのリストに追加するには、そのアクティビティを右クリックして、[お気に入りに追加] を選択します。

アクティビティ パネルをカスタマイズする

Click the View Options filter activitiesfilter activities button at the top of the panel to open a menu that allows you to customize the panel. See the following table for a list of available options.

OptionDescription
Show FavoritesShow a section with favorite activities. This option is selected by default.
Show RecentShow a section with the ten most recently used activities. This option is not selected by default.
Show CategoriesGroup activities by the category they belong to. This option is selected by default.
Group by PackagesGroup activities by the package they belong to. This option is not selected by default.
Pin FavoritesWhen searching in the panel, keep favorite activities always visible. Available if Show Favorites is selected. This option is not selected by default.
Show DeveloperShow activities designed for the Studio profile. This option is not selected by default.

These activities may not function as expected in the StudioX profile.

たとえば、すべての Excel アクティビティを表示する場合、[パッケージ別にグループ化] を選択して [カテゴリを表示] を選択解除できます。

コンテナー アクティビティ

「コンテナー」系のアクティビティは、それらのアクティビティ内に追加されたアクティビティを実行する場合の範囲または満たすべき条件を定義します。「コンテナー」系のアクティビティは、1 つまたは複数の子アクティビティを含む親アクティビティと言えます。「コンテナー」系のアクティビティの例として、以下のものがあります。

  • 「リソース」系アクティビティ - アプリケーション リソースをオートメーションに追加して、これらのアクティビティ内に追加された別のアクティビティが使用できるようにします。
  • 「繰り返し (コレクションの各要素)」系アクティビティ - 項目のコレクションを定義し、これらのアクティビティ内に追加された別のアクティビティを、それらの各項目に対して 1 回ずつ繰り返します。
  • 繰り返し (指定回数) - 「繰り返し (コレクションの各要素)」系アクティビティに似ていますが、このアクティビティ内に追加された別のアクティビティを指定された回数だけ繰り返します。
  • [条件分岐 (if)][条件分岐 (switch)][アプリのステートを確認] - 条件を評価し、その評価結果に基づいて、これらのアクティビティ内に追加された特定のアクティビティを実行することにより、オートメーションのフローを決定します。
  • ダウンロードを待機 - このアクティビティ内に追加された別のアクティビティにより開始されたファイルのダウンロードを検出し、そのファイルをオートメーションで使用できるようにします。

「リソース」系アクティビティ

アクティビティは、適用先のアプリケーションに基づいて、各カテゴリに分類されます。アプリケーションで実行するタスクを自動化するには、まず必要なアプリケーション リソースをオートメーションに追加する必要があります。以下のアクティビティによって、オートメーションにリソースを追加します。

  • Excel ファイルを使用 - 指定した Excel ファイルを使用します。このアクティビティ内に追加されるすべてのアクティビティで、Excel ファイルのデータを使用できます。子アクティビティを設定するとき、StudioX からファイルの個々のセル、範囲、またはシートを直接選択できます。
  • Use Desktop Outlook App, Use Outlook 365, and Use Gmail add a desktop Outlook, Outlook 365, and Gmail account to the automation. The emails in the account are available to all the activities added inside this activity. When you configure child activities, you can select individual folders, messages, or message fields directly from StudioX.
  • Word ファイルを使用 - 指定した Word 文書を使用します。このアクティビティ内のファイルに対して実行するアクティビティを追加します。
  • アプリケーション/ブラウザーを使用 - 指定したデスクトップ アプリケーションまたは Web ブラウザーのページを使用します。このアクティビティ内のアプリケーションまたは Web ブラウザーで実行するアクティビティを追加します。
  • PowerPoint プレゼンテーションを使用 - 指定した PowerPoint ファイルを使用します。このアクティビティ内のファイルに対して実行するアクティビティを追加します。
  • Use OneDrive & SharePoint - Select an account to use for OneDrive and SharePoint automation. Add the related activities inside this activity.

