Action Center
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

Action Center: Azure PaaS のインストール

Azure インストール スクリプトを使用して Action Center を 1 つのノードまたはマルチノードでインストールできます。

重要: 以下の以下のインストール手順では、すべての手順が必須です。

はじめる前に

マシンに次のツールがインストールされていることを確認します。

シングル ノードでのインストール

Action Center の Azure App Service を作成する

  1. Azure Portal に移動して、App Service を検索します。
  2. 新しい App Service を作成し、UiPathActionCenter などの名前を付けます。
    注: [ランタイム スタック] ドロップダウンで .NET Core 3.1 を選択します。
  3. 前に作成した Web アプリを開き、左側のメニューから [構成] > [全般設定] に移動して、[プラットフォーム] フィールドを 64 ビットに設定します。

Action Center の Azure サービス プリンシパルを作成する

  1. Azure Portal で「アプリの登録」を検索し、新しいアプリの登録を作成して名前を付けます。

    重要: アプリの登録にコントリビューター ロールを割り当てる必要があります。方法については、こちらをご覧ください。
  2. アプリの [概要] ページで [アプリケーション (クライアント) ID] をコピーし、後で使用するために保存しておきます。これが、Azure のサービス プリンシパル ID です。



  3. 前に作成したアプリの登録の [クライアント シークレット] ページで、新しいクライアント シークレットを生成します。クライアント シークレットの [値] をコピーし、後で使用するために保存しておきます。これが、Azure のサービス プリンシパルのパスワードです。



    注: 必要に応じて、App Service や関連するリソース グループにアクセス可能な Azure サービス プリンシパルの ID とパスワードを DevOps チームに問い合わせてください。

Azure に Action Center をインストールする

  1. UiPathActionCenter.zip アーカイブをローカル マシンにダウンロードします。これには、必要なインストール スクリプトがすべて含まれています。
    注: UiPath ではリクエストに応じて UiPathActionCenter.zip アーカイブを提供しています。詳細についてはこちらからお問い合わせください。
  2. .zip ファイルの内容をマシン上のフォルダーに抽出します。
  3. これらのインストール パラメーターを使用して PowerShell で Publish-ActionCenter-Azure.ps1 スクリプトを実行します。

    このスクリプトの例は、こちらをご覧ください。

  4. Azure Portal で Action Center を使用してください。

マルチノードでのインストール

マルチノードでのインストールはシングル ノードでのインストールと似ていますが、シングル ノードの手順の手順 6 と 7 の間に追加の手順があります。

このため、手順 6 の後に、次の操作を実行する必要があります。

  • 新しく作成した App Service を開きます。
  • 左のメニューから [スケールアウト (App Service のプラン)] タブに移動します。
  • [特定のインスタンス数に調整] オプションを選択します。
  • 必要なインスタンス数を指定します。

その後は、シングル ノードの手順の手順 7 に進みます。

重要:
Orchestrator 2021.10 PaaS に移行またはアップグレードした後は、Azure App Service の設定に移動し、以下のキーがリストに表示され、それらの値が true に設定されていることを確認してください。
  • IdentityServer.OAuth.Enabled
  • IdentityServer.S2SIntegration.Enabled

PowerShell インストール スクリプトのパラメーター

注:

Action Center の App Service にカスタム ドメインを使用する場合は、まずカスタム ドメインを設定してから、このドメイン名をスクリプトのパラメーターで使用してください。

たとえば、カスタム ドメインが https://actioncenter.xyz.com の場合は、actionCenterUrl スクリプトのパラメーターに同じ値を使用します。

パラメーター

説明

orchestratorUrl

必須です。Orchestrator インスタンスの URL です。

identityServerUrl

必須。Identity Server インスタンスの URL です。

actionCenterUrl

必須。Action Center インスタンスの URL です。

identityInstallationAccessToken

必須。ID 管理ポータルから取得するアクセス トークンです。

ホストのセキュリティ設定の構成について詳しくは、こちらをご覧ください。

azureSubscriptionId

必須。Action Center をホストする App Service の Azure サブスクリプション ID。

注: Azure Portal の、App Service の [概要] ページで確認できます。

azureAccountTenantId

必須。Azure テナント ID。

注: Azure Portal でアプリの登録の [概要] ページで確認できます。

azureAccountApplicationId

必須。Azure のサービス プリンシパル ID。

注: シングル ノードでのインストール手順の手順 5 でコピーして保存した ID です。

azureAccountPassword

必須。Azure のサービス プリンシパルのパスワード。
注: シングル ノードでのインストール手順の手順 6 でコピーして保存したパスワードです。

package

必須です。UiPath.ActionCenter.Web.zip アーカイブのフル パスまたは相対パスを指定します。
注: UiPath.Actioncenter.zip アーカイブにあります。

