通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

アクティビティ フィードについて

📘

重要

プロセスおよびアクティビティ パッケージは v2018.2 以降はユーザーごとにインストールされます。つまり、高密度ロボットは独自のバージョンのアクティビティを使用するようになり、そのマシン上の他のロボットとアクティビティを共有しなくなりました。

特定のオートメーション プロジェクトをロボットで実行するには、最初にオートメーション パッケージとそれを構成するアクティビティへのアクセス権を付与する必要があります。既定のアクティビティ フィードには、Local、Orchestrator、Official、Go! の 4 つがあります。ロボットのフィードとの相互作用は、以下によって異なります。

  • フィードの可用性とステート。
  • Orchestrator への接続。
  • パッケージの署名の確認。
  • Studio で設定されたランタイム ルール。

🚧

複数のフィードが使用されている場合、NuGet は最も応答が早いフィードを選択します。署名済みのパッケージおよび依存関係が含まれていないフィードがあると、Robot が署名されていないパッケージまたは依存関係を受け取ってオートメーションが失敗する可能性があります。これを回避するには、設定されたすべてのフィードに、署名済みのパッケージおよび依存関係が含まれていることを確認してください。

Orchestrator への接続とフィード インストールの選択に応じて、次の状況が発生する可能性があります。

  • ローカル フィードのインストールを選択すると、 %ProgramFiles%\UiPath\Studio\Packages フォルダーが作成されます。これには、インストール時に UiPath によって公式にサポートされているアクティビティ パッケージが含まれています。フィードは既定で有効化されています。
  • ローカル フィードをインストールしないことを選択すると、%ProgramFiles%\UiPath\Studio\Packages フォルダーが作成されますが、新しいプロジェクトに既定の依存関係として追加されたパッケージ UiPath.UIAutomation.ActivitiesUiPath.System.ActivitiesUiPath.Excel.ActivitiesUiPath.Mail.Activities のみが含まれます。
  • Robot を Orchestrator に接続すると、NuGet フィードが Orchestrator によって提供されます。これには、UiPath によって公式にサポートされているアクティビティ パッケージが含まれています。フィードは既定で有効化されており、次のようにストレージ設定によって異なります。
    • NuGet.Repository.TypeLegacy に設定されている場合、アクティビティは既定で ~/NuGetPackages/Activities の場所に保存されます。この値はカスタマイズでき、Orchestrator マシンの web.config ファイルの NuGet.Activities.Path パラメーターで保持されます。
    • NuGet.Repository.TypeComposite に設定されている場合、アクティビティは Storage.Type および Storage.Location パラメーターで指定された場所に保存されます。これらのパラメーターについて詳しくは、こちらをご覧ください。

📘

注:

NuGet.Repository.TypeComposite に設定されている場合、パッケージ専用フォルダーでのコピー アンド ペースト コマンドの使用はサポートされていません。

  • Robot が Orchestrator に接続されておらず、ローカル フィードで必要なアクティビティが見つからない場合、MyGet フィード https://www.myget.org/F/workflow/ を使用できます。これは公式のオンライン UiPath フィードであり、 Studio のパッケージ マネージャーもここからアクティビティを取得します。これは、UiPath によって公式にサポートされているアクティビティ パッケージが含まれています。このフィードは既定では無効化されています。有効化するには、Studio で [設定] >[パッケージソースを管理] に移動し、対応するチェック ボックスをオンにします。アクティビティ パッケージの管理の詳細については、Studio ガイドのこちらをご覧ください。

ロボットに実行コマンドを出すと (UiPath Assistant または Orchestrator のどちらでも)、使用可能なすべてのソースの依存関係 (アクティビティ、オートメーション プロジェクト) すべてを検索し、最初に対応するものから取得します。アクティビティ パッケージには複数のバージョンを含めることができるため、Studio でパッケージに選択されたランタイム ルールは、次のように考慮されます。

  • ランタイム ルールとして [ストリクト] を選択した場合、ロボットはそのパッケージに指定された正確なバージョンを検索します。[バージョン] フィールドを 2.5.0 に、[ランタイム ルール] フィールドを [ストリクト] に設定した場合、ロボットはそのパッケージのバージョン 2.5.0 のみを検索します。既存のソースのいずれにもバージョンが見つからない場合、エラーがスローされます。
  • ランタイム ルールとして [最も低い適用可能なバージョン] を選択した場合、ロボットはそのパッケージ以降を検索します。たとえば、[バージョン] フィールドを 2.5.0 に、[ランタイム ルール] フィールドを [最も低い適用可能なバージョン] に設定した場合、ロボットはバージョン 2.5.0 から開始し、2.5.0、2.5.1、2.5.2 などを検索します。既存のソースのいずれにも適用可能なバージョンが見つからない場合、エラーがスローされます。
    You can find out more about project dependencies.

アクティビティ フィードを追加または削除する

🚧

注:

署名されたパッケージの使用が必須の場合、署名されていないアクティビティ パッケージは、フィードで見つかったかどうかに関係なく取得できません。パッケージの署名について詳しくは、『UiPath Studio ガイド』をご覧ください。
メインのオフィシャル フィードに含まれる UiPath パッケージはすべて署名済みですが、依存関係は署名されていません。ロボットの実行にパッケージの署名を必須とする場合は、以下のフィードを使用する必要があります。
https://uipath.pkgs.visualstudio.com/Public.Feeds/_packaging/UiPath-Official/nuget/v3/index.json

Robotアクティビティ フィードを使用する方法はデプロイの種類によって異なります。

ユーザー モードの Robot

Robotユーザー モードでマシンにインストールされている場合、2 つの NuGet.config ファイルが作成されます。1 つはインストール フォルダー内に、もう 1 つのファイルはユーザー プロファイルに紐づけられます (このファイルは %UserProfile%\NuGet\NuGet.config にあります)。

ユーザー モードの Robot は、両方の NuGet.config ファイルに接続してアクティビティを取得するため、アクティビティ フィードを追加または削除する場合は、どちらのファイルを編集してもかまいません。

アクティビティ フィードを追加または削除するには、NuGet.config ファイルの <packageSources> セクションに Key を追加または削除する必要があります。

ローカル フィードとオンライン フィードの両方を追加できます。

<packageSources>
    <add key="nuget.org" value="https://api.nuget.org/v3/index.json" />
    <add key="Online Feed" value="https://mycustomfeed.com" />
    <add key="Local Feed" value="C:\local feed" />
</packageSources>

🚧

重要:

構成ファイルを編集した場合、変更を有効にするには毎回 Robot を再起動する必要があります。

サービス モードの Robot

この種類の Robotinstall folder にある NuGet.config ファイルを確認するため、フィードを追加または削除する場合に編集が必要なのはこのファイルのみです。

7 か月前に更新



アクティビティ フィードについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。