自動化に必要なリソースはいくつでも追加できます。複数のアプリケーションを使用する複数のアクティビティについては、リソースを別のリソースの内部に追加します。以下に例を示します。

  • Excel ファイルのデータと Outlook アカウントのメールの両方を使用するアクティビティを追加するには、[デスクトップ版 Outlook アプリを使用] アクティビティに [Excel ファイルを使用] アクティビティを追加し、[Excel ファイルを使用] 内に共通のアクティビティを追加します。
  • Web ページと Word 文書の両方を使用するアクティビティを追加するには、[Word ファイルを使用] アクティビティに [アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティを追加し、[アプリケーション/ブラウザーを使用] 内に共通のアクティビティを追加します。

オートメーションへのグローバル リソースの追加

「リソース」系のアクティビティを使用してリソースをオートメーションに追加すると、そのリソースを使用できるのはその「リソース」系アクティビティ内に追加したアクティビティのみとなります。プロジェクト内のすべてのアクティビティでリソースを使用できるよう、プロジェクトをリソースに接続することでリソースをグローバルに追加できます。グローバル リソースは [データ マネージャー] パネルで管理され、アクティビティとしてプロジェクトに追加されません。つまり、プロジェクトをリソースに接続することで、デザイナー パネルのスペースも節約できます。

For information on how to connect a project to an Excel workbook, see Connecting a Project to an Excel File.

項目の反復処理

Iterating refers to repeating one or more activities in your automation project for each individual item in a collection of items. To iterate through items, add one of the available For Each activities in which you define the collection, and then add the activities to repeat inside the For Each. When you configure the activities to repeat, indicate that an activity should use data from each item in the iteration by selecting the current item option from the Plus plus buttonplus button menu.
StudioX には、次の「繰り返し」系アクティビティが付属しています。

  • For Each Excel Row - Repeat one or more activities for each row in an Excel table, range, or sheet.
    現在の項目を表すのは CurrentRow です。アクティビティによっては、使用する列を現在の行から選択することも必要です。
  • For Each Excel Sheet - Repeat one or more activities for each sheet in an Excel file.
    現在の項目を表すのは CurrentSheet です。
  • For Each Email - Repeat one or more activities for each message in an Outlook folder, Gmail label, or in a selection of messages.
    現在の項目を表すオプションは CurrentMail です。また、アクティビティによっては、現在のメールから使用するフィールド ([件名]、[本文]、[本文 (HTML)]、[Bcc]、[Cc]、[送信先]、[送信元]、または [優先度]) を選択する必要があります。
  • For Each File in Folder - Repeat one or more activities for each file in a folder on your computer.
    現在の項目を表すのは CurrentFile です。使用するファイル プロパティとして、現在のファイルから [サイズ]、[名前]、[完全名 (フル パスを含む)]、[フォルダー]、[最終更新日]、[最終アクセス日]、[作成日]、[読み取り専用]、または [サイズ (KB)] を選択する必要もあります。
  • For Each Folder in Folder - Repeat one or more activities for each folder inside a specified folder on your computer.
    現在の項目を表すオプションは CurrentFolder です。一部のアクティビティでは、現在のフォルダーのどのプロパティ ([名前]、[フル パス]、[最終更新日]) を使用するのかを選択する必要もあります。

[繰り返し (コレクションの各要素)] 内に追加されたアクティビティを設定するときに識別しやすくするため、現在の項目のオプションの名前を、反復処理を実行している項目を表す名前に変更できます。

アクティビティで使用されるデータを構成する

アクティビティはデータを入力として受け取って、実行時に出力データを生成することができます。各アクティビティのデータは、データ フィールドの右側に表示されるプラス plus buttonplus button メニューで設定できます。

アクティビティは、その目的に応じて、データ フィールドがないものや、1 つまたは複数のデータ フィールドを持つものがあります。ここでは、プラス plus buttonplus button メニューに表示されるオプションについて説明します。このメニューには、フィールド、アクティビティ、親アクティビティのそれぞれに関連性の高いオプション、すなわち各フィールドで使用可能なオプションのうち一部のみが表示されます。

