通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

設定手順

前提条件

オートメーション プロジェクトで Robot JavaScript SDK を利用するには、以下の前提条件を満たしている必要があります。

  • バージョン 2019.10 以降の Studio と Robot がインストールされている
  • ロボット端末に UiPath JavaScript アドオンがインストールされている
  • Robot JavaScript SDK

🚧

重要:

Robot JavaScript SDK は、v2020.4 以降の Studio ではすぐに使えるコンポーネントとして提供されます。v2019.10 LTS の Studio では、スタンドアロンのアドオン インストーラーを利用できます。

v2019.10 から v2020.2 以降のバージョンにアップグレードする場合は、Studio および Robot インストーラーを実行する前に、UiPath Robot JS アドオンを手動でアンインストールする必要があります。

アクセスを許可する

UiPath Robot JavaScript アドオンを実行する際は、お使いのカスタム アプリケーションまたは Web ページにアクセス許可を付与してロボットに接続できるようにする必要があります。

アクセス許可を付与する手順ではダイアログが 2 つ表示されます。RobotJS を実行するには両方を確認する必要があります。この操作は、以下に記載されているように自動化できます。

ブラウザーへのアクセス ダイアログ

1 つ目のダイアログでは、ブラウザーにより UiPath Assistant を開く権限が要求されます。

ブラウザーのアクセス ダイアログを自動的に受け入れる

自動化するには、ブラウザーの設定に uipath-web://* という値を信頼された (許可された) URL として追加します。uipath-web://* は、UiPath Robot Web プロトコル ハンドラーを指します。

:information-source: Based on the browser used, different settings need to be configured. For example, if you are using Google Chrome, follow the steps described in the Google Chrome URLAllowList documentation.

729

ロボットの同意ダイアログ

ロボットの同意ダイアログでは、Robot JavaScript SDK と Robot Executor 間の接続を許可します。

726

ロボットの同意ダイアログを自動的に受け入れる

この操作を自動化するには、UIPATH_ROBOTJS_ALLOWLIST システム環境変数を追加します。

変数で使用する値は、カスタム アプリケーションまたは Web ページの URL をコンマで区切った値である必要があります。URL には、標準ポート (80 または 443) を使用していない場合にのみポート番号を含める必要があります。

1008

Robot JavaScript SDK

この SDK には、カスタム アプリケーションまたは Web ページに含めることができるすべての必要なメソッドとプロパティが含まれます。ダウンロードの手順は以下のとおりです。

NPM

npm パッケージ は TypeScript のバインディングで利用できます。このパッケージをプロジェクトに含めるには、プロジェクト ディレクトリのルートで以下のコマンドを実行する必要があります。

npm install --save @uipath/robot

CDN

CDN の場合、</body> タグを閉じる前に SDK を含める必要があります。

<body>
...
...
<script src="//download.uipath.com/js/1.2.9/UiPathRobot.js"></script>
</body>

ダイレクト ダウンロード

Robot JavaScript SDK はダイレクト ダウンロードでも入手できます。

アドオンの設定

アドオンの設定を変更するには、インストール フォルダーの uipath.config ファイルで ListenerPort パラメーターと TokenExpiryInDays パラメーターを追加する必要があります。既定では、このセクションにはキーは含まれていません。

構成ファイルには、以下が含まれている必要があります。

<robotJsSettings>
    <add key="ListenerPort" value="2323" />
    <add key="TokenExpiryInDays" value="30" />
</robotJsSettings>
AttributeDescription
ListenerPortThe UiPath.RobotJS.ServiceHost.exe starts a HttpListener on the configured port and contains the information about other local listeners from the active user session on that system. Please note that the port value here needs to match the one configured in the SDK Settings.
TokenExpiryInDaysAny request coming from a new domain needs to have consent from the user to allow access of UiPath Robots from a web application. These consents are valid for the said number of days mentioned in this setting.

3 か月前に更新


設定手順


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。