通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

対話型サインイン

概要

対話型サインインを使用すると、マシン キーを使用する代わりにユーザー資格情報を使用して認証を行い、Studio と Assistant を Orchestrator に接続できます。初回のサインイン後にロボットが自動的にデプロイされるため、1 台ずつ手動で設定する必要がなくなり、ロボットの設定がさらに簡単になります。また、Studio と Robot のライセンスが Orchestrator のユーザー アカウントから継承されるため、UiPath 製品の同期が維持されます。

📘

注:

Robot をサービス モードでインストールした場合は、最初にマシン キーを使用して Orchestrator に接続する必要があります。その後で初めて、アカウントにサインインできます。

UiPath Assistant を初めて起動すると以下の画面が表示され、アカウントにサインインするか、引き続きオフライン モードで使用するかを選択できます。

📘

注:

UiPath Assistant を引き続きオフラインで使用する場合は、ローカル プロセス フィードにのみアクセスできることに注意してください。プロセスが利用可能であることを確認するには、プロセスを Assistant (ロボットの既定) にパブリッシュします。

UiPath Assistant のオフライン使用について詳しくは、こちらをご覧ください。

アカウントにサインインする

  1. メイン ウィンドウから [サインイン] ボタンをクリックするか、PreferencesPreferences をクリックして [設定] メニューを開き、[サインイン] をクリックします。
  1. 新しいブラウザー ウィンドウが開きます。お使いの認証方法に従って、ユーザー名とパスワードでログインするか、利用可能ないずれかの認証プロバイダーを利用してログインします。

ログインすると、既定のサービス URL である https://cloud.uipath.com に対して認証が行われます。

別の URL にサインインするには、以下の操作を実行します。

a. [設定] > [Orchestrator の設定] の順に選択します。

b. [接続の種類] ドロップダウン メニューから [サービス URL] を選択します。次に、[サービス URL] フィールドに Orchestrator のベース URL を入力し、[サインイン] をクリックします。

📘

注:

お使いのアカウントが複数のテナントの一部である場合は、接続先のテナントを選択するよう求められます。サービス URL に組織名とテナント名が含まれる場合 (例: https://cloud.uipath.com/organisation/tenant/) はそのテナントに直接接続されるため、テナントを選択する必要はありません。

📘

注:

[接続の種類] ドロップダウンから [マシン キー] を選択すると、引き続きマシン キーを使用してロボットを接続できます。

ログイン プロセスが完了すると、ステータスに「接続済み、ライセンス済み」と示され、Orchestrator のプロセスが Assistant のホーム ページに表示されます。

📘

注:

  • オンプレミス版 Orchestrator を使用しており、お使いの資格情報が Active Directory と同期されている場合は、ブラウザーで Orchestrator にアクセスするときと同じように自動的に認証が行われます。
  • お使いのアカウントが複数の組織の一部である場合は、認証フローの中で組織を選択するよう求められます。

🚧

重要:

ローカル ライセンスを使用している場合は、UiPath の資格情報でログインすると、Orchestrator から継承されたライセンスが Studio から継承されたローカル ライセンスよりも優先されます。これを回避するには、Orchestrator のロボットの設定で [スタンドアロン ライセンス] オプションを有効化してください。

ドロップダウン メニューに戻り、[サインアウト] 上にホバーすると、現在ログイン中のユーザーが表示されます。

[設定] メニューの横にある接続ステータスのインジケーターによって、リアルタイムの接続ステータスが色分けされて示されます。マウスでホバーすると、接続ステータスと Orchestrator の URL が表示されます。この URL をクリックすると、ブラウザーに Orchestrator インスタンスが開きます。

アカウントからサインアウトする

アカウントからサインアウトするには、[設定] メニューから [サインアウト] を選択します。

マシン キーを使用して Orchestrator に接続した後にログインすると、ログアウトするときにユーザー プロファイルが Orchestrator から切断されますが、Robot は接続されたままになります。

サインインによって Orchestrator に接続した場合は、サインアウトするときにユーザー プロファイルと Robot の両方が Orchestrator から切断されます。

📘

注:

プロセスの実行中にアカウントからサインアウトしようとすると、確認のメッセージが表示されます。サインアウトを続行すると、実行中のプロセスがすべて停止した後に切断されます。

5 か月前に更新



対話型サインイン


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。