入力フィールドのオプション

入力フィールドでは、以下のオプションを使用して、アクティビティが受け取るデータを定義します。

  • プロジェクトに追加されたリソースからのデータ
    • Excel - Data from the Project Notebook or from an Excel file added to the automation. Select named cells, named ranges, tables, or sheets directly from the Plus plus buttonplus button menu, or select Indicate in Excel to open the workbook in Excel and indicate in it. Selecting Custom Input lets you manually enter sheet names, table names, cell addresses, or range addresses. If the activity is inside an For Each Excel Row activity, you can select the current row in the iteration.
    • Outlook/Gmail/Outlook 365 - 親メールのリソース アクティビティに対して定義されたメール アカウントからのデータ。Outlook デスクトップ アプリで選択されたメッセージをプロジェクトの実行時に使用できます。アクティビティが [繰り返し (各メール)] アクティビティの内部にある場合は、反復処理中の現在のメールを使用できます。
    • PowerPoint - 親の [PowerPoint プレゼンテーションを使用] アクティビティに対して定義された PowerPoint プレゼンテーションのデータ。スライド、プレースホルダー、スライド マスター、またはレイアウトを選択できます。
    • ファイル - アクティビティが [繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティの内部にある場合、反復処理内の現在のファイルのプロパティを使用できます。
  • Text - Enter text using the built-in text builder. You can click Plus plus buttonplus button inside the Text Builder to add Excel data, mail data, or values you saved for later use to the text.
  • テキスト - 空の値 - このオプションを使用すると、後でテキストを追加したり更新したりする場合に空のテキストを値として設定できます。
  • - 数値または数式を入力します。数式でサポートしている演算子と記号は、+ (加算)、- (減算)、* (乗算)、/ (除算)、^ (べき乗。例: 2 の 3 乗の場合は 2^3)、( ) (演算の順序を強制)です。
    You can click Plus plus buttonplus button inside the Numeric Calculation window to add numeric values from the project. For example, select a cell in an Excel file, or a numeric value that you saved for later use.
  • Condition Builder - Add conditional statements that are used to determine what activities to execute based on whether or not the conditions are met. For example, the If activity contains a condition field, and it executes a series of activities if the condition is met and, optionally, another set of activities if the condition is not met.
    2 つの値を選択し、利用可能な演算子 ([次の値より大きい]、[次の値以上]、[次の値より小さい]、[次の値以下]、[次の値と等しい]、[次の値と等しくない]、[空である]、[空ではない]、[true である]、[false である]、[次の値で始まる]、[次の値で終わる]、[次の値を含む]、[数字である]、[数字でない]) を 1 つ使用してその 2 つの値を比較することによって、条件ステートメントを作成します。
    複数のステートメントを追加し、条件を満たすにはすべてのステートメントが true である必要があるか、任意のステートメントが true であればよいかを選択できます。
  • True / False - Adds a conditional statement. Select either True or False for fields that support conditional statements in activities such as the If activity.
  • 変数を使用 - プロジェクトで変数として保存した別のアクティビティの出力を、現在のフィールドの入力として使用します。特定のケースでは、StudioX が変数の型を調整してそのフィールドで必要な型と一致するようにします。たとえば、数値が必要なフィールドでテキストを使用しようとすると、値が自動的にテキストから数値に変換されます。変数の型が自動的に変換された場合は、変数名の末尾に新しい型が追加されます。
897897
  • [日付/時刻を選択] - カレンダーの日付または時刻 (時、分) を選択します。このオプションは、日付と時間のフィールドで使用できます。
  • 期間を選択 - 期間を選択します (時、分、秒)。このオプションは、期間のフィールドで使用できます。
  • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に値の入力を求めます。テキスト、数値、日付/時刻、または Boolean 値 (True/False) を入力できるフィールドに使用できます。
  • クリップボードから貼り付け - 別のアクティビティでクリップボードにコピーした出力値を、現在のフィールドの入力として使用します。このオプションは、テキスト値または Excel の範囲を受け入れるフィールドで使用できます。
  • 変数 - アプリ/Web 系のアクティビティのセレクターで使用するために作成された変数を選択します。
  • 引数 - 作成した引数を選択して、StudioX のアクティビティとアプリケーション間でデータを渡すことができます。
  • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 値をクリア - フィールドの現在の選択内容をクリアします。