resourceGroupName

必須。Action Center の App Service を含む Azure リソース グループの名前。

appServiceName

必須。Action Center の Azure App Service の名前。

stopApplicationBeforePublish

任意です。存在する場合は、アプリケーションをデプロイ前に停止し、デプロイの完了後に起動します。

unattended

任意です。存在する場合は、ユーザーの確認なしにデプロイが続行されます。

PowerShell スクリプトの例

.\Publish-ActionCenter-Azure.ps1 `
    -orchestratorUrl "https://<OrchestratorServiceURL>" `
    -identityServerUrl "https://<IdentityServerURL>/identity" `
    -actionCenterUrl "https://<ActionCenterServiceURL>" `
    -identityInstallationAccessToken "abcdefgh ... MAxJeysh6IQFSabcd" `
    -azureSubscriptionId "d12f123e-12ac-1da1-1234-ed1234d5cf4b" `
    -azureAccountTenantId "d1234d2a-b123-1d12-1234-902c51f12345" `
    -azureAccountApplicationId "12345678-67e1-123d-1234-1c6cd123b123" `
    -azureAccountPassword "O.T5pX4bX89I3~Wi.clbM_u0-R5Aa-sRl~" `
    -package "E:\)\)Work\)\)UiPathActionCenter\)\)UiPath.ActionCenter.Web.zip" `
    -stopApplicationBeforePublish `
    -resourceGroupName "<ResourceGroupName" `
    -appServiceName "<ActionCenterServiceName>" `
    -unattended.\Publish-ActionCenter-Azure.ps1 `
    -orchestratorUrl "https://<OrchestratorServiceURL>" `
    -identityServerUrl "https://<IdentityServerURL>/identity" `
    -actionCenterUrl "https://<ActionCenterServiceURL>" `
    -identityInstallationAccessToken "abcdefgh ... MAxJeysh6IQFSabcd" `
    -azureSubscriptionId "d12f123e-12ac-1da1-1234-ed1234d5cf4b" `
    -azureAccountTenantId "d1234d2a-b123-1d12-1234-902c51f12345" `
    -azureAccountApplicationId "12345678-67e1-123d-1234-1c6cd123b123" `
    -azureAccountPassword "O.T5pX4bX89I3~Wi.clbM_u0-R5Aa-sRl~" `
    -package "E:\)\)Work\)\)UiPathActionCenter\)\)UiPath.ActionCenter.Web.zip" `
    -stopApplicationBeforePublish `
    -resourceGroupName "<ResourceGroupName" `
    -appServiceName "<ActionCenterServiceName>" `
    -unattended

ストレージ バケットの要求

Orchestrator 内のストレージ バケットを使用する Action Center の機能 (フォーム アクション、ドキュメント分類アクション、ドキュメント検証アクションにおける画像と PDF のレンダリングなど) には、Orchestrator の次の設定が必要です。

Action Center から Orchestrator への要求を受け入れるには

  • Azure Portal で Orchestrator Web アプリを開きます。
  • [構成] に移動して [アプリケーション設定] を選択します。
  • 新しいアプリケーション設定を追加して、以下を入力します。

    • 名前 - AcceptedRootUrls
    • - https://localhost:6234,https://<ActionCenterServiceURL>
      重要: [値] フィールドに入力する値に、空白文字が入らないようにしてください。
      注: <ActionCenterServiceURL> を Action Center サービスの対応する URL に置き換えます。

Orchestrator Web アプリの web.config ファイルで OPTIONS を許可するには

  • Azure Portal で Orchestrator Web アプリを開きます。
  • App Service エディター (プレビュー) に移動します。
  • web.config ファイルを編集します。
    • <requestFiltering> <verbs> セクションに移動します。
    • セクションの末尾に <add verb="OPTIONS" allowed="true" /> を追加します。
      注: Orchestrator をアップグレードすると web.config ファイルがリセットされるため、もう一度 OPTIONS 動詞を許可する必要があります。

      サードパーティのストレージ プロバイダーの詳細については、「CORS/CSP の設定」をご覧ください。

アップグレード

Azure PaaS の Action Center をアップグレードするには、現在のバージョンに置き換わる新しい上位バージョンをインストールする必要があります。

アンインストールする

Azure Portal から Action Center を削除するには、以下の Azure リソースを削除します。

  • Action Center の App Service
  • Action Center のアプリの登録

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.