出力フィールドのオプション

出力フィールドでは、アクティビティにより生成されるデータを使用して実行される処理を定義します。以下のオプションを使用できます。

  • Excel - Save output to the Project Notebook or an Excel file defined for a parent Use Excel File activity. Select named cells, named ranges, tables, or sheets directly from the Plus plus buttonplus button menu, or select Indicate in Excel to open the workbook in Excel and indicate in it. Selecting Custom Input lets you manually enter sheet names, table names, cell addresses, or range addresses. If the activity is inside an For Each Excel Row activity, you can select the current row in the iteration.
  • 変数を作成 - オートメーション内で後で使用できるように、出力を変数として保存します。プロジェクトで変数を参照するのに使用する名前を入力し、データ型を [テキスト][数値][True または False][小数点以下ありの数値][日付][期間] から選択します。作成した変数は、別のアクティビティで入力として選択できます。
  • Copy to clipboard - Save the output to the clipboard. You can then paste the value in an input field in another activity. This option is available for fields that output text, Boolean values (True/False), numbers, or Excel ranges (for example, the Destination field in the Copy Range activity). Boolean and number values are converted to text when copied to the clipboard.
  • 変数の名前を変更 - 後で使用するために作成した変数の名前を変更します。
  • 変数 - アプリ/Web 系のアクティビティのセレクターで使用するために作成された変数を選択します。
  • 引数 - 作成した引数を選択して、StudioX のアクティビティとアプリケーション間でデータを渡すことができます。
  • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 値をクリア - フィールドの現在の選択内容をクリアします。

アクティビティの出力を別のアクティビティの入力として使用する

アクティビティ間でデータの受け渡しができると非常に便利であり、特定のワークフローではこの操作が不可欠になる場合さえあります。StudioX では、あるアクティビティによって生成された出力を変数に保存しておき、そのプロジェクトで後から実行される別のアクティビティの入力として使用できます。

  1. データを保存して他のアクティビティで使用できるようにするには、アクティビティの出力データを設定するフィールドのプラス記号 plus buttonplus button メニューで [変数を作成] オプションを選択し、変数 (保存された値) の名前を入力します。この名前は、後で別のアクティビティの入力としてこの変数を識別および選択するときに使用するため、どのような変数なのかがわかるような一意の名前を付けてください。

📘

注:

特定のアクティビティでは、変数の名前とともにデータの型を選択する必要があります。[テキスト][数値][True または False][小数点以下ありの数値][日付][期間] からいずれかを選択します。保存する必要があるデータの型がリストに見つからない場合は、[詳細オプション] を選択します。

  1. その後、変数をプロジェクト内の別のアクティビティの入力として使用するには、アクティビティの入力データを設定するフィールドのプラス記号 plus buttonplus button メニューにある [変数を使用] オプションでその値を選択します。

この機能が役立つさまざまなシナリオがあります。次に、いくつかの例を示します。

  • [テキスト ファイルを読み込み] アクティビティでテキスト ファイルの内容を読み込んで出力し、それを [テキストを追加] アクティビティの入力として使用して Word ファイルにテキストを追加します。
  • [ファイルの存在を確認] アクティビティで、ファイルが存在するかどうかをチェックし、出力される結果 (True または False) を [条件分岐 (if)] アクティビティの条件として使用して、ファイルが既に存在している場合に実行する特定のアクションを判断します。

プロパティ パネル

363363

[プロパティ] パネルには状況に応じた内容が表示されます。選択したアクティビティの詳細なプロパティの表示と編集が可能です。複数のアクティビティを選択した場合、[プロパティ] パネルでは、これらのアクティビティに共通のプロパティのみを変更できます。

既定では、[プロパティ] パネルは非表示になっています。ほとんどの場合、デザイナー パネルで使用できるオプションでアクティビティを設定できます。

変数の管理

Variables are used to store data of different types and pass it between activities in a project. All variables used in your project can be found and managed in the Data Manager panel. To edit or rename a variable, open the Data Manager panel, right-click on a variable and select Edit Variable.

📘

注:

v2022.4 の StudioX から「保存された値」は「変数」に置き換えられました。基本的な機能は同じですが、変数を使用すると作成時にデータ型を設定できます。データ型は後で特定のアクティビティによって変更したり、ユーザーが手動で変更したりできます。なお、以前のバージョンの StudioX で作成したプロジェクトを v2022.4 の StudioX で開くと、「保存された値」のシステムが使用されます。

変数を作成する

  1. [データ マネージャー] パネルで [新規] をクリックして [新しい変数] を選択します。[変数パネル] が開き、リストの一番下に新しい変数が追加されます。
  2. [名前] フィールドで名前を設定します。
  3. [データ型] フィールドでデータ型を選択し、[既定値] フィールドの右にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックして既定値を設定します。

必要に応じて、[+新規] ボタンをクリックして新しい変数を作成します。

742742

Alternatively, you can create a variable directly from the output field of an activity.

既定では、新しい変数はすべて String 型 (テキスト) です。変数は使用方法に基づいて設定できます。

  • - 変数に格納する値の型を選択します。次のオプションが利用できます。
    • Boolean - この型は true または false の 2 つの値のみを取ります。これらの変数を使用すると意思決定が行えるため、ワークフローを適切に制御することができます。
    • Int32 - 数値情報を格納できます。数式や比較を実行したり、重要なデータを渡したりするために使用します。
    • String - テキスト情報を格納できます。この変数の型は、従業員名、ユーザー名、その他の文字列などのテキストベースの情報を格納するために使用できます。
    • Object - さまざまな型のデータを格納できます。この変数の型は、格納するデータの型に柔軟性が必要な場合に使用できます。Object 型の変数で使用するデータ型が、その変数を使用するアクティビティに対応していることを確認してください。
    • System.Data.DataTable - この型は多くの情報を格納でき、データベースまたは行と列を持つ簡易なスプレッドシートとして機能します。データベース間で特定のデータを移行する場合や、Web サイトから情報を抽出してローカルのスプレッドシートに格納する場合などに役立ちます。
    • Array of [T] - 同じ型の値を複数格納することができます。
    • 型の参照 - タスクに関連がありそうな型をさらに検索できます。

📘

注:

変数は、[変数の値を設定] アクティビティなどの出力フィールドを持つアクティビティ内から作成することもできます。出力フィールド ([保存先]) のプラス記号 plus buttonplus button メニューをクリックし、[変数を作成] を選択して変数名と型を指定します。

変数を編集する

  1. [データ マネージャー] パネルを開きます。
  2. リスト内の変数を右クリックして、[変数を編集] を選択します。または、[変数の名前を変更] を選択して [データ マネージャー] パネルから直接変数の名前を変更することもできます。

変数の型と値は、[データ マネージャー] パネルから直接編集することもできます。変数の左側にある矢印のアイコンをクリックすると、変数を編集できるフィールドが表示されます。

305305

変数を削除する

  1. [データ マネージャー] パネルを開きます。
  2. [変数] 下にある変数を右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。
  3. [変数を削除] を選択します。

引数の管理

Arguments are used to pass data between activities in a project and can be used to integrate an workflow with other products such as UiPath Apps.

設定後は、変数 (保存された値)を使用するのと同じように引数をアクティビティで使用できます。引数を編集したり名前を変更したりするには、[データ マネージャー] パネルを開き、引数を右クリックして [編集] を選択します。

引数を作成する

  1. [データ マネージャー] パネルで [新規] をクリックして [新しい引数] を選択します。[引数] パネルが開き、リストの一番下に新しい引数が追加されます。
  2. [名前] フィールドで名前を設定します。
  3. [方向] フィールドで引数の方向を選択し、[データ形式] フィールドでデータ形式を選択します。
  4. [既定値] フィールドの横にあるプラス記号 plus buttonplus button メニューを使用して、既定値を設定します。

必要に応じて、[+追加] をクリックして新しい引数を作成します。

777777

既定では、新しい引数はすべて String 型で、[入力] 方向を持ちます。引数は、使用方法に基づいて設定できます。

  • - 引数に格納する値の型を選択します。次のオプションがあります。
    • Boolean - この型は true または false の 2 つの値のみを取ります。これらの引数を使用すると、意思決定を行い、ワークフローを適切に制御することができます。
    • Int32 - 数値情報を格納できます。数式や比較を実行したり、重要なデータを渡したりするために使用します。
    • String - テキスト情報を格納できます。この引数の型は、従業員名、ユーザー名、その他の文字列などのテキストベースの情報を格納するために使用できます。
    • Object - さまざまな型のデータを格納できます。この引数の型は、引数に格納するデータの型に柔軟性が必要な場合に使用できます。Object 型引数で使用するデータ型が、引数を使用するアクティビティに対応していることを確認してください。
    • System.Data.DataTable - この型は多くの情報を格納でき、データベースまたは行と列を持つ簡易なスプレッドシートとして機能します。データベース間で特定のデータを移行する場合や、Web サイトから情報を抽出してローカルのスプレッドシートに格納する場合などに役立ちます。
    • Array of [T] - 同じ型の値を複数格納することができます。
    • 型の参照 - タスクに関連がありそうな型をさらに検索できます。
  • 方向 - アプリケーションで使用する場合の、引数の方向を選択します。次のオプションが利用できます。
    • 入力 – この引数は、指定したプロジェクト内でのみ使用できます。
    • 出力 - この引数は、指定したプロジェクトの外にデータを渡すために使用できます。
    • 入力/出力 - この引数は、指定したプロジェクトの内外両方で使用できます。

引数を編集する

  1. [データ マネージャー] パネルを開きます。
  2. リスト内の引数を右クリックして、[引数を編集] を選択します。または、[名前を変更] を選択して [データ マネージャー] パネルから直接引数の名前を変更することもできます。

引数の方向、データ形式、値は、[データ マネージャー] パネルから直接編集することもできます。引数の左側にある矢印のアイコンをクリックすると、引数を編集できるフィールドが表示されます。

330330

引数の削除

  1. [データ マネージャー] パネルを開きます。
  2. [引数] 下にある引数を右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。
  3. [削除] を選択します。

オートメーションを実行する

設計段階から、オートメーションを頻繁に実行することをお勧めします。プロジェクトが期待どおりに動作することを確認して、潜在的なエラーを早期に特定することができるためです。

オートメーションを実行するには、StudioX のリボンの [実行] をクリックするか、キーボードの F5 を押します。

965965

プロジェクトの実行を停止するには、リボンの [停止] をクリックするか、キーボードの F5 を押します。プロジェクトの実行後、デザイナー パネルの上部に、実行が正常に完了したかどうかを知らせるメッセージが表示されます。

プロジェクトの一部だけを実行するには、任意のアクティビティを右クリックして、以下のオプションを選択します。

  • このアクティビティまで実行 - プロジェクト内のこのアクティビティより前のアクティビティをすべて実行します。
  • [このアクティビティから実行] - プロジェクト内のこのアクティビティ以降のアクティビティをすべて実行します。

ピクチャ イン ピクチャでの実行

プロジェクトの実行中にロボットの干渉を受けずにコンピューターを使用するには、オートメーションをピクチャ イン ピクチャ モードで実行します。このモードでは、プロジェクトが別ウィンドウで開かれた別のセッションで実行されるため、ユーザーがキーボード、マウス、画面を完全に制御できます。

ピクチャ イン ピクチャでオートメーションを実行するには、StudioX のリボンの [実行] の下にある矢印をクリックし、[PiP で実行] を選択します。または、F6 キーを押します。ロボットにより、プロジェクト内のアクティビティが新しいウィンドウで実行されます。

📘

注:

Microsoft Office のリソースを使用するオートメーションは、メイン セッションでそのリソースが既に開いている場合、ピクチャ イン ピクチャで正常に実行されません。ピクチャ イン ピクチャでオートメーションを実行する前に、オートメーションでアクセスされる PowerPoint、Excel、または Word のファイルをすべて閉じてください。

7 か月前に更新


オートメーションの基礎情報